住まいの地域に合わせて選べる断熱仕様

ジエスタ2

k2仕様 【平成28年省エネルギー基準】

建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率:2.33[W/(m2・K)]
断熱枠(サーマルブレイク構造枠)と高断熱複層ガラスの組み合わせで、高い断熱性能を実現。

サーマルブレイク構造

サーマルブレイク構造

高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラス

k4仕様 【平成28年省エネルギー基準】

建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率:4.07[W/(m2・K)]

一般(非断熱)枠

一般(非断熱)枠

複層ガラス

複層ガラス

ジエスタ2防火戸

k2仕様 【平成28年省エネルギー基準】

建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率:2.33[W/(m2・K)]
断熱枠(サーマルブレイク構造枠)と高断熱複層ガラスの組み合わせで、高い断熱性能を実現。

サーマルブレイク構造

サーマルブレイク構造

高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラス

k4仕様 【平成28年省エネルギー基準】

建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率:4.07[W/(m2・K)]

一般(非断熱)枠

一般(非断熱)枠

高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラス

複層ガラスは結露対策にも効果的

結露は室内と室外の温度差により発生するものですが、複層ガラスは温度を伝えにくいため、結露が発生しにくくなります。

単板ガラス
複層ガラス

※画像は単板ガラスと複層ガラスの結露のつき方を比較したイメージです。