おしゃれなウッドデッキのコツ3選!相性のいいインテリアも紹介!

おしゃれなウッドデッキのコツ3選!相性のいいインテリアも紹介!

ガーデンスペースで清々しい時間を過ごせるような、おしゃれで快適なウッドデッキを取り付けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。今回はおしゃれなウッドデッキのリフォームを実現するために知っておきたいポイントやコツを紹介していきます。ウッドデッキを取り付けて、より一層おしゃれで優雅なガーデンスペースを作りましょう。

1. おしゃれなウッドデッキにリフォームするための3つのポイント

ウッドデッキをリフォームすると、ガーデンスペースをおしゃれな空間にできます。しかし、おしゃれな空間に仕上げるには、ポイントをおさえてリフォームする必要があります。この項では、ウッドデッキを取り付ける際のポイントを紹介します。

ウッドデッキを取り付ける際のポイントは以下の3点です。

  • ・色調の統一
  • ・施工跡を見せない工夫
  • ・印象のいいインテリア

一見当然のような気もするかもしれませんが、突き詰めていくと奥が深く、実際に工事に取り掛かるまでに、時間を取られてしまいます。それではこれら3つのポイントを見ていきましょう。

2. 色調を統一させてみよう!

色調の統一というのは外観だけに限った話ではありません。通常ウッドデッキは家の中から見ることが多いので、家の内部とのバランスも考慮するとおしゃれな印象に仕上がります。

ウッドデッキとフローリングの色調を統一する

ウッドデッキとフローリングの色調を統一することで、室内と屋外双方に広がりを持たせることができます。色調は全く同じ色にする必要はありません。フローリングが黒や濃い色のときは、ウッドデッキの色も濃い色が合わせやすくなります。一方でフローリングの色が明るいブラウンの場合は、ウッドデッキも明るめのブラウン系が合わせやすくなります。
また設置する部屋がモダンの場合はダーク系など、テイストに合わせて検討すると良いでしょう。

窓サッシとウッドデッキの色を合わせる

窓サッシの色に合わせるとより統一感のある外観の色合いになるので、そちらも考慮してみましょう。ウッドデッキの色にこだわりがあるのであれば、窓サッシの色を合わせて変えてみるのも考慮してみましょう。おしゃれな空間を作るため、ウッドデッキリフォームを機に、他の気になる箇所を一度に取り替えるのも手です。

3. 施工跡を見せない仕様を意識!

ウッドデッキの施工には、ネジなどの施工跡が残らない仕様が一般的です。ネジは非常に小さいですが、これがむき出しになっているとかなり目立ってしまいます。リフォーム会社に依頼をする場合は安心ですが、もしDIYを検討している場合は施工跡を見せない工夫をすることが大切です。ほんの小さな部分でさえも景観や雰囲気が損なわれますので、細かい部分もおしゃれにこだわりましょう。

ネジは横止め施工

ネジは横止め施工にしましょう。おそらくこれが一番邪魔にならず、デザイン性を損なわないおしゃれな止め方になるでしょう。また、ネジも床板の色にするなど、接合部分と同じ色にすることをおすすめします。

屋根柱の接合部分が覆われているものがおすすめ

屋根柱はデザイン的観点と機能的観点から屋根柱の接合部分が覆われているものをおすすめします。覆われているものにすれば、ネジも目立たないですし、劣化もしにくくなります。

4. 木の風合いを活かしておしゃれに演出!

