和室の襖・障子戸をドアに取り替え。選び方やメリットを解説

和室の襖・障子戸をドアに取り替え。選び方やメリットを解説

洋室が一般化してきた中で、和室の襖や障子を洋風に替えたいという方もいるのではないでしょうか。そこで、和室の扉を洋風に替えるメリットや、選び方について解説いたします。思い切って洋風にすることで生活空間の印象をガラッと変えられます。

1. 和室を室内ドア(開き戸)・室内引き戸に取り替えるメリットとは

和室を室内ドア(開き戸)・室内引き戸に取り替えるメリットとは

洋室が一般化したため、和室を室内ドア(開き戸)・室内引き戸へ取り替える方が多くいます。和室の戸を室内ドア(開き戸)・室内引き戸に取り替えると、次のようなメリットが得られます。

  • ・修繕費用をおさえられる
  • ・生活空間の印象を変えられる

襖・障子戸は紙であるがゆえに汚れや破損に弱く、定期的な張り替えが必要なので、コストがかかってきます。室内引き戸などにすることで、張り替えの手間やコストを削減することができます。

また、襖はデザインの主張が強い場合が多く、和室に隣接する洋室の雰囲気を損なっていることもあります。室内ドア(開き戸)・室内引き戸に替えることで洋室の雰囲気にあわせることができ、統一感を演出できます。

2. 和室ドアのリフォーム方法とは

和室ドアのリフォーム方法とは

和室の扉を洋風ドアに替える方法は、大きく分けて2つあります。

  • ・和室の襖や障子戸を室内引き戸にリフォームする
  • ・和室の扉を室内ドア(開き戸)にリフォームする
  • ・壁紙を張る

襖や障子戸を室内引き戸に交換するメリットや、和室の扉をドアにリフォームする際の特長を次で詳しくご紹介します。

3. 方法1:和室の襖や障子戸を室内引き戸にリフォームする

和室の襖や障子戸を扉にリフォームするなら、室内引き戸がおすすめです。戸の枠ごと取り替えることもありますが、施工メーカーや製品によっては戸を交換するだけでリフォームできることもあります。

室内引き戸は、戸を左右にスライドして開閉する扉です。引き戸にすると次のようなメリットが得られます。

  • ・バリアフリーに適している
  • ・和室のイメージを壊さない
  • ・通気性を確保しやすい

バリアフリーに適している

室内引き戸は左右に戸が開くので、車椅子の方でも開きやすく、通りやすいです。ドアと違い、前後に開かないので、扉の周りの人や物にぶつかる心配もありません。

和室のイメージを壊さない

襖や障子戸は室内引き戸であることが一般的です。そのため、和室にドアがあると、どうしても違和感が拭えません。和室空間の印象を壊さないためには、引き戸の方がおすすめです。

通気性を確保しやすい

室内引き戸は通気性が高いです。また、戸を開けたままにする、少しだけ開けておくなど、戸の開け方の自由度が高い特長があります。そのため、室内に入り込む風量を調整しやすく、換気に適しています。

室内引き戸であれば元々の枠を活かせるだけでなく、引き戸そのものの特性によるメリットも大きいです。和室の襖や障子戸を戸に交換したい方は、ぜひ検討してみてください。リクシルPATTOリフォームなら、襖や障子戸の状態によっては既存の枠を活かした交換も可能です。大がかりな交換工事をしたくないという方は一度ご相談ください。

4. 方法2:和室の扉を室内ドア(開き戸)にリフォームする

和室の扉を室内ドア(開き戸)にリフォームすることもできます。ただ室内ドア(開き戸)にリフォームする場合には、基本的に戸の枠ごと交換しなければなりません。室内ドア(開き戸)への交換は、引き戸へのリフォームと比べると手間や費用がかかることがあるので注意しましょう。

*リクシルPATTOリフォームでは、既存の襖の枠にドアを設置することはできません。

5. 方法3:襖に壁紙を貼る

和室の扉をリフォームせずとも、洋風の壁紙を襖の上に貼ることで印象を変えるのもひとつの手です。大規模な工事が必要なく、手軽にできるのがメリットです。

壁紙はさまざまなデザインやサイズのものが販売されているので、生活空間やインテリアに合わせてコーディネートできます。壁紙はその素材やサイズ、デザインにより費用が異なりますが、リフォームより安く済む場合があります。襖に壁紙を貼る際は、襖の種類によって壁紙を貼る手順が変わってくるので注意が必要です。

6. 【番外編】和室の雰囲気にぴったり「戸襖タイプ」

【番外編】和室の雰囲気にぴったり「戸襖タイプ」

和室の雰囲気に合った室内引き戸・室内ドア(開き戸)を付けたいという方は、戸襖タイプの扉を選ぶのがおすすめです。リビングなどの洋空間と和室を扉で間仕切る際に、両方の部屋の雰囲気を損なわないよう、片面は木目のパネル、もう片面は襖柄のデザインになっています。ぜひ和室の戸を選ぶ際には検討してみてください。

7. 和室におすすめの室内ドア(開き戸)・室内引き戸をご紹介!

和室の扉におすすめの室内ドア(開き戸)・室内引き戸をリクシルPATTOリフォームでご紹介します。

【和室におすすめの室内ドア(開き戸)・室内引き戸をご紹介! 和室におすすめの室内ドア(開き戸)・室内引き戸をご紹介!

リクシルPATTOリフォームで取り扱っている室内ドア(開き戸)・室内引き戸はデザイン、カラーバリエーションが豊富で和室空間に合ったものが選べます。洋風ドアの雰囲気を和室に近づけたい、襖や障子戸を引き戸にしたい方におすすめです。

リクシルPATTOリフォームの室内ドア(開き戸)・室内引き戸は施工費込みで以下の価格です。

  • 室内ドア(開き戸) … 約9~13万円(*参考価格)
  • 室内引き戸     … 約9~14万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2019年7月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

8. 和室ドアを室内ドア(開き戸)・室内引き戸へリフォームするならリクシルPATTOリフォームへ

室内ドア(開き戸)・室内引き戸はそれぞれにメリットがあり、生活環境や生活スタイルに合わせて選ぶことが大切です。「和室のイメージを変えたい」「襖のメンテナンスやそれに伴う費用に悩んでいる」という方はリフォームを検討されてはいかがでしょうか。

リクシルでは手軽にリフォームができる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。
リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも交換の必要があるのかといったお悩みもご相談できます。リクシルPATTOリフォームでの置き畳のリフォーム費用は以下の通りです。

室内ドア(開き戸) … 約9~13万円(*参考価格)
室内引き戸     … 約9~14万円(*参考価格)

交換工事は最短1日~*で対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

※こちらの価格は、2019年7月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。