みんなにトイレを
プロジェクト 2018

写真:現地の子供達の様子

活動内容

一体型シャワートイレ1台ご購入につき、アジアやアフリカの学校を中心に、開発途上国向け簡易式トイレ「SATO」を1台寄付します。

対象商品:
LIXILの一体型シャワートイレ全て
対象期間:
2018年4月〜9月

開発途上国向け簡易式トイレ「SATO」とは

たくさんのご協力、ありがとうございました。

2018年9月30日をもって終了させていただきました。
寄付合計台数 203,454台

写真:SATOを手にして笑顔の子ども

世界の学校のトイレ事情

世界にはトイレが設置されていない学校が多数あります。
学校にトイレがないことで、特に女児は、欠席や退学を余儀なくされ、教育の機会を奪われてしまいます。
また、教師が着任を希望せず、教師不在による教育格差や、
学校敷地内の屋外排泄による集団感染を引き起こす原因となっています。

ザンビア、チョバナ村:学校唯一の女子トイレ
モザンビーク、ナマティンデ村:学校唯一の男女兼用トイレ

例えば... タンザニアの89%の学校には適切なトイレがありません

写真:ナイマさんの写真

学校にトイレがないため、月経期間中は生理用品を取り替えるために自宅へ帰っていました。そのため、多くの授業を欠席し、遅れをとってしまいました。勉強をがんばって、大きくなったら医者になりたいと思っています。

ナイマさん(14歳)| タンザニア

SHARE

in
PageTop