空間の機能性を考えた
誰もが使いやすいトイレ空間

トイレは誰もが、何歳になっても、毎日何度も使う場所。ストレスなく、スムーズに使えることは当たり前のことですが、生活の“質”向上にとても大切なポイントです。
トイレまわりは収納したいものがたくさん。動きの妨げにならないように、収納スペースを確保しておくことは使いやすさにつながります。

また、少し将来の暮らしへ先回りして、手すりを付けておくことで、永く自立した生活をサポートできたり、タンクレストイレを活用してスペースを広く使うこともできます。

手すりで動作をサポート しっかりしまえる収納 タンクレストイレで空間広々

しっかり収納

家族の人数やライフスタイルによって、収納したい量はさまざま。キャビネットの組み合わせやキャビネット付トイレでスッキリと片付けることができます。

手すり・カウンター

より永く使い続けられるトイレにするには、手すりがあるとより安心。手洗いキャビネットのカウンターも手をかけて体を支えられるので、手すりがわりになります。

タンクレストイレで空間広々

特にリフォームの場合、お部屋そのものの広さを変えることは難しいことも。
コンパクトなタンクレストイレなら部屋の有効スペースをぐっと広げることができます。

0.4坪の場合 タンク付きトイレはトイレの奥行きが790mm、残るスペースは430mm サティスSタイプはトイレの奥行きが650mm、残るスペースは570mm

空間の機能性を考えた
誰もが使いやすいトイレ空間コーディネート

共有する

あなたのお好みのコーディネートを、ご家族や工務店に共有しましょう!