おすすめカーポート!2・3台用、雪や風に強いおすすめ各種と価格を解説

おすすめカーポート!2・3台用、雪や風に強いおすすめ各種と価格を解説

カーポートは、ただ愛車を駐車するだけのスペースではありません。利用する人によって、さまざまな目的や価値が変わってくるのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのカーポートをご紹介します。2・3台用、雪や風に対しての強さなど、スタイルに合わせて解説していきます。

1. 【価格別】おすすめカーポート

カーポートは、雨や日射しから愛車を守るだけではありません。雨の日の乗り降りや、雪下ろしの負担の軽減など、普段のカーライフをより快適にする役割もあります。そんなカーポートの価格相場は各メーカーでも異なるため、一概に表すことが難しいです。そこで今回は、一例として「リクシルPATTOリフォーム」「LIXIL」のカーポートをご紹介します。

まずは、各価格帯におけるおすすめのカーポートを解説します。

20万円~ おすすめのカーポート「ネスカR」*(メーカー希望価格 工事費用別途)

ネスカシリーズのデザインには、ラウンドスタイルとフラットスタイルの2種類があります。柱の高さは「標準柱」「ロング柱」「高さ2m80cmの柱」の3種類がラインアップされ、奥行きも「奥行5m」「奥行5m40cm」「奥行5m70cm」の3つと豊富なバリエーションです。耐風圧強度は「風速=38m/秒相当」で、さらにもしもの雪への備えとして「耐積雪・耐風圧パッケージ」もオプションで用意されるなど、年間を通じて安心頂ける仕様を用意しています。

*今回ご紹介している価格帯は車両用カーポートの価格となります。(駐輪場用カーポートは別途)

30万円~ おすすめのカーポート「フーゴR」*(メーカー希望価格 工事費用別途)

リクシルの新しいスタンダードとして開発されたのが、フーゴシリーズです。フーゴは「フードR」「フーゴF」「フーゴA」と、建物のテイストに合わせて3つの屋根タイプから選ぶことができます。また耐風圧強度は、従来のLIXIL同等品が「風速=38m/秒相当」だったのに対し、3タイプとも「風速=42m/秒相当」へと進化しているのも特長です。柱の高さは「標準柱」「ロング柱」「H28柱」の3種類がラインアップされ、奥行きも「奥行5m」「奥行5m40cm」「奥行5m70cm」の3つと豊富なバリエーションを用意しており、さまざまな家庭にフィットします。

*「フーゴR」は「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。
*今回ご紹介している価格帯は車両用カーポートの価格となります。駐輪場(サイクルポート)は別途。

40万円~ おすすめのカーポート「アーキフラン(後方支持タイプ)」*(メーカー希望価格 工事費用別途)

シンプルかつ開放的なカーポートを理想としている人も少なくないでしょう。アーキフランは後方支持タイプで外観に馴染み、前方に柱がないため駐車もスムーズに行うことができます。また、車の乗り降りが従来のタイプと比べてもしやすくなっていることも特長のひとつ。柱の高さは「標準柱」「ロング柱」の2種類が展開され、本体のバリエーションも1台用と2台用から自由に選べます。また、屋根材には有害な紫外線をほぼ100%カットするポリカーボネート板と、紫外線+熱線も防ぐ熱線吸収ポリカーボネート板から選べます。

*「アーキフラン」は「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。
*リクシルPATTOリフォームでは、後方支持タイプのカーポートの取り扱いはありません。

2. 【2台・3台以上】複数台駐車するときのおすすめカーポート

複数台用のカーポートを買う際のポイント

以下のポイントに気を付けて、選んでください。

  • ・現在/将来で駐車する台数を明確化する
  • ・車のサイズを確認する(希望する高さ/幅/台数が停められるか)
  • ・複数台でも駐車、乗り降りに十分なスペースがあるか確認

現在所有している車がどの程度のサイズなのか、しっかりと確認しておきましょう。また、窮屈になってしまわないためにも、乗り降りに十分なスペースがあるかどうか、ゆとりを持ったスペースを確保しておきたいところ。現在のことだけ考えて駐車スペースを確保すると、将来的に困ることもあるので注意が必要です。

「リクシルPATTOリフォーム」「LIXIL」のカーポートから、駐車台数ごとおすすめのカーポートをご紹介します。

2台用のおすすめのカーポート「ネスカR 2台用」

リクシルPATTOリフォームのリフォーム対象である「ネスカR2台用」。価格は約44万円~53万円(*参考価格)です。柱の高さや奥行きも余裕のサイズバリエーションがある「ネスカR2台用」であれば、十分な駐車スペースを確保することができます。耐風圧強度を「風速=38m/秒相当」と耐久性も抜群で、屋根材にも熱線吸収ポリカーボネート板など3つの種類から自由に選択可能です。

※こちらの価格は、2018年10月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
*価格は2台用54-50型、の場合。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

