新商品

ブランシェDX ハニカムスクリーン:Comfort 冬を暖かく、夏を涼しく

Interio

快適な窓辺をつくるカギは、“断熱性”にあります

ハニカム (蜂の巣)構造のスクリーン自体の空気層が窓と室内の間に空気の層を作り出し、保温性を発揮。暖冷房の効率を高め、室内を冬も夏も快適にします。

ハニカム (蜂の巣)構造のスクリーン
ハニカム (蜂の巣)構造のスクリーン

※室内外の環境によっては、ハニカムスクリーンの高い断熱効果によりサッシに結露が発生する場合があります。

断熱効果で、保温性をアップ

冬季は暖房によって暖められた室内の空気を、ハニカム構造のスクリーンが外に逃がさないように守ります。

暖房熱の流出を約43%カット

冬季における室内側表面温度の比較

室内温度20℃/室外温度0℃の場合 ((財)ベターリビングにて撮影)

冬季における室内側表面温度の比較

※1 (財)日本繊維製品品質技術センター試験結果

断熱効果で、日射熱をカット

夏季は外からの暑い日差しをハニカム構造のスクリーンで遮ります。

日射熱の流入を約62% (採光生地の場合)カット

夏季における室内側表面温度の比較

室内温度25℃/室外温度35℃の場合 ((財)ベターリビングにて撮影)

夏季における室内側表面温度の比較

※2 (財)建材試験センター試験結果 3mm厚の単板ガラス (日射熱取得率0.88)と併用した場合
※3 (財)日本繊維製品品質技術センター試験結果

断熱効果比較表 (U値)

U値:熱貫流率とは熱の伝えやすさを表し、数値が小さい方が断熱性が高いことを示します。

 
断熱効果比較表 (U値)

※4 (財)建築環境・省エネルギー機構 (IBEC)にて定められる数値または、代表機種の試験や解析により求めた断熱性能を満たす基準値
※5 ハニカムスクリーンの熱貫流率 (当社解析による参考値)を基に算出した試算値

オプション

サイドバーの構造

窓枠とスクリーンの間の隙間をふさいで、冷たい空気の流れ込みを抑制し、光漏れも軽減するサイドバーをご用意。
スクリーンを全開にしても目立ちにくいデザインです。