リシェル10周年

これまでのご愛顧と
これからの出会いに、感謝をこめて。

2010年に登場したリシェルは、
おかげさまで誕生10周年を迎えます。
リシェルはこの10年の間に、
ご購入いただいたお客さまの90%以上の方に
「満足」
と言っていただける商品に成長しました。
これまでご愛顧いただいた多くのお客さまに、
こころより感謝いたします。
これからも、ご満足いただけるキッチンを
お届けしてまいります。

※2020年5月 LIXIL調査より

LIXIL KITCHEN RICHELLE 10 YEARS

LIXILでは、
国産キッチンの創生期から商品を生み出し、
キッチンの歴史をリードしつづけてきました。
お客さまとともに歩み続けてきた
LIXILキッチンとリシェルの進化を
振り返ります。
前ページに戻る

BEFORE RICHELLE リシェルが生まれるまで

  • 1956
  • 1960年代後半
  • 1984
  • 2002

ダイニングキッチンの誕生

ダイニングキッチンの誕生

LIXILの前身のひとつサンウエーブ工業が、日本で初めてプレス加工での深絞りによるステンレスシンクの量産化に成功し、「公団型流し台」に採用されました。

セクショナルキッチンの登場

セクショナルキッチンの
登場

設置スペースに合わせてキャビネットを組み合わせる、現在のキッチンのかたちができ上がりました。

システムキッチンの時代へ

システムキッチンの時代へ

今日のシステムキッチンの先駆けとなった「サンヴァリエ」が発売。国産初の受注生産方式により、システムキッチンが身近な存在へとなっていきました。

パタパタくんのPitto 登場写真は2005年製

パタパタくんのPitto 登場

2002年には、ドアポケット収納など、収納を大きく進化させたベストセラーキッチン「サンヴァリエ・ピット」が発売されました。

リシェル誕生

2010

THE BIRTH OF RICHELLE リシェル誕生

2010リシェル誕生

Human Fit® Technologyによる
使いやすさと、
上質なデザインを融合させた
次世代のシステムキッチン、
リシェルが誕生しました。

humanfit technology
ヒューマン・フィット・テクノロジー
調理中の心理や身体に負荷となっている原因を観察と分析から導き出し、
最新の技術で解決するLIXILキッチンの商品開発コンセプトです。

humanfit technology

THE BIRTH OF RICHELLE リシェル誕生

2010

らくパッと収納

扉が斜めに開いて、ラクに道具を取り出せる収納。
調理作業がスムーズになりました。

キッチンの進化 収納量も使いやすさも進化したキッチン収納へ

開き扉収納

開き扉収納

扉を開けるとオープンな収納スペースに。

2段引出し収納

2段引出し収納

取り出しやすい引出し式で、
収納力もアップ。

立体収納

立体収納

引出し内をさらに仕切って 取り出しやすさを向上。

humanfit technology

THE BIRTH OF RICHELLE リシェル誕生

2010

ヒューマン・フィット・テクノロジー 調理する人の無意識の行動の中に、
キッチンを使いやすくするヒントがありました。

立ち位置を変えなくても道具を取り出せ、少ない動きで調理が進む、らくパッと収納。

立ち位置を変えなくても道具を取り出せ、少ない動きで調理が進む、らくパッと収納。

リシェルの開発にあたって、私たちは何人ものユーザーのご家庭を訪問し、いつも通りに調理される様子を観察・記録しました。調理行動をひとつひとつの動作に分けて分析を行う中で、引出しを少しだけ開けてすき間から物を取り出す方がいることに気付きました。その理由を検証していくうちに、多くのユーザーが、キッチンからあまり離れずに調理する傾向があることが分かりました。この発見を糸口に、後ろに下がらなくても道具をスムーズに取り出せる「らくパッと収納」が誕生。このように「使う人自身も気付いていない行動」をヒントにしながら、調理中の心理や身体に負荷となっている原因を観察と分析から導き出し、最新の技術で解決するヒューマン・フィット・テクノロジーは、今日のLIXIL キッチンでさまざまな機能に生かされています。

  • 一般のご家庭への訪問調査一般のご家庭への訪問調査
  • 調理中の作業動線を検証調理中の作業動線を検証

2015

CERAMIC TOP DEBUT セラミックトップ登場

2015セラミックトップ登場

毎日のお手入れをラクにする丈夫さ、
いつまでも見ていたくなる美しさで、
料理をする楽しみが広がる。
キッチンの常識を変えた
セラミックトップと、
水まわりを進化させた
ハンズフリー水栓が登場しました。

CERAMIC TOP DEBUT セラミックトップ登場

2015

セラミックトップ

焼き物ならではの個性豊かな表情と優れた機能性が、
従来の素材では実現できなかった強さと
美しさをキッチンにもたらしました。

キッチンの進化 より美しくより機能的に進化したセラミックトップへ

ステンレス

ステンレス

衛生的で業務用の厨房でも
使われる丈夫な素材です。

人造大理石

人造大理石

優しい質感でキッチンを
明るく彩る素材です。

セラミック

セラミック

熱などへの耐久性に優れ、
多彩な美しさも魅力の
素材です。

CERAMIC TOP DEBUT セラミックトップ登場

2015

ハンズフリー水栓

センサーが物や手の位置と動きを捉えて自動で吐水・止水。
調理の効率を高め、節水にもつながります。

キッチンの進化 2ハンドルからシングルレバー、そしてセンサーへ

2ハンドル水栓

2ハンドル水栓

2つのハンドルを使って
水温と水量を調節します。

シングルレバー水栓

シングルレバー水栓

1 本のレバーで
水温と水量を調節できます。

ハンズフリー水栓

ハンズフリー水栓

センサーで検知して、
自動で水を出し止めできます。

CERAMIC TOP DEBUT セラミックトップ登場

2015

セラミックトップ キッチンの常識を変えた、美しさと強さを
兼ね備える理想的なワークトップ。
  • ステンレスよりも硬いセラミックを精密に加工するため、最先端のロボット技術や熟練スタッフの技が随所に生かされています。
  • ステンレスよりも硬いセラミックを精密に加工するため、最先端のロボット技術や熟練スタッフの技が随所に生かされています。

