トイレを交換するなら!
知っておきたい知識・費用

「そろそろトイレ交換をしようかな」と思っても、「どうやって交換するんだろう?」「工事はどれくらい時間がかかるんだろう?」「費用はいくら?」など、不安に思うことも多いですよね。そこで、ここではトイレ交換の際に知っておきたい基礎知識や費用などを詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1. 【トイレ交換】をするために知っておきたい基礎知識

トイレ交換の際に注意して考えたいのが、「トイレの種類」と「排水形式」「便座」です。トイレを交換する際にはこの3つに注目して考えましょう。
特徴やメリット・デメリットなど、トイレ交換の際に意識したい基礎知識を紹介します。

トイレの種類について

トイレの種類は3つあります。

  • • 組み合わせ型
  • • タンク一体型
  • • タンクレス型

それぞれを詳しく見ていきましょう。

組み合わせ型

組み合わせ型

組み合わせ型はタンクと便器が別々になっているタイプです。

【メリット】
どちらかが壊れても別々に修理できるため、メンテナンスのしやすい形です。タンク上部に「手を洗う場を取り付ける・付けない」など、好きにカスタマイズできるのも組み合わせ型のメリットになります。
【デメリット】
タンクとトイレの隙間にホコリが溜まりやすかったり、タンクの裏にホコリが溜まりやすかったりと、掃除の手間がかかるのが組み合わせ型のデメリットです。

タンク一体型

タンク一体型

タンク一体型はタンクと便器がくっついた形になっています。モダンでスッキリとした見た目のトイレです。

【メリット】
タンクと便器が分かれていないため、掃除がしやすいことが、タンク一体型のメリットです。
【デメリット】
タンクと一体型のため、「どちらかが壊れた場合分解して直す」ということは、ほぼできません。壊れた場合の費用や手間がかかるのがタンク一体型のデメリットです。

タンクレス型

タンクレス型

タンクレス型とは、その名の通りタンクが付いていないトイレのこと。スッキリとしたスタイリッシュな見た目で、タンクではなく水道から直接水を引いています。

【メリット】
タンクがないため、圧迫感がなく見た目が美しいのがタンクレス型のメリットです。トイレ空間を広くしたい方にオススメです。
【デメリット】
トイレに手洗い器が付けられないため、別に手洗い場を設ける必要があります。

排水形式について

排水はどうするのかも、トイレ交換をする際に考えておきましょう。

排水形式は以下2つです。

  • • 床排水
  • • 壁排水

床排水は排水管が見えないため、スッキリとした見た目にできます。戸建て住宅で多く用いられている形式です。

壁排水は集合住宅で多く用いられている形式です。排水管が見えてしまいますが、壁の中に排水管を隠したり、収納を付けてその中に隠したりもできます。

トイレ交換をする際、ご家庭のトイレはどのようになっているのかを調べておくのがおすすめです。

便座について

便座について

便座の種類は主に3つあります。

  • • 普通便座
  • • 暖房便座
  • • 温水洗浄便座

普通便座は何も機能が付いていないノーマルな便座です。暖房便座は便座を温める機能が付いており、温水洗浄便座は暖房便座の機能にプラスして、ビデ洗浄などのシャワートイレが付いています。

その他、便座には人が近づくと自動で開閉をするものやリモコンが一体型になっているもの、壁にリモコンを取り付けるタイプなどもあります。

洗浄方式について

洗浄方式について

トイレによって洗浄方式も変わります。使用するタイプによって、汚れのつきやすさや洗浄音も変わりますので、好みのものを選びましょう。

【洗い落とし式】
排水路に付けられたゼット穴から水を出し、勢いよく、吸い込むように排水をするタイプです。水が溜まる面が少なく、汚物が付着しやすくなります。
【サイホン式】
サイホン(水を吸い出す力)と水の落ちるスピードで排水します。トイレに付着した汚物がキレイに洗い流されない場合があります。
【サイホンゼット式】
サイホン式よりも吸い出す力・流水力を強めたものです。サイホン式よりもキレイに流れ、汚物が付着することはほとんどありません。
【サイホンボルテックス式】
渦を起こしながら、サイホン作用で汚物を流します。洗浄音があまりならず、汚物の付着が残ることもほぼありません。サイホンゼット式よりも高い水圧が必要になり、2階以上のトイレに設置をすると、音が気になる場合があります。
【トルネード式】
トイレのフチに設置された穴から水を出し、勢いよく排水します。同時にトイレの洗浄もでき、洗浄音も静かです。排水量も少なく節水効果が高いタイプです。

