TOSTEM MAGAZINE

menu
KNOWLEDGE KNOWLEDGE

KNOWLEDGE 玄関から風を通して、
住まいの空気をリフレッシュ!

住まいを換気するときのポイントは、風の入口と出口を設けること。その風の出入口として活用したい場所が「玄関」です。玄関から採風することで、各部屋に新鮮な空気が行き渡り、住まい全体の換気にもつながります。今回は、採風・換気に配慮した玄関づくりについてご紹介します。

玄関を風の通り道に

住まい全体を換気したいときには、窓だけでなく、室内の扉をすべて開け、さらに玄関の扉を開ければ、家の中の空気を健やかにリフレッシュできます。玄関を風の通り道にできれば、玄関のニオイやジメジメの問題もスッキリ解消。家全体の通風性が高まると、夏場の快適さもアップして、冷房費の節約にもつながります。

玄関を風の通り道に 玄関を風の通り道に

扉やカギを閉めたまま採風OK

玄関を開けっ放しにしておくのは防犯が心配…。そんな方には、採風窓の付いたドアがおすすめです。扉やカギを閉めたまま換気ができるので防犯上も安心。採風窓には網戸が付いているので、虫が入ってくる心配もありません。

扉やカギを閉めたまま採風OK 扉やカギを閉めたまま採風OK

採風タイプの扉は「引戸」にも

ユニバーサルデザインの観点や効率的にスペースが使えることから、最近人気が高まっている「玄関引戸」にも、防犯・防虫に配慮した採風デザインがあります。上げ下げ窓で、上下から風を採り込むことができます。

採風タイプの扉は「引戸」にも 採風タイプの扉は「引戸」にも

わが家の玄関が「自動ドア」に変身?!

近年、玄関引戸はどんどん進化しており、中には、自動ドアのように、玄関に近づくだけで自動でカギと扉が開閉するタイプもあります。把手や扉に触れることなく出入りできるので、感染症対策の観点からも安心。「新しい生活様式」を踏まえて玄関を検討する際は、ぜひ“換気”と“非接触”にもご注目ください。

わが家の玄関が「自動ドア」に変身?! わが家の玄関が「自動ドア」に変身?!