室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォーム!交換方法や費用を解説

室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォーム!交換方法や費用を解説

室内ドア(開き戸)・室内引き戸に対し、「建付けが悪くなって開閉しにくい」「廊下・部屋に光を入れたい」「古いデザインを一新したい」といった悩みはありませんか。室内ドア(開き戸)・室内引き戸を交換・リフォームすることで、そのような悩みを解消できることがあります。今回は室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォーム方法や費用、リフォームのポイントをご紹介します。

目次

1. 室内ドア(開き戸)・室内引き戸を交換・リフォームする方法

室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォーム方法にはさまざまなものがあります。主な交換・リフォーム方法は次の4つです。

  • ・室内ドア(開き戸)・室内引き戸のドア枠ごと交換・リフォームする
  • ・ドアのみを交換する
  • ・室内ドア(開き戸)・室内引き戸の面材のみリフォームする

室内ドア(開き戸)・室内引き戸のドア枠ごと交換・リフォームする

既存の扉だけでなく、ドア枠ごと交換する方法です。ドア枠ごと交換する場合、周りの壁・壁紙の工事が必要になる場合があります。そのため、ドアのみを交換するのと比べて、工期が長く、費用も高くなりやすいです。枠も含めた室内ドア(開き戸)・室内引き戸全体が古かったり、壊れていたり、部屋全体の雰囲気を変えたいという人におすすめです。

最近では、壁を壊さず、既存のドア枠の上に新しいドア枠をつけるカバー工法もあります。壁の工事が不要なため、工期が短く済み、スピィーディーにリフォーム可能です。リクシルPATTOリフォームでもカバー工法を採用しており、お手軽に室内ドア(開き戸)・引き戸のリフォームができます。

ドアのみを交換する

ドア枠の交換を行わず、ドア本体のみを新品に交換する方法です。既存のドア枠を使用するので、費用を抑えられます。ただしドア枠が古いため、新品のドアと合わさると不自然な印象になることもあるので注意しましょう。また、既存のドア枠にサイズがピッタリ合うドアが見つからない場合もあります。その場合はドアを特注で作るか、もしくはドア枠も交換することになり、さらに費用がかかることになります。

室内ドア(開き戸)・室内引き戸の面材のみリフォーム

見た目だけきれいにしたいなら、ドアの面材・シートだけを張り替える方法もあります。ドアの交換と比べて、費用は大幅に安いです。ただし、ドアの傷み具合や既存の面材によっては施工できないこともあるので注意しましょう。また、ドアの動きが悪いなど、機能的な不満は解消されません。

【番外編】ドアに穴が開いた場合の対応

ドアに穴を開けてしまったなど部分的な破損等は、修繕で済むかもしれません。ドアに穴が空くのは、骨組みに合板を張り付けた「フラッシュドア」というドアで起きやすいです。穴が空いたときには、穴にパテを入れて上から木目を描く「木目描き入れ方式」、もしくはパテを入れた上からシートを張る「ダイノックシート方式」の修繕で修復できます。

ただし、「木目描き入れ方式」はよく見ると違和感があったり、穴が大きすぎると不自然さが目立ったりします。また、「ダイノックシート方式」は同じドアの柄がない場合、ドアと違う柄になってしまうこともあります。修繕するのかリフォームにするのかは、穴の大きさやドアの状態をみて検討しましょう。

2. 室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォーム費用の相場は?

室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームの費用は、リフォーム会社や施工規模・内容によって異なるため一概には言えません。そこで費用相場の一例として、リクシルPATTOリフォームの室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォーム費用をご紹介します。

リクシルPATTOリフォームではカバー工法を採用しており、ドア枠ごと扉をリフォームできます。リクシルPATTOリフォームの室内ドア(開き戸)・室内引き戸は、施工費込みで以下の価格です。

  • 室内ドア(開き戸) … 約9~13万円(*参考価格)
  • 室内引き戸     … 約9~14万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2019年7月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

上記の価格はあくまで参考価格です。リフォームをする既存の室内ドア(開き戸)・室内引き戸の状態によって施工費が異なるため、より詳しい費用が知りたい方はまずはリフォーム会社へ相談してみましょう。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