ステンレスよりも硬いセラミックを精密に加工するため、最先端のロボット技術や熟練スタッフの技が随所に生かされています。

これまでキッチンのワークトップ素材はステンレスと人造大理石が一般的でした。それぞれの素材には一長一短があり、ユーザーのご家庭を訪問すると傷や汚れが付かないように丁寧に扱われている様子を何度も目にしてきました。ステンレスの丈夫さも人造大理石の美しさも超える第三のワークトップ素材はないだろうか。
探求を続ける中、私たちにとって身近なところでその素材を発見しました。それがセラミックです。セラミックは、タイルや食器などと同じ磁器の製法で作られているため、熱、傷、汚れに強いことはもちろん、焼き物ならではの多彩な美しさを備えています。
長年にわたってLIXIL が培ってきたセラミック技術によって、思う存分料理ができて、簡単なお手入れをするだけで、その美しさを長く楽しめるワークトップが誕生しました。

膨大な数のタイルとテラコッタで装飾された、帝国ホテル旧本館。

CERAMIC TOP DEBUT セラミックトップ登場

2015

セラミックトップ セラミックのワークトップを可能にした
LIXIL伝統のセラミック技術。

暮らしに溶け込み、暮らしを豊かにするLIXILのセラミック製品。

暮らしに溶け込み、
暮らしを豊かにする
LIXILのセラミック
製品。

セラミックトップを安定して生産するためには、高度なセラミック技術が必要でした。LIXIL の前身の1つであるINAX は日本の六古窯のひとつ常滑焼の窯元、伊奈初之烝・長三郎親子によって創業。2 人は建築家フランク・ロイド・ライトが設計し、1923年に竣工した「帝国ホテル旧本館」で使用された外装タイル製作の技術顧問として招かれ、建築部材に求められる高品質のタイルを大量生産することに成功。その経験を基に1924 年、伊奈製陶が誕生しました。以来100 年近くに渡って培ってきたセラミック技術はいまもLIXIL に受け継がれています。焼き物ならではの強さと美しさで住まいを守り彩りたい。創業以来の思いをかたちにするため、技術の向上に絶え間なく取り組み、さまざまなセラミック製品の開発に取り組んでいます。そうした技術の数々が、リシェルのセラミックトップに生かされています。

  • さまざまな課題を創意工夫で乗り越えて実現した帝国ホテル旧本館のスダレ煉瓦。さまざまな課題を創意工夫で乗り越えて実現した帝国ホテル旧本館のスダレ煉瓦。
  • 外装タイルを製作するためだけにつくられた帝国ホテル煉瓦製作所。外装タイルを製作するためだけにつくられた帝国ホテル煉瓦製作所。

2020

MY BEAUTIFUL LIFE 美しい暮らしを、キッチンから

2020美しい暮らしを、
キッチンから

LIXILキッチンの
もうひとつの開発コンセプト、
Living Fit® Designが、
キッチンからはじまる
「美しい暮らし」を叶えます。

LivingFit design
リビング・フィット・デザイン
時代とともに変化するライフスタイルや住まいに寄り添って、キッチンを中心とした
新しい暮らしを創造するLIXILキッチンのデザイン開発コンセプトです。

LivingFit design

MY BEAUTIFUL LIFE 美しい暮らしを、キッチンから

2020

暮らしの中心にキッチンを

キッチンを住まいの中心に置いて、毎日の生活を存分に楽しむ。
そんな美しい暮らし方をご提案いたします。

キッチンの進化 時代の変化に合わせてキッチンは暮らしの真ん中へ

壁付キッチン

壁付キッチン

調理に専念しやすい
基本のスタイルです。

対面キッチン

対面キッチン

調理をしながら、ダイニングにいる家族と会話できます。

オープン対面キッチン

オープン対面キッチン

家族が自然に集まる
オープンスタイルのキッチン
です。

LivingFit design

MY BEAUTIFUL LIFE 美しい暮らしを、キッチンから

2020

リビング・フィット・デザイン 思い描いていた暮らしにぴったりフィットして、
心地よく過ごせる場所をつくる。

セラミックトップ ラパートトープ

セラミックトップ ラパートトープ

生活スペースの中心に置かれることが多くなったキッチンには、それ以前とは違うニーズが生まれました。たとえば、家族とのコミュニケーションが取りやすい対面レイアウトや片付けやすさ、音や臭いへの配慮など。キッチンを使う人だけでなく家族みんなが過ごしやすい場所をつくることが求められています。インテリアの一部としてのデザインも重要です。リシェルは、セラミックトップならではの表情を生かすため、扉や取手だけでなく、シンク、水栓、コンロ、レンジフードの色まで、きめ細かなコーディネートに対応。存在感のあるキッチンも空間に溶け込むキッチンも思いのままに実現できます。

<ラパートトープの輝きを生み出すテクノロジー>

独自の製造技術により、しっとりとした映り込みをつくる正反射と乱反射を両立させ、いままでにないシャンパンの泡のような繊細な輝きが可能に。

そして、未来へ。

住まいやライフスタイルが
変化し続けるように、
キッチンの進化
にも終わりはありません。
常に最新の技術とデザインを
たずさえて、
リシェルはみなさまと
ともに歩み続けます。

リシェルについてもっと詳しく