床板の色や質感によっても、全体的仕上がりが大幅に違います。

植物由来の緑と相性良し

例えば庭の中にウッドデッキを付ける場合、緑と相性の良い、おしゃれな床板の色が合います。そして、床板の色の中にも明るい色や暗い色など様々ですので、お好みに合わせて選んでいきましょう。また、観賞植物を置くとウッドデッキがさらにおしゃれに仕上がります。また、庭だけでなく、リビングとの調和も考慮することも重要です。

木材の質感にも一貫性を持たせる

ウッドデッキの材質を統一しましょう。同じ色であっても、質感の違いによって統一感が保たれないことがあります。

5. 合わせて検討したい!ウッドデッキと相性のいいインテリア

ウッドデッキと相性の良い3つのインテリアを紹介します。

ガーデン家具

ウッドデッキに机や椅子などのガーデン家具を付けると、さらにガラッと雰囲気が変わります。ウッドデッキの色に合わせるのが一般的ですが、あえて違う色を選び、アクセントを付けるのもおすすめです。

オーニング・シェード

オーニング・シェードの利点は日射しに応じて出し入れをすることができることです。屋根としての機能は完全ではありませんが、入ってくる日射しの調整ができるという点、またデザインのカスタマイズ性においては、屋根よりも優れています。

ガーデンストレージ

ガーデンストレージとは収納庫の一種です。汎用性の高いベンチ型のボックスであり、どこに置いても邪魔にならず、外に置いておけるものなら様々なものを収納することができます。そしてこのガーデンストレージも他と同様に色や材質によって庭をおしゃれに彩ることができます。

6. おしゃれな施工イメージ5選

おしゃれなウッドデッキ施工イメージを5つ紹介します。

開放感が溢れるデッキ

田舎暮らしなど、遮るものが少ないところに暮らしている方におすすめウッドデッキです。ウッドデッキ以外あえて余分なものは取り付けないことにより、より開けた空間を作り上げています。

アウトドアリビング

住宅地住まいの方におすすめのウッドデッキです。コンパクトかつ近代的に仕上がったおしゃれな空間は、家全体の明るさを引き立てています。植物や家具などカスタマイズ性に富んでおり、あなただけのプチガーデニングを楽しむことができます。

ガーデンリビング

どのようなタイプの家にもおしゃれに仕上がりやすいウッドデッキです。室内と庭を廊下でつなげた構造になっており、リビングとデッキ双方を広々とさせています。内と外の境界を曖昧にした開放感のある空間は、あなたの生活をより一層のびのびとさせてくれるでしょう。

目隠しフェンス付き

主張をせずさりげなく設置された目隠しフェンス。和モダンかつおしゃれに仕上がったデザインによって、フェンスでありながら開けた空間を維持させています。またフェンスがあることで安心感を与え、よりゆったりとウッドデッキでくつろぐことができます。

ベランダ仕様

マンション暮らしでもおしゃれなウッドデッキを取り付けることができます。室内のフローリングをそのままベランダまで伸ばし、より広々としたおしゃれな空間へと仕上げています。今まで殺伐としていたベランダをおしゃれなウッドデッキへと一変させてみませんか。

7. おしゃれなウッドデッキを気軽に取り付けたい方はリクシルPATTOリフォームへ

いろんな「お悩み」「困った」をパッと解決! リクシルPATTOリフォーム 簡単リフォームで毎日をもっと快適に。

ウッドデッキの取り付けは、取り付け前の入念な打ち合わせが不可欠です。ウッドデッキの施工には充分に検討を重ね、あなたの生活をより一層おしゃれなものにしていきましょう。

リクシルではリフォームに不慣れな方でも手軽に始められる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも何を選べばいいかわからないというご相談まで承っています。

ウッドデッキの取り付けの費用は次の通りです。

ステージ 木彫もくちょう
… 約26~30万円(*参考価格)
ステージ
… 約23~28万円(*参考価格)
レストステージ ベランダ仕様
… 約18~20万円(*参考価格)

*価格は間口1.5間(2726mm)×出幅(916mm)の場合です。ベランダ仕様は2間(3455mm)×出幅(1500mm)の場合。

工事は最短1日*~で対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。
*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

まずはお気軽にご相談ください

0120-810-864 メールフォームでのお問い合わせはこちら

※こちらの価格は、2018年10月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。