TOSTEM MAGAZINE

menu
KNOWLEDGE KNOWLEDGE

KNOWLEDGE 4つのポイントを押さえて、
「大きな窓」をとことん満喫!

リクシルが住宅購入検討者にアンケートしたところ、リビングには「大きな窓」を採用したいという人は約9割にものぼりました。やはり明るく開放的な大きな窓に憧れる方は多いようですが、その一方で、大きな窓ならではの気になる点も…。ここでは、大きな窓のある暮らしをより楽しむための4つのポイントをご紹介します。

高断熱の窓で寒さ・暑さを軽減高断熱の窓で寒さ・暑さを軽減

高断熱の窓で寒さ・暑さを軽減

住まいにおいて最も熱の出入りが多いのが「窓」。よって、窓が大きくなるほど、外の寒さや暑さが室内に入り込みやすくなります。しかし、最近の窓の断熱技術は大きく進歩しており、Low-E複層ガラスやトリプルガラスの窓を選択すれば、大きな窓であっても室内の快適さを守ることができ、暖冷房費も節約できます。

高断熱の窓で寒さ・暑さを軽減高断熱の窓で寒さ・暑さを軽減
窓の外側で視線をコントロール窓の外側で視線をコントロール

窓の外側で視線をコントロール

立地によっては隣家や通りからの視線は気になるところ。まず考えたいのは、目隠しフェンスの設置。180cm程度の高さがあれば通行人からの目隠しが可能とされています。もし、隣家からリビングが見えてしまうような場合は、目隠しフェンスをより高めにするのも一つの方法ですが、外付ブラインドもおすすめ。スラットを調整することで、プライバシーを確保しながら、明るさや開放感のある空間が楽しめます。

窓の外側で視線をコントロール窓の外側で視線をコントロール
シャッターや防犯ガラスで対策シャッターや防犯ガラスで対策

シャッターや防犯ガラスで対策

泥棒の侵入口として最も多いのが「窓」。ガラスを破って侵入するケースも少なくありません。シャッターや雨戸を設置すれば、窓をしっかりガードできるので防犯上も安心です。また、窓の大きさによってはシャッター・雨戸を設置できないケースもありますが、そんな時は防犯合わせガラスがおすすめ。ガラスを割られても貫通しづらいため、ガラス破りによる侵入のリスクを軽減できます。

シャッターや防犯ガラスで対策シャッターや防犯ガラスで対策
設計の工夫で耐震と開放感を両立設計の工夫で耐震と開放感を両立

設計の工夫で耐震と開放感を両立

大きな窓や吹き抜けがある家は耐震性に問題が生じないか不安を持つ方も多いのではないでしょうか。確かに柱や壁が少なくなることで、地震の影響を受けやすくなるのは事実です。しかし、耐震部材(耐力壁等)の量や配置を工夫することで、耐震性を高めることが可能です。また、最近は、高い耐震性能を維持しながら窓を大きくしたり、間仕切り壁を減らせる住宅工法も登場していますので、設計や建築をお願いする会社に相談してみてください。

設計の工夫で耐震と開放感を両立設計の工夫で耐震と開放感を両立