番外編 備えてますか?住まいの台風対策 番外編 備えてますか?住まいの台風対策

増加する台風の被害

昨今、夏の異常気象とともに気になる台風の被害。2018年は猛烈な強さ(最大風速54m/s以上)まで発達した台風が7個と、1977年の観測以来、史上最多の記録となりました(気象庁「2018年の台風について」)。それに伴い、住まいへの被害も起きており、台風対策の必要性が高まっています。住まいにとって危険なのは、台風の強風により飛ばされたものが窓ガラスにぶつかり割れてしまうこと。
平均風速が20m/s以上になると、看板の落下や屋根瓦などが飛ぶ被害が出始めます。強い台風では最大風速33m/s以上、猛烈な台風では54m/s以上にもなり、外装材の飛散をはじめ、極めて危険な状態になるのです。

2018年「猛烈な強さ」の台風が史上最多 2018年「猛烈な強さ」の台風が史上最多

風速20m/sで
飛来物の危険

風の強さによって起こりうる被害例 風の強さによって起こりうる被害例

台風対策のポイントは「シャッター・雨戸」。
窓まわりを強化することで、いざという時も安心です。

飛来物の被害を防いで安心!

飛来物がぶつかり窓ガラスが割れるのを防止。暴風が室内へ流れ込んで家具やインテリアが壊れる二次被害も予防できます。家全体の窓にシャッター・雨戸をつけておくことが大切です。

騒音もカットし快適!

シャッターや雨戸を閉めることで騒音を和らげる効果も。台風や豪雨の際も、防音効果で生活や睡眠が快適になります。また、老朽化した雨戸を交換することで開け閉めもスムーズ&静かになります。

シャッター・雨戸は
防犯対策にも効果的。

シャッター・雨戸をつけることで侵入窃盗を抑制し、防犯性アップ。防犯対策として、1階だけでなく2階にもつけるとより効果的です。

空き巣の侵入経路、侵入方法ともに断トツで多いのが「窓」。

空き巣の侵入方法(戸建)・空き巣の侵入口のチャート 空き巣の侵入方法(戸建)・空き巣の侵入口のチャート

※総数36,902件(平成27年 警察庁調べ)

※総数36,902件(平成27年 警察庁調べ)

備えて安心 住まいの台風対策!
おすすめリフォーム商品

窓に取り付けるだけの
リフォームシャッターで台風&防犯対策

シャッターを取り付けることで、視覚的な侵入抑制効果も期待でき、防犯性アップ。
電動タイプや手動、採風タイプや耐風タイプなど充実のラインアップも魅力です。

リフォームシャッター

リフォームシャッター

防犯、プライバシー、台風対策に。
機能で選べる3タイプ

標準タイプ 採風タイプ 耐風タイプ

パッと取替できる、多彩な機能が魅力の取替雨戸

古くなった雨戸を取り替えることで防犯性がアップ。ガラス破りなどによる侵入を防ぎ、外出時や就寝時にも安心です。

取替雨戸パネル

取替雨戸パネル

家の雨戸がアルミ枠、木製枠なら、ほとんどのメーカーの取替えが可能!選べる3タイプ

採風タイプ 断熱タイプ 標準タイプ