健康・快適な暮らしの理由 @

ずっと健康に過ごす秘訣は、冬でもアクティブ!

リビング・ダイニング

健康・快適な暮らしの理由 @

ずっと健康に過ごす秘訣は、冬でもアクティブ!

リビング・ダイニング

10分 体を動かすだけでも違うんだって

家の中でもアクティブに動くことは、生活習慣病の発症の軽減や認知症等のリスクを下げることにつながるらしいよ

寒いと、つい暖房の効いた場所から動きたくなくなってしまう…なんてことはありませんか? 年齢を重ねるとますます運動する機会も減ってしまいがち。厚生労働省は、糖尿病・循環器疾患等の予防の観点から、「今より10分多く体を動かそう」をメッセージとした活動※1を推進しています。

断熱リフォーム(または非改修の)前後2回の調査データを用いて分析した結果※2、断熱リフォームによって居間や脱衣所の室温が上昇し、暖房が不要となった場合などに、1日平均の住宅内軽強度以上の活動時間が男女共それぞれ増加したことがわかりました※3

断熱リフォーム前と後における、暖房習慣変化による活動時間の増加量(試算)

男性だって30分以上アクティブになるのか

冬でも30分以上動いている時間が増えるのね

男性だって30分以上アクティブになるのか

冬でも30分以上動いている時間が増えるのね

●住宅内の軽強度以上の平均活動時間[分/日]

※1 厚生労働省「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」、2013年3月

※2 断熱改修有無、コタツ使用変化、脱衣所暖房使用変化、温度変化量(在宅時平均居間室温・最低脱衣所室温、平均外気温)、ベースライン調査時の年齢・BMI・職業・年収・同居人数・身体の痛み・在宅1時間あたり住宅内軽強度以上活動時間で調整。一般線形モデル(正規分布)。2回目調査時の在宅1時間当たり住宅内軽強度以上活動時間を目的変数とした。[男性]n=448 [女性]n=439 分析の結果、在宅1時間あたりの住宅内での軽強度以上の活動時間変化量は、[男性]、コタツが不要になった場合に+1.59分、脱衣所の暖房が不要になった場合に+1.71分、女性では、脱衣所の暖房が不要になった場合に+2.73分、脱衣所で暖房をするようになった場合+1.36分(※図からは省略)であった。

※3 ベースライン調査の平均在宅時間を用いて活動時間増加量を試算。
[男性]65歳以上:10.5時間/日、[女性]65歳以上:12.4時間/日

出典:一般社団法人日本サステナブル建築協会 断熱改修等による居住者の健康への影響調査 中間報告(第3回) 資料より抜粋