3. 室内ドア(開き戸)・室内引き戸の種類とドア機能

室内ドア(開き戸)・室内引き戸には開き方によって種類が分かれています。主な種類は次の3つです。

  • ・室内引き戸
  • ・室内ドア(開き戸)
  • ・折れ戸

室内引き戸

室内引き戸

戸を左右にスライドさせて開閉するタイプの扉です。和室や押し入れの戸によく使われています。室内引き戸の中にも「片引き戸」「引違い戸」「引き込み戸」の3種類があります。室内引き戸には設置方法によっては間口を大きくとれるメリットがあります。また、開閉時に出入り口の前後のスペースを取らないため、ベビーカー・車いすなどバリアフリーにしたい際におすすめです。

室内ドア(開き戸)

室内ドア(開き戸)

戸を前後に開閉させるタイプの扉。洋室が一般化した住宅の多くで使用されています。ドアの中にも「片開き戸」「親子ドア」「両開きドア」などの種類があります。ドアは開閉時に部屋の前後に扉を開くためのスペースが必要ですが、室内引き戸のような戸を引き込むためのスペースが不要なので、小スペースで設置が可能です。また、遮音性・遮熱性が高く、冷暖房の効果を高めてくれます。

折れ戸

折れ戸

扉を折り曲げて開閉するタイプの扉です。クローゼットなどの収納スペースによく使われています。折れ戸はコンパクトに開閉できるため、扉を開くのに十分なスペースがない場所で便利です。

室内ドア(開き戸)・室内引き戸の機能

室内ドア(開き戸)・室内引き戸はさまざまな機能を追加できることもあります。一例として、以下のような機能がつけられます。

  • ・光を取り入れられる採光型
  • ・水回りに便利な明り採り・換気口付き
  • ・和室でも使える襖デザインの戸
  • ・ペットドア
  • ・鍵付き
  • ・戸がゆっくりと閉まる

ただ扉をリフォームするだけでなく、生活環境や生活スタイルにあわせて室内ドア(開き戸)・室内引き戸に機能を追加することで、日常生活の利便性がぐっと高まります。リクシルPATTOリフォームでは採光型・換気口付きの戸はもちろん、襖デザインの戸など機能性も充実しています。室内ドア(開き戸)・室内引き戸の種類や機能を見てみたい方はぜひチェックしてみてください。

>> 室内引き戸の特長やメリット・デメリットについてさらに知りたい方はこちら <<

>> 室内ドア(開き戸)・室内引き戸の特長や追加できる機能について知りたい方はこちら <<

4. 室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームの3つのポイント

室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームの3つのポイント

ここでは室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームを行う際のポイントをご紹介します。ポイントは次の3つです。

用途・目的にあった室内ドア(開き戸)・室内引き戸を検討する

まず、どのような目的で交換・リフォームをするのかを検討しましょう。部屋のイメージを変えたいのか、バリアフリー対応にしたいのかでは、設置する扉の種類や追加する機能が変わってきます。リフォーム後に自分の生活がどう変わるかをイメージしながら、どのような室内ドア(開き戸)・室内引き戸が相応しいかを選ぶようにしましょう。

部屋の雰囲気にあわせた室内ドア(開き戸)・室内引き戸選び

室内ドア(開き戸)・室内引き戸は部屋の雰囲気を大きく左右します。リフォームの際は、どんな室内ドア(開き戸)・室内引き戸なら部屋とマッチするかを考えながら、色やデザインを選びましょう。その際、扉の色は床、もしくは壁の色とあわせるとバランスがとれます。

他のドアとのバランスも考える

室内ドア(開き戸)・室内引き戸を選ぶ際は、他のドアとのバランスも考えましょう。例えばすべての扉を室内ドア(開き戸)にすると、隣接する部屋の室内ドア(開き戸)同士がぶつかるなど不便さを感じることもあります。そのようなときは片方を室内引き戸にすることで、扉同士がぶつかる心配がなく、生活動線がスムーズになります。

ここまで室内ドア(開き戸)・室内引き戸を交換・リフォームする際のポイントをご紹介してきました。リフォームするならおしゃれにしたい!という方は下記の記事もチェックしてみてください。

