TOSTEM MAGAZINE

menu
KNOWLEDGE KNOWLEDGE

KNOWLEDGE 不快な冷えを軽減!
冬の足元あったか計画

冬場、キッチンで朝ごはんの支度をしていると足元がヒンヤリする…。リビングの暖房をつけても、足元だけなかなか暖まらない…。そんな経験はありませんか?その原因は、お部屋で「コールドドラフト現象」が起きているのかもしれません。今回は、冬に足元が冷え込む原因とその対策についてご紹介します。

冷えの原因は「コールドドラフト」にあり?!

コールドドラフトとは、暖かい室内の空気が窓面に触れることで冷やされて床面に戻ってくる現象。これにより、実際の室温よりも体感温度が低くなってしまうのです。暖房をフル稼働させているのに足元がヒンヤリする場合には、コールドドラフトを疑ってみてください。

冷えの原因は「コールドドラフト」にあり?! 冷えの原因は「コールドドラフト」にあり?!

上下温度差が大きいと不快感を覚える

コールドドラフトによって冷たい空気が足元にたまると、天井と床で上下温度差が生じます。室内で快適に過ごすためには、上下温度差3℃以内が良いとされており、その差が大きくなると、人は不快感を覚えるといわれていますが、住まいの環境によっては10℃以上の温度差が生まれることもあるようです。

上下温度差が大きいと不快感を覚える

窓の断熱でコールドドラフト対策

コールドドラフトはよくすきま風と間違われがちですが、外から冷たい空気が入ってくるのではなく、室内で発生するものです。したがって、窓のすき間をパッキンなどで塞いでも解決にはつながりません。大切なのは、室内の暖かい空気が触れる窓面を冷やさないこと。

窓の断熱でコールドドラフト対策 窓の断熱でコールドドラフト対策

そこで、おすすめしたいのが、内窓の取付けや高断熱窓への取替えなどの窓リフォームです。暖房効果が高まって光熱費の節約にもつながりますし、足元の冷えが改善するだけでなく、お部屋の快適性も格段に良くなるはずです。