新商品

まるごと断熱リフォーム:
リフォームで高い断熱性能を実現

まるごと断熱リフォームだからできる新築・高性能住宅レベルの断熱性能

健康・快適な暮らしのために、トップレベルの断熱性能を目指し、断熱リフォームパネルや天井・床・開口部断熱などのリフォームで高性能住宅を実現します。

高断熱リフォームは、すぐれた性能をもつ断熱材により、壁・天井・床をしっかり覆い、高断熱の窓や玄関ドアに交換。外気温の影響が少なく、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができます。

高断熱リフォームは、すぐれた性能をもつ断熱材により、壁・天井・床をしっかり覆い、高断熱の窓や玄関ドアに交換。外気温の影響が少なく、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができます。

冬も夏も、家のどこにいても快適に過ごせます。

まるごと断熱リフォーム後の快適性は、築年数の経った住宅と比べてどれくらい違うのでしょうか。例えば冬の足元までおよぶ暖かさは、部屋のサーモグラフや温度データによって比較できます。また、冬も夏も、冷暖房が効いた部屋だけではなく、家中の温度差が少ないため、どこにいても快適に過ごせます。

足元まで空間全体が暖かく、冷え性の方にもやさしく。
[断熱リフォーム前] 昭和55年基準

[断熱リフォーム前] 昭和55年基準

[断熱リフォーム後] HEAT20 G2グレード

[断熱リフォーム後] HEAT20 G2グレード

高断熱リフォームによって断熱性能を高めることで、部屋の上下の温度差がわずかに。暖房は効いているのに足元が寒い・冷える、といった暮らしの悩みも解消されます。

外気温0℃ 暖房設定温度20℃
※掲載データは、実験施設にて測定した値であり、保証値ではありません。住宅の仕様、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。

部屋間の温度差が少なく、ヒートショックのリスクを低減。
[断熱リフォーム前] 昭和55年基準

[断熱リフォーム前] 昭和55年基準

[断熱リフォーム後] HEAT20 G2グレード

[断熱リフォーム後] HEAT20 G2グレード

家全体の断熱性能を高めると、部屋間の温度差も少なくなり、冬場のヒートショックのリスクを低減。入浴時の脱衣室やトイレで「ぶるっと震える」といった寒さも解消されます。

外気温0℃ 暖房設定温度20℃
※掲載データは、実験施設にて測定した値であり、保証値ではありません。住宅の仕様、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。

断熱性能を高めると、体感温度が暖かく。
出典:(財)建築環境・省エネルギー機構 住宅の省エネルギー基準の解説

出典:(財)建築環境・省エネルギー機構 住宅の省エネルギー基準の解説

人のカラダは空気温度だけではなく、床・壁・天井面からの輻射熱も感じとります。部屋の温度計が20℃でも、断熱性能の高い家では体感温度が19℃、断熱性能の低い家では15.4℃。断熱性能によって、大きな体感温度の差が表れます。

壁断熱

トップレベルの断熱性能を誇る、硬質ウレタンフォームを使用

断熱材には断熱材区分トップレベルである、熱伝導率0.019W/m・Kの硬質ウレタンフォームを使用。外張り断熱により、柱などの木材が熱橋とならず高い断熱性能を発揮。また、ウレタンフォームの発泡剤には地球環境に影響する”地球温暖化係数”が代替フロンの1/1000以下であるHFOガスを使用した、環境に優しい断熱材です。

※断熱材区分は住宅金融支援機構による「断熱材の厚さの早見表」におけるF区分となります。

断熱リフォームパネル45mmを外張りした場合の断熱性能は、U値換算で住宅グラスウール(16K)充填の厚さ134mm分に相当します。

断熱リフォームパネル45mmを外張りした場合の断熱性能は、U値換算で住宅グラスウール(16K)充填の厚さ134mm分に相当します。

品質保証

ウレタン素材内部の無結露を35年間保証

断熱リフォームパネルを製造するLIXILは、瑕疵保証(10年間)では保証されない断熱材内部の結露による断熱材の劣化を35年間保証しています。

※保証対象は、断熱リフォームパネルに使用の断熱材(硬質ウレタンフォーム )となります。

保証書

保証書

天井断熱

住まいながらの断熱改修を可能にする吹込み用グラスウール

リフォームでの天井断熱に最適な、吹込み用グラスウール。軽い断熱材なので、天井への負荷が少なく、小屋裏空間に断熱材を厚く充填できます。

※IBEC 優良断熱施工システムの認定工法です。

住まいながらの断熱改修を可能にする吹込み用グラスウール

床断熱

床下の断熱改修に最適な吹付け硬質ウレタンウォーム

床下側から断熱材を施工するため、落ちずに密着する吹付け硬質ウレタンフォームを採用。床組の隙間を埋めることができます。

※IBEC 優良断熱施工システムの認定工法です。

床下の断熱改修に最適な吹付け硬質ウレタンウォーム

内窓設置

今ある窓にプラスして断熱効果をアップ

今ある窓にプラスして新たに内窓をつけることで断熱性能をアップ。内窓のガラス仕様にこだわることで、さらなる高断熱化も行えます。

※リフォームケースに応じて、外窓交換・ガラス交換等も可能です。

今ある窓にプラスして断熱効果をアップ

玄関ドア交換

断熱性能を高め、イメージも一新

既存枠を利用し新しいドアを枠ごと取付けるカバー工法で、今の壁や床を傷めることなく、短工期で断熱性能を高めることができます。

※最新のキーシステム等を採用することも可能です。
※周囲をこわして、新築用の高断熱玄関ドア・引き戸の取り付けも可能です。

断熱性能を高め、イメージも一新

計画換気システム

高性能住宅に欠かせない計画換気

新築・リフォームを問わず、高性能化された住宅には、計画換気が不可欠。リフォームでの施工に適している、ダクトレスタイプの熱交換換気システムを推奨しています。

※第三種換気を用いる場合でも、計画換気は必要となります。

高性能住宅に欠かせない計画換気