室内引き戸に種類はある?本体以外にもレール・鍵などパーツの種類も解説

室内引き戸に種類はある?本体以外にもレール・鍵などパーツの種類も解説

室内引き戸のリフォーム・交換を考えている方のなかには、引き戸にはどんな種類・デザインがあるか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は引き戸の種類やデザイン、素材など引き戸に関わる情報を解説いたします。引き戸の種類を知ることで、自身の生活環境に合った引き戸にリフォームできますよ。

1. 室内引き戸の種類とその名称

室内引き戸は、戸をレール上でスライドさせて開閉する扉のことです。引き戸には戸の開閉方法によって3種類が分かれています。ここでは各室内引き戸の違いをご紹介します。

  • ・片引き戸
  • ・引違い戸
  • ・引き込み戸

片引き戸

片引き戸

片引き戸は、戸を左右のどちらかへ壁を添わせてスライドさせる扉です。最も一般的な室内引き戸といえます。戸の枚数は1枚だけに限らず、2?3枚が連動してスライドするタイプのものもあります。

引違い戸

引違い戸

引違い戸は、2枚の室内引き戸を左右どちらにも開閉させられる扉です。左右どちらからでも行き来できるため、生活の動線を自由にレイアウトできます。設置の際は、戸を引き込むための壁が必要ありませんが、戸2枚分の開口スペースが必要になります。設置の際には、扉2枚分の費用がかかり、また、開口スペースを設けるための工事が必要になる可能性があります。

引き込み戸

引き込み戸

引き込み戸は、戸を壁のなかへ収納するタイプの扉です。開けると、戸が戸袋に収納されて見えなくなるので、見た目がすっきりします。引き込み戸にすれば、隣接する部屋をシームレスにつなぎ、ひとつながりの空間として演出することが可能です。引き込み戸は、戸袋設置のための壁の改修工事が必要になるため、工期が長く、費用も高額になる可能性があります。また、戸袋はゴミが溜まりやすく、掃除がしにくいという点もあるため押さえておきましょう。

>> 室内引き戸のメリット・デメリットを知るならこちらの記事へ!<<

2. 室内引き戸のレールの種類

室内引き戸は戸の開閉方法以外に、戸を動かすために必要なレールの設置方法によっても違いがあります。設置するレールには大きく分けて、次の2種類です。

レールタイプ

レールタイプ

レールタイプは、床に敷いたレール上で戸をスライドさせます。室内引き戸のなかでは一般的なタイプで、襖や押入れなどでよく見られるタイプです。最近ではレールと床の段差が小さく、フラットなものもあります。リクシルPATTOリフォームでも、引き戸はレールタイプをご用意しております。

>> レール方式の室内引き戸にリフォームするならリクシルPATTOリフォームをチェック<<

上吊りタイプ

上吊りタイプ

上吊りタイプは、天井・壁の上部にレールをつけ、戸を吊るしてスライドさせる室内引き戸です。床にレールがないため掃除がしやすく、つまずく心配がないなどのメリットがあります。車椅子での移動もスムーズになるので、バリアフリーにしたい方におすすめです。。

3. 室内引き戸のデザインの種類

室内引き戸の戸のデザインにはさまざまな種類があります。1枚パネルの戸以外にも、光を取り入れるガラスのついた採光タイプや換気口がついたものもあるので、部屋の用途にあわせて選びましょう。

室内引き戸のデザインの種類

リクシルPATTOリフォームでは、パネルの他に「採光用」「サニタリー用」のデザインをご用意。光を取り入れたいリビングや、風通しをよくしたい水回りなど、用途に合わせて戸のデザインを変えられます。

4. リクシルPATTOリフォームのおすすめ室内引き戸をご紹介!

ここではリクシルPATTOリフォームでおすすめの室内引き戸をご紹介いたします。

リクシルPATTOリフォームのおすすめ室内引き戸をご紹介!

リクシルPATTOリフォームの室内引き戸なら、壁を壊さず簡単にリフォームすることが可能です。枠が歪んでいたり、扉がスムーズに動かなかったりしても、調節機能付きの部品を使用しているので扉の開閉がスムーズになります。
室内引き戸の色は6種類あるので、部屋にマッチした最適なカラーが選べます。また、和室との間仕切りにも使えるよう、片面は襖調、片面は木目調の戸襖タイプもご用意しております。

リクシルPATTOリフォームの室内引き戸は施工費込みで以下の価格です。

  • 室内引き戸 … 約9~14万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2019年7月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

5. さまざまなデザイン・機能から室内引き戸を選ぶならリフォームするならリクシルPATTOリフォームへ!

室内引き戸には戸の種類やデザインなど、選ぶポイントがたくさんあります。生活環境や用途、インテリアに合わせて選びましょう。

リクシルでは手軽にリフォームができる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。
リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも交換の必要があるのかといったお悩みもお気軽にご相談ください。リクシルPATTOリフォームではお客様の用途にあうような室内引き戸の機能・デザインを複数ご用意しています。リクシルPATTOリフォームでの室内引き戸のリフォーム費用は以下