MY FIRST FACADE

憧れの家づくりは、ファサードから。

温泉旅館のイメージをフレームと植栽で実現

「温泉旅館をイメージした外観にしたい」。
お施主様のそんな想いを見事に叶えたご自宅は、「庭とエクステリアの融合」がテーマ。
プラスGとデザイナーズパーツがシャープな印象を与えながら、
アプローチの石積みや足元に植えられた植栽などが「和」の雰囲気を演出。
庭と外まわりが融合した仕上がりになっています。

How to Design

アプローチに距離を出して奥行きを

アプローチは回廊のように回り込む動線を引くことで、わざと歩く距離を伸ばしています。アプローチを歩く途中で、ポイントルーフの美しさを見ることができ、玄関へ向かう期待感を盛り上げてくれます。玄関へつながる動線はアプローチの途中からもアクセスができるので、使い勝手も損ないません。

個性的な仕掛けでおもてなし

アプローチには、「野面(のづら)積み」と呼ばれる伝統的工法でつくられた石積みが設置され、風格のあるファサード空間を演出しています。さらに、もうひとつ注目したいポイントが水景。通路に敷かれた石板の下を水が通り、水盤に向かって流れていきます。水盤の中にある照明でライトアップすると、水の揺らぎがポイントルーフに映る仕掛けになっています。上品さの中に、個性が凝縮したアプローチになりました。

縦格子を生かす洗練されたデザイン

建物の縦格子を生かすために、Gフレームの高さを微調整した枠組みをデザイン。育ってからの見え方まで考えて植えられた植栽は、まるでフレームからこぼれるようです。アプローチの横につくられた庭に施された高木や植栽も、Gフレームやデザイナーズパーツと組み合わせることで、すっきりとした印象に仕上げることができます。

MY FAVORITE

OPEN