• 新商品
  • リクシルPATTOリフォーム

インプラス/インプラス for Renovation/
インプラス浴室仕様:えらべるガラス

TOSTEM

ガラス選びのポイント

窓の性能のカギを握る大切なポイントのひとつが「ガラス」です。
ガラスの選び方次第で、窓の性能や機能が変わり、より快適な住まいづくりにつながります。

ポイント1: 断熱性能

窓からの熱の出入りを防ぎ、<冬の寒さ><夏の暑さ>を抑え、暖冷房費削減にもつながります。

ポイント1: 断熱性能

※熱貫流率の値が小さいほど、断熱性能が高くなります。
※3-A12-3の性能値となります。

ポイント2: 地域や方角に合わせたガラス選び

お住まいの地域や窓の方角などにあわせてガラスを選ぶと、より快適に過ごすことができます。

地域に合わせてガラスを選ぶ例

地域に合わせてガラスを選ぶ例

※参考: 建築環境・省エネルギー機構「住宅の省エネルギー基準の解説(第3版)平成21年7月発行」

日射量が少なく寒い地域
日射量が少なく寒い地域

日射の影響が少ないので断熱を優先し、Low-Eグリーンを活用。日差しが入る部屋にはLow-Eクリアも検討。

日射量が少なく寒い地域
日射量が少なめで比較的暖かい地域
日射量が少なめで比較的暖かい地域

冬、暖かい日差しを採り込むために、Low-Eクリアの活用がおすすめ。

日射量が少なめで比較的暖かい地域
日射量が多く暖かい地域
日射量が多く暖かい地域

夏の暑さ対策を優先し、Low-Eグリーンの活用がおすすめ。

日射量が多く暖かい地域

部屋の方角に合わせてガラスを選ぶ例

部屋の方角に合わせてガラスを選ぶ例
北側・東側・西側

断熱性能を高めて、しっかり寒さ&結露対策

南側

冬は暖かい日差しを採り込み、夏は「シェード」や「ひさし」で日射をカット

北側・東側・西側

※ 冬の暖かい日差しを積極的に採り込みたい場合は、東西面をLow-Eクリア+シェードにすると効果的

南側

ポイント3: 目隠し効果

目隠し効果のあるガラスを選ぶと室外からの人目を気にせずに、光を取り入れることができます。

どう見える? 目隠し効果のあるガラス。

昼 室内が暗く、室外が明るい場合
昼 室内が暗く、室外が明るい場合
夜 室内が明るく、室外が暗い場合
夜 室内が明るく、室外が暗い場合
ガラス無し
ガラス無し

※下の写真は上記図の状態を想定し、一定の条件下で撮影したものです。

ポイント3: 目隠し効果

ポイント4: デザインから選ぶ

透明なガラスにはない、際立つ存在感。お部屋のアクセントにもなる3種のデザインガラス。

※インプラスfor Renovationのみの設定です。

チェッカー

チェッカー

アンティーク

アンティーク

モール(2020年11月発売予定)

モール(2020年11月発売予定)