>> 室内ドア(開き戸)・室内引き戸をおしゃれにするならこちらをチェック <<

5. 部屋ごとの室内ドア(開き戸)・室内引き戸選びのコツ

部屋によって、適した室内ドア(開き戸)・室内引き戸は違ってきます。そこで、部屋ごとの室内ドア(開き戸)・室内引き戸選びのポイントをご紹介します。

リビング

リビングなど大きな部屋の扉には、採光タイプのものがおすすめです。廊下にリビングからの明かりを送り込めるので、廊下を明るくすることができます。また廊下が明るく見えることで、奥行きと開放感を感じられます。リビングが廊下から丸見えになるのが気になる場合は、曇りガラスなどなかが見えづらい採光タイプの扉を設置するとよいでしょう。

部屋の中の間仕切り

リビングとダイニング、リビングと和室といった部屋の空間を仕切るときには室内引き戸がおすすめです。室内引き戸は開放すると部屋同士の一体感を得られ、逆に戸を閉め切ればそれぞれの部屋でプライバシーを持つこともできます。和室とリビングの間仕切りとして設置する際は、和室側の違和感が少ない戸襖タイプの室内引き戸がおすすめです。

キッチン

キッチンまわりにドアを取り付ける場合は、室内引き戸がおすすめです。料理を運ぶなど出入りが多いため、開けたままにでき扉が邪魔にならないためです。

トイレ・洗面所・脱衣所など

トイレ、洗面所、脱衣所は換気口があるタイプのものがおすすめです。室内にこもりがちな湿気を逃してくれるので、防カビ対策に適しています。

寝室・個室

寝室など外の明かりを入れたくない、静かな空間にしたい部屋は一枚板の室内ドア(開き戸)がおすすめです。ただ子ども部屋など完全な密室にしたくない部屋であれば、戸を開けたままにしやすい室内引き戸の方がよいでしょう。

家庭によって間取りや戸に求める機能が違うため、上記の条件がすべて当てはまるわけではありません。上記は、室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームの1つの目安として参考にしてみてください。

6. 室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームはDIYできる?

室内ドア(開き戸)・室内引き戸のDIYでの交換・リフォームも可能です。しかし、あまりおすすめはできません。ドアによっては、人の動線・開く方向などプロの知識が必要になる場合もあるためです。リフォームはプロに任せた方が失敗の心配もなく、安心して任せられます。リクシルPATTOリフォームであれば最短1日~*施工可能なため、手間もかからず、お手軽にリフォームできます。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

7. 交換・リフォームにおすすめな室内ドア(開き戸)・室内引き戸をご紹介

手軽に室内ドア(開き戸)・室内引き戸をおしゃれにリフォームしたい方には、リクシルPATTOリフォームの室内ドア(開き戸)・室内引き戸がおすすめです。

交換・リフォームにおすすめな室内ドア(開き戸)・室内引き戸をご紹介

リクシルPATTOリフォームの室内ドア(開き戸)・室内引き戸では、シンプルなデザインの一枚板の扉や部屋が明るくなる採光用ガラス付きの扉をご用意しています。扉の色は6種類あり、お部屋の雰囲気にあったものが選べます。

リクシルPATTOリフォームの室内ドア(開き戸)・室内引き戸は、施工費込みで以下の価格です。

  • 室内ドア(開き戸) … 約9~13万円(*参考価格)
  • 室内引き戸     … 約9~14万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2019年7月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

8. 室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームならリクシルPATTOリフォームへご相談を!

室内ドア(開き戸)・室内引き戸の交換・リフォームは、施工方法・施工規模によって内容や費用が異なります。室内ドア(開き戸)・室内引き戸も種類によってメリットや用途に適した部屋があるため、交換の参考にしてみましょう。

「初めてのリフォームで不安」「あまり大掛かりな工事にしたくない」方はぜひリクシルPATTOリフォームにご相談ください。リクシルでは手軽にリフォームができる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも交換の必要があるのかといったお悩みもご相談できます。

リクシルPATTOリフォームでの引き戸のリフォーム費用は以下の通りです。

室内ドア(開き戸) … 約9~13万円(*参考価格)
室内引き戸     … 約9~14万円(*参考価格)

交換工事は最短1日~*で対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望にあわせたご案内をさせていただきます。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

※こちらの価格は、2019年7月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。