マイボトルに変える。
それは、一人ひとりにできる
エコアクション。

ペットボトルを多く使う暮らしから、
マイボトルを持つ暮らしへ。
ひとつの変化が、
地球環境によい影響を与え、
暮らしのクオリティまで高めていく。
自分もはじめてみよう。
そう思った時に、
誰もができるエコアクション。

マイボトル推進活動 実施中!

LIXILオリジナルマイボトルをお渡しいたします。

LIXILのショールームで浄水栓をお見積り頂いた方に、オリジナルのマイボトルをお渡しいたします。

配布期間:2017年10月〜2018年9月末日

内容量 500ml
材質 ボトル本体:PET/キャップ:ABS・シリコンゴム

計算してみてください。
どれくらいのコスト減になるかを。

  • ペットボトル飲料水の購入代、約36,500円の負担がなくなります。

    1人あたりペットボトルの消費を1本/日で算出。年間365日で算出

  • 1Lあたり、ミネラルウォーターは約50円、浄水栓は約4円です。

    AIOカートリッジ カートリッジ1本4,500円÷カートリッジ寿命1,200L(よって約4円/L)

  • おいしい水を飲む。料理に使う。毎日のことだから、コスト面でも浄水栓への変更がおすすめです。

重い水を運ぶことも、
保管場所に困ることも、
もうありません。

  • ペットボトルの持ち運びや、タンク交換が不要です。

  • ペットボトルやタンクを置いておくスペースが不要です。

  • 水を買う労力や時間が不要です。

マイボトルに変えると、
一人あたり、
これだけの効果が生まれます。

  • 1年間で365本分のペットボトルを減らすことができます。

    1人あたりペットボトルの消費を1本/日で算出。年間365日で算出

  • 1年間で約15kgのCO2を削減できます。

    カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム基本データベースver. 1.01(国内データ)からの抜粋

LIXILの浄水栓に変えると

岩清水のようなおいしい水をご家庭で飲むことができます。

山の岩清水のような水を、マイボトルに入れて持ち歩きませんか。セラミック・フィルターが、地層を通り抜ける岩清水と同じ原理で水をろ過。さらに、ブレンドした活性炭で、さまざまな有害物質を吸着。LIXILの浄水栓は、人が飲んで本当においしいと感じるナチュラルな水を、高いレベルの安心安全でつくり出すことができます。

イラスト:セラミック+活性炭+自社生産 水を浄化する仕組みをカートリッジ断面図で解説

セラミック・フィルターの製造工程。LIXILはセラミック・フィルターの製造、活性炭のブレンド、カートリッジの組み立てに至るまで、すべてを自社生産し、品質を追求しています。

1年間で約6,090Lの節水、約106kgのCO2削減になります。

対象品:浄水器内蔵シングルレバー混合水栓オールインワン浄水栓Sタイプ(エコハンドル):整流吐水型シングルレバー[最適流量6L/分]

「エネルギーの使用の合理化に関する建築主及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、床面積120㎡の住宅)に基づき算出。

商品ラインナップ

住宅におけるエネルギー消費量が最も多いのが、給湯エネルギーです。毎日岩清水のようなおいしい水が飲めるだけではなく、ムダなお湯をへらし、CO2を削減できる浄水栓をご用意しています。

住宅・建築物の省エネ基準における基準一次エネルギー消費量(東京4人世帯、床面積120㎡の戸建住宅の場合)給湯31%、家電・調理26%、空調が23%。

  • 【試算条件】「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、床面積120㎡の住宅)に基づき算出。
  • 【比較品】整流吐水型シングルレバー[最適流量6L/分]
  • 【引用元】「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」および「(一社)日本バルブ工業会自 主基準」