リクシルPATTOリフォーム

リシェント勝手口ドア:冬は暖かく、夏は涼しく

TOSTEM
リシェント勝手口ドア:冬は暖かく、夏は涼しく

キッチンって、なんか冬は冷たい隙間風を感じて、アツアツのごちそうも、つくっているはじから冷めちゃって。
夏は夏で、熱気がこもりやすいから、あまり火を使いたくなかったり。
冷暖房を強くきかせるより、勝手口のリフォームのほうが、正解だったなんてねぇ。
ごちそうも、身体も、冷えは禁物、これはわが家に受け継がれる秘訣。
キッチンの暑さ寒さは、勝手口から解消!

冬暖かく、夏涼しい住まい。
断熱性能に優れた勝手口ドアは、欠かせないアイテムです。

せっかくの冷暖房も寒風や熱気が入ってきてしまっては台無し。断熱性能を高めるドアのリフォーム。それは、普段通りに暮らすだけで、無駄なエネルギーを使わない、自然と共生するエコの方法です。

熱の流出割合

アルミと樹脂のハイブリッド構造により高い断熱性能を誇ります。

断熱仕様は、アルミと樹脂のハイブリッド構造により断熱性能とデザイン性を両立させています。

断熱仕様
アルミPG/SG仕様

熱を通しにくいガラス素材、複層ガラス。

中空層の働きで、高い断熱効果を発揮。ガラス面の結露も抑制します。

一般複層ガラス(PG)

一般複層ガラス(PG)

2枚のガラスを組み合わせて中空層を設けたスタンダードタイプの複層ガラス。通常ガラスの約2倍の断熱効果を発揮します。

Low-E複層ガラス

Low-E複層ガラス

片側のガラスにコーティングされた特殊金属層(Low-E層)により優れた断熱効果を発揮します。

ガラスの断熱効果を向上させる、Low-E複層ガラス

ガラスの断熱効果を向上させる、Low-E複層ガラス

Low-Eとは、Low Emissivity(低放射)の略語。ガラス表面に、特殊金属をコーティングし、放射による熱の伝わりを抑えます。

家族の健康を守る。

部屋の寒さが健康を損なう要因になります。

部屋の温度が18℃未満になると、呼吸器系や循環器系などの疾患リスクが高まるデータがあります。
健康を保つ部屋のおすすめ温度は21℃、少なくとも18℃以上にすると、疾患のリスクが減少します。

部屋の寒さが健康を損なう要因になります。

家を断熱化すると症状が改善します。

呼吸器系や皮膚系の疾患を持った方が、住まいの断熱性能を向上した結果、症状が改善されたという調査結果があります。

家を断熱化すると症状が改善します。 家を断熱化すると症状が改善します。