3台用のおすすめ商品「アーキフィールド」*

十分な駐車スペースを確保するアーキフィールドは、出口に向かって広がる、開放感のあるルーフ設計が魅力の商品。また横からの風や外からの視線を遮るためのサイドパネルが屋根部と同じデザインになっているのも特長のひとつです。さらに、足元を明るく照らす「ダウンライト照明」など、従来のカーポートから進化しています。

*「アーキフィールド」は「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。

3. 【雪に強い】積雪地域におすすめカーポート

積雪に強いカーポート選びのポイント

以下のポイントに気を付けて、選んでください。

  • ・両支持タイプがよい(補助柱を付けられる場合あり)
  • ・豪雪地用に積雪の耐久性が強いものを選ぶ
  • (一般的:耐積雪約20cmまで 耐積雪:約30~200cmまで)
  • ・隣家に雪が入らないよう屋根の形/設置場所に注意
  • ・母屋からの落雪がない設置場所を選ぶ

厳しい自然環境にさらされるカーポートだからこそ、耐久性の強いタイプを重視しなければいけません。積雪に耐えられるように両支持タイプのものを選ぶことをオススメします。また、周辺への被害を最小限に抑えるために、設置場所に注意する必要があります。

おすすめ商品1「カーポートST」*

カーポートSTは耐積雪強度200㎝まで対応する強度。100㎝、150㎝の仕様もあり豪雪地域に適した強度設計です。強さからなる機能美で住宅外観も彩ります。ベースカラー4色のほか、ベースカラーとマテリアルカラー(木調)を組み合わせたカラーコーディネートが楽しめるなど、デザインにこだわりたい人にもおすすめです。

*「カーポートST」は「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。

積雪におすすめカーポート2「カーポートSW 」*

カーポートSWは普段は積雪の少ない地域でのもしもの安心として、耐積雪強度30㎝から50㎝まで対応の強度設計。4本柱を標準装備し、耐風圧強度は46m/秒と強風地域にもおすすめのカーポート。デザインもモダンなフォルムで、ベースカラー4色のほか、ベースカラーとマテリアルカラー(木調)を組み合わせたカラーコーディネートが楽しめるなど、こだわりの空間を演出してくれます。また「縦連棟」「間口延長」「奥行延長」など、さまざまなバリエーションがラインアップされ、使い勝手の良さも人気の理由です。

*カーポートSWは「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。

積雪におすすめのカーポート3「ソルディポート」*

ソルディポートは、自然環境の厳しい場所に対応することを目的としてつくられたカーポートです。耐積雪強度は最大150cm相当、ガラスの約200倍の耐衝撃強度を誇るポリカーボネートを屋根材に使用するなど、耐久性に優れています。また、使い勝手に応じたさまざまなスタイルが用意され、フレキシブルな対応力も魅力のひとつです。

*「ソルディポート」は「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。

4. 【風に強い】強い風などを考慮したおすすめカーポート

おすすめ商品1「フーゴ」*

フーゴは、耐風圧強度風速=42/秒相当*を標準化した風に強いカーポートです。これまでの部材サイズを維持したままで耐風圧強度の約20%向上を実現しています。数多くのシミュレーションと試験をクリアした安心安全なカーポートです。日本各地では、強い風が年間を通して発生しているため、安心してカーポートを使用したい方はぜひ検討ください。

*「フーゴ」は「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。
*強度詳細は、各商品情報をご確認ください。
*耐風圧強度の数値は目安であり、商品保証値ではありません。

おすすめカーポート2「カーポートSW」

より風に強いカーポートをお求めであれば、カーポートSWがおすすめです。業界最高水準の耐風圧46m/秒相当*を実現した、高強度カーポートです。

*「カーポートSW」は「LIXIL」の商品です。リクシルPATTOリフォームの施工対象外となります。

5. カーポートを取り替えたいならリクシルPATTOリフォームへ!

いろんな「お悩み」「困った」をパッと解決! リクシルPATTOリフォーム 簡単リフォームで毎日をもっと快適に。

リクシルのカーポートには、目的に合わせて選べる豊富なバリエーションが用意されています。また、複数台駐車するだけでなく、耐積雪や耐風圧強度に特化したカーポートも魅力に感じるのではないでしょうか。お住いの地域や環境によって何を求めるのかは変わってきますので、慎重に検討してみてください。

リクシルではリフォームに不慣れな方でも手軽に始められる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも交換の必要があるのかまですぐに解決致します。

リクシルPATTOリフォームの対象となるカーポートのリフォーム費用は以下の通りです。工事は最短1日*~で対応可能です。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。

1台用(ネスカF1台用)
 約24~28万円(*参考価格)
2台用(ネスカF2台用)
 約44~53万円(*参考価格)
駐輪場用(ネスカFミニ)
 約16~19万円(*参考価格)

※価格はミニ18-29型、1台用27-50型、2台用54-50型、の場合。
*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

まずはお気軽にご相談ください

0120-810-864 メールフォームでのお問い合わせはこちら

※こちらの価格は、2018年10月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。