ウッドデッキは屋根付きがいい?おしゃれな日よけタープや後付けの方法について

ウッドデッキは屋根付きがいい?おしゃれな日よけタープや後付けの方法について

ウッドデッキの設置を検討されている人の中には、屋根の取り付けを合わせて行うか迷っている人もいるのではないでしょうか。屋根を取り付けることにより、どのようなメリット・デメリットが考えられるのか気になるところ。そこで今回は、ウッドデッキの屋根の取り付けリフォームについて、知っておきたい基礎知識とおすすめ屋根をご紹介します。

1. ウッドデッキの屋根取り付けリフォームのメリット

ウッドデッキを設置する際、おすすめしたいのが屋根の取り付けです。
ウッドデッキに屋根があることで、さまざまなメリットが生まれます。以下がその代表的な3つのメリットです。

  • 雨除け
  • 日射し除け
  • 目隠し効果

雨除け

屋根があると雨の日でもデッキ空間を活用することができます。例えば、洗濯物を干して外出したとき、急な雨が降ってきても安心です。

日射し除け

天気のいい日にウッドデッキでバーベキューをしたり、読書をしたりと、幅広く活用したいと考えているのではないでしょうか。しかし、ウッドデッキに屋根がなければ、夏の暑い日は、日射しを遮ることができません。屋根を取り付けるだけで、紫外線の予防にもなります。また、夏場の温度上昇を抑える効果もあるため、安全に過ごせます。

目隠し効果

広い庭にウッドデッキを設置することで、ちょっとしたカフェとして活用できたり、子どもの遊び場として使用できたりと、さまざまなシーンに役立ちます。また、屋根のないウッドデッキと比べても、上部からの室内の目隠しになるため、隣家からの視線も気になりません。

2. ウッドデッキに屋根を取り付けるデメリット・注意点

ウッドデッキに屋根を取り付けることで、さまざまなメリットがあることがわかりました。しかし、一方でデメリットについても考えなければいけません。ウッドデッキに屋根を取り付ける際、気を付けるべき注意点は主に下記の3つ。それぞれ詳しくご紹介します。

  • 開放感を損なわないような設置を検討しておく
  • 日光の当たり方
  • 風や雪の影響などを考慮

開放感を損なわないような設置を検討しておく

屋根があることで、「外から室内が見えにくくなる」、「室内に差し込んでくる日射しを遮ってくれる」など、いろいろなメリットが生まれます。
一方で屋根を取り付けることで、従来の開放感がなくなったと、感じるかもしれません。空間が狭くならないように、屋根の素材やサイズなど、施工前にしっかりとイメージしておくことが大切です。

日光の当たり方

夏の場合、室内に日射しが差し込まないことは、大きなメリットです。その一方で、冬の場合、外からの日射しが少なくなることはデメリットと感じるかもしれません。もともと日当たりが悪い場所であるなら、屋根のサイズや素材などに注意しながら、完成図をイメージしてみると良いでしょう。

風や雪の影響などを考慮

本来、開放的な空間であるウッドデッキの周りには強風などを遮るための壁がありません。そのため、台風など強い風を考慮しておく必要があります。また積雪地区は、大量の雪が積もった場合、重さに耐えきれずに屋根が倒壊する恐れがあります。屋根の取り付けの際には、お住まいの地域の自然環境を考慮し、屋根や基礎部分の強度が耐えられるものであるかどうかリフォーム会社と相談の上検討しましょう。

3. ウッドデッキの屋根の種類

ウッドデッキに屋根を取り付けるのであれば、メリット・デメリットをしっかりと比較した上で、最適な素材を選ぶ必要があります。ウッドデッキの屋根に使われる素材はいろいろありますが、その中でも4つのタイプの特長をご紹介します。

テラス屋根

テラス屋根

テラス屋根とは、建物の前面に付ける屋根のことです。屋根材によっては熱線吸収効果の高い素材もあり、室内の冷房効率アップも期待できます。また、オプションでパネルを付けることで、プライバシーを守りつつ、雨や風の吹きこみ対策も可能です。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

日よけ(オーニング)

日よけ(オーニング)

オーニングとは、日本語で「日よけ」「雨覆(あまおおい)」という意味を持ちます。気軽に取り付けができるテント生地の屋根で、耐久性にも考慮して作られているのが特長です。天候や季節に応じて開け閉めができるなど、高い柔軟性を持ち合わせています。また、遮熱性に優れている素材で、カフェ風のウッドデッキ屋根などには最適です。ただし、ウッドデッキに対してサイズの小さい製品が多いため、購入する際にはしっかりと確認してください。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

パーゴラ

パーゴラとは、つる性の植物をからませる柵のことです。植物の葉を茂らせることで、屋根代わりに利用することができます。自然植物を這わせた屋根であれば、風に強く、汚れも目立ちにくくなるのが特長です。また、冬場に落葉する植物を選べば、季節によって日射しの量を調整することもできるでしょう。残念ながら雨除けとして使用することはできませんが、他のタイプの屋根では味わえない魅力的な演出が可能となっています。

