TOSTEM MAGAZINE

menu
KNOWLEDGE KNOWLEDGE

KNOWLEDGE 侵入からわが家をガード!
玄関の最新防犯機能4選

住まいへの侵入経路として、窓の次に多いのが「玄関」。玄関ドアを選ぶ際、まずデザインに目がいきがちですが、大切な家族や住まいを守るためには、しっかり防犯対策されたドアを選ぶことが大切です。今回は、侵入の手口に応じた玄関ドアの最新防犯機能をご紹介します。

STEP1

ピッキング対策

特殊な工具を使ってカギを短時間であける手口が「ピッキング」。この手口に対応したカギでなければ、1分もかからずに室内に侵入されてしまうといわれています。

ピッキング対策 ピッキング対策

一般的にカギの形状が複雑になるほどピッキングされにくく、複製も困難になります。ピッキング対策には、表面に多数のくぼみがついた「ディンプルキー」や、100億通り以上のキーパターンを持つ「ウェーブキー」がおすすめです。

「ディンプルキー」や「ウェーブキー」 「ディンプルキー」や「ウェーブキー」

また、ドアに2つロックが付いていれば、ピッキングに時間がかかるため、防犯性がさらに向上します。

破られにくい2ロック 破られにくい2ロック
STEP2

こじ破り対策

バールなどの工具をドアと枠の間に差し込み、てこの原理でカギを破壊して侵入するのが「こじ破り」です。

こじ破り対策 こじ破り対策

こじ破り対策としては、工具を差し込んでも解錠できないよう、強度のあるデッドボルト錠を選ぶことが大切。鎌付きのデットボルトならかみ合わせが強化され、こじ破りに対する抵抗力が高まります。

鎌付きのデットボルト 鎌付きのデットボルト

「防犯建物部品」について

侵入者がピッキングなどの行為を開始してから、建物の内部に侵入が可能になるまでの時間を「抵抗時間」と呼びます。「防犯性能の高い建物部品」は、各商品ごとに定められた試験を行ない、抵抗時間が5分間以上であることを確認された部品です。

「防犯建物部品」について 「防犯建物部品」について
STEP3

サムターン回し対策

サムターンとは室内側のドアについているカギの“つまみ”のこと。ドアに穴をあけたり、ガラスを破ってこのサムターンを解錠してしまうのが「サムターン回し」です。

サムターン回し対策 サムターン回し対策

サムターン回し対策としては、とにかくサムターンを回させないことがポイント。サムターンの取り外しが可能なドアであれば、外から手を差し込んで解錠される心配がありません。また、ガラス破りを防ぐために、破壊されにくい「防犯合わせガラス」にしておくとより安心です。

防犯合わせガラス 防犯合わせガラス
STEP4

無締まり対策

うっかりドアのカギをかけ忘れて外出してしまう…。そんな経験はありませんか?そんな無締まり状態を狙っている泥棒もいます。

無締まり対策 無締まり対策

自動でカギが閉まる「電気錠」を採用すれば、カギのかけ忘れを防止できます。玄関キーを電気錠にすれば、スマートフォンやリモコン、カードでピッとカギを開閉でき、防犯面の強化に加えて、便利さのアップにもつながります。

自動でカギが閉まる「電気錠」 自動でカギが閉まる「電気錠」