その他の機能

アクアセラミック

※LIXIL社製従来製品との比較。疑似汚物を塗布し、洗浄した後の画像。

トイレにはさまざまな機能が搭載されています。例えば汚れが付きにくい*「アクアセラミック®」が使用されたものなどもあります。
それぞれトイレによって機能が変わるため、細かな機能を求める場合はそれぞれのメーカーの詳細を確認しておきましょう。

*アクアセラミックは株式会社LIXILの登録商標です。

2. トイレ交換の費用

費用はトイレ全体を交換するのか、便座のみを交換するのかによって大きく変わります。

トイレ全体を交換したい場合

トイレを交換する場合は以下のような費用がかかります。

「トイレの購入費用」+「工事費用」+「処分費用」=トイレ交換の費用

【トイレ本体】
トイレ本体を交換する場合、新しいトイレの購入費用、設置費用と一緒に、古いトイレの処分費用が必要となります。トイレ本体の費用は機能によってさまざまですが、シンプルなもので約5万円~。温水洗浄便座で約10万円~が相場です。
さらにタンクレス型や機能性の高いものは15万円以上かかる場合もあります。
【工事費用】
工事費用は2万円~20万円以上。トイレだけを交換する場合は安く済みますが、床を変えたり、パイプを隠したりと内装に手を加える場合費用が上がります。
【トイレの処分費用】
処分費用は約3,000~8,000円です。

和式から洋式の場合

和式から洋式の場合は内装全体の変更が必要な場合が多くなります。交換するトイレのグレードによって費用は変わりますが、費用は約25万円~40万円程度です。

便座のみを交換したい場合

便座本体の費用は約2万円程度です。機能が多いものだと約10万以上する場合もあります。
工事費用はそれほどかからず、約1万円程度で設置ができます。中には自分でDIYをして付け替える方もいます。

3. トイレ交換はどうやって行うの?

便座だけの場合は個人で交換できる場合もありますが、トイレの交換は専門業者に頼むのがおすすめです。時間はどこを変更するのかにもよりますが、大体半日~数日ほどかかると考えておきましょう。

和式から洋式

和式から洋式へ変更する場合は大掛かりな工事が必要になります。行う工事は主に以下の4点です。

  • ・トイレ交換
  • ・床・壁のリフォーム
  • ・汚水位置換え配管
  • ・電気工事

全面リフォームの場合は取り付け期間も長くなります。あまり大掛かりな工事はイヤという場合は、LIXILの「和風アタッチメント」がおすすめです。

和風アタッチメント

和式のトイレに和風アタッチメントと便座を取り付けて洋式トイレとしての機能を付けます。「大きな工事をしたくない」「短時間の工事で終わらせてほしい」という方におすすめです。

便座だけを取り換える場合

大掛かりな配管工事などがなく、「トイレだけ取り換えたい」「好みの機能を持った便座に取り換えたい」という場合は簡単に最短半日*での交換が可能です。費用も抑えられます。

※現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

4. リクシルPATTOリフォームでトイレ交換ができる!

「パッとリフォームできる」リクシルPATTOリフォームでのトイレ交換を行う場合は、人気のキャビネット付きトイレへ、約15~36万円(*参考価格)の費用でトイレ交換が行えます。手洗い機能を付けるかどうかやキャビネットのカラーも変更可能です。

目安の交換時間は最短半日*~。
「交換したい!」と思い立ったらすぐに工事ができます。

※こちらの価格は、2017年10月、2019年6月、2021年3月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。