日よけタープ(シェード)

日よけタープ(シェード)

ウッドデッキに屋根を取り付けようと思ったらある程度、費用を見積もらなければなりません。そこで予算的に抑えながら、手頃な屋根を設置したい人におすすめなのが、日よけタープ(シェード)です。
屋根まではいかなくても、ちょっとした日よけになり、室内への日射しも手軽に遮ることができます。もともとは日除け用のアイテムのため、紫外線カット効果も高く、ウッドデッキでくつろぎたい人には最適です。取り付けが簡単で、交換・模様替えも簡単に楽しめます。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

4. ウッドデッキの屋根取り付けリフォームの参考価格

メリット・デメリットの両方を考慮し、ウッドデッキに屋根を取り付けたいという方にとって、どれくらいの費用が必要なのかは気になるところ。今回は一つの目安として、リクシルPATTOリフォームでのテラス屋根、オーニングと日よけタープ(シェード)の価格をご紹介します。

テラス屋根

ベランダやテラスに取り付けるテラス屋根ですが、屋根のデザインや色を選べるだけでなく屋根のパネル材にこだわったり、オプションで物干しなどを取り付けたりすることもできます。参考価格は以下の通りです。

  • テラス屋根 約14~16万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2018年10月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
※テラス屋根の価格は一般地域用(積雪20㎝)2.0間×4尺の場合です。積雪地域用(積雪50㎝、100㎝)の設定もあります。

オーニング

気軽に日射しをカットできるオーニングですが、大きく分けて「手動タイプ」と「電動タイプ」の2種類に分けられます。それぞれの参考価格は以下の通りです。

  • 手動タイプ 約23~41万円(*参考価格)
  • 電動タイプ 約31~49万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2017年4月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
※キャンパス色により、納期がかかる場合があります。

電動タイプは、電動スイッチやリモコン、センサーなどを使うことにより、離れた場所からでも屋根の開閉が可能になります。他にも、スクリーンを内蔵したタイプなど、日射しを遮りながら、自宅にカフェのようなおしゃれな空間を作ることが可能です。

日よけタープ(シェード)

どのタイプよりも気軽に日除けができる日よけタープ(シェード)ですが、大きく分けて「中窓」「大窓」「2枚使用」の3種類に分けられます。それぞれの参考価格は以下の通りです。

  • 中窓(幅136.5×高さ121cm)   約5~7万円(*参考価格)
  • 大窓(幅182×高さ303cm)   約5~12万円(*参考価格)
  • 2枚仕様(幅273×高さ303cm) 約10~16万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2018年5月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

基本的に窓の大きさによって選び分けます。2枚仕様であれば、すべての日射しを遮るのではなく、室内に心地よいほどの日射しを入れることが可能です。取り付けのための工事時間も最短30分*ほどで完了します。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

5. おしゃれなウッドデッキの屋根をお探しならリクシルPATTOリフォームへ

いろんな「お悩み」「困った」をパッと解決! リクシルPATTOリフォーム 簡単リフォームで毎日をもっと快適に。

快適な生活空間を演出するためにも、ウッドデッキの屋根は欠かせないと感じることでしょう。とは言っても、屋根の場合DIYなど個人で取り付けることは難しいかもしれません。安全に、さらにしっかりと屋根を設置するのであれば、リフォーム業者に依頼しましょう。

リクシルではリフォームに不慣れな方でも手軽に始められる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。リフォームに興味があるけど費用が心配、何を選べばいいかわからないといったご相談まで承っております。

ウッドデッキに屋根を取り付ける場合、以下の費用で対応可能です。

  • 【テラス屋根】
  • 約14 ~16万円(*参考価格 2018年10月時点)
  • 【オーニングタイプ】
  • 手動タイプ 約23~41万円(*参考価格  2017年4月時点)
  • 電動タイプ 約31~49万円(*参考価格  2017年4月時点)
  • 【日よけ(シェード)】
  • 中窓(幅136.5×高さ121cm)   約5~7万円(*参考価格 2018年5月)
  • 大窓(幅182×高さ303cm)   約5~12万円(*参考価格 2018年5月)
  • 2枚仕様(幅273×高さ303cm) 約10~16万円(*参考価格 2018年5月)

少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。

まずはお気軽にご相談ください

0120-810-864 メールフォームでのお問い合わせはこちら

※こちらの価格は、2017年4月、2018年5月、10月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
*テラス屋根の価格は、一般地域用(積雪20cm)2.0間×4尺の場合です。積雪地域用(積雪50cm、100cm)の設定もあります。
*オーニングの価格は、間口2間×出幅6尺の場合です。
*キャンパス色により、納期がかかる場合があります。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。