ウッドデッキに目隠しは必要?目隠しのメリットやおしゃれなフェンスを紹介

ウッドデッキに目隠しは必要?目隠しのメリットやおしゃれなフェンスを紹介

開放的な空間が魅力的なウッドデッキ。しかし通りから見える位置にウッドデッキを設置すると、プライバシーが心配な人もいるのではないでしょうか。そこで、検討しておきたいのがフェンスなどによる目隠しです。今回は、フェンスの種類やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

1. ウッドデッキに目隠しって必要なの?必要性について

ウッドデッキを自宅の庭に設置すれば、子どもの遊び場としてだけでなく、友人などを招いてお茶を一緒に飲むなどの活用方法があります。専用のデッキフェンスがついていても、道路やお隣から丸見えということも少なくありません。そのため、ウッドデッキに外からの視線を遮るためのフェンスが必要と感じている人も多いようです。
また、プライバシーが守られることからも、防犯対策として役立ちます。最近では、デザインも豊富になりました。

2. ウッドデッキに目隠しを取り付けるメリット・デメリット

周囲からの視線を遮るために、ウッドデッキの目隠しとなるフェンスの設置を検討している人も少なくないでしょう。フェンスを取り付ける前に、メリット・デメリットについて確認しておきましょう。

メリット

ウッドデッキを目隠しフェンスで囲えば、人目を気にせず居心地の良い時間が過ごせます。ウッドデッキのフェンスは、プライバシーを守るという意味では欠かせません。特に自宅の周りは人通りが多いという人には、防犯対策としても役立つでしょう。フェンスがなければ、どうしても「無防備」な状態になってしまうので、近所からの視線が気になるのであれば、ウッドデッキにフェンスの設置をおすすめします。

デメリット

メリットがある一方、ウッドデッキにフェンスを設置することでデメリットも出てきます。それが閉塞感です。本来、開放的であるべき空間ですが、フェンスの設置により、少し狭く感じてしまうかもしれません。プライバシー保護を目的にリフォームする場合、どの程度の目隠し効果が必要かを考えて、フェンスの高さ、フェンスの隙間の幅などを検討しましょう。

3. ウッドデッキのフェンスの種類

ウッドデッキに設置するフェンスは、種類によって雰囲気や目隠しの効果が変わります。今回は目隠しフェンスを5種類ご紹介します。家の外観や目的に合わせて、目隠しフェンスを選びましょう。

デザイナーズパーツフェンス デッキ仕様

わが家だけの、オリジナルなエクステリアシーンをつくるフェンス。現場に合わせた施工が可能です。

ラフィーネフェンス デッキ仕様

ディティールにこだわった装飾性の高いデザイン。ヨーロピアンスタイルのお住まいとのコーディネートがおすすめです。

モダンデッキフェンス

あらゆるモダンスタイル住宅のためにデザインされた、シンプルなシャイングレーのラインが映えるフェンスです。

デッキフェンス

デッキ空間のレイアウトやカラーコーディネートが楽しめる笠木のついた専用フェンス。洗練された表情を醸します。

ボードラインフェンス

横板を柱に取り付けた、シンプルなフェンス。隣地と境にさりげなく設置できる自然な感覚がすてきです。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

4. ウッドデッキの目隠しで悩んだらお気軽にリクシルPATTOリフォームへ

いろんな「お悩み」「困った」をパッと解決! リクシルPATTOリフォーム 簡単リフォームで毎日をもっと快適に。

ウッドデッキにフェンスを設置するとなると、リフォーム会社に依頼した方が簡単にできます。各メーカーではさまざまなタイプのフェンスを用意していますので、ご自宅のウッドデッキのスタイルに合わせたデザインを選びましょう。

リクシルではリフォームに不慣れな方でも手軽に始められる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも何を選べばいいかわからないと行ったお悩みを解決致します。
ウッドデッキのリフォームの費用は、以下の通りです。

ステージ 木彫もくちょう
 約26~30万円(*参考価格)
ステージ
 約23~28万円(*参考価格)
レストステージ ベランダ仕様
 約18~20万円(*参考価格)

ウッドデッキリフォームをご検討の際は、フェンスの取り付けもぜひご検討ください。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。

まずはお気軽にご相談ください

0120-810-864 メールフォームでのお問い合わせはこちら

※こちらの価格は、2018年10月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
*※価格は間口1.5間(2726mm)×出幅(916mm)、ベランダ仕様は2間(3455mm)×出幅(1500mm)、の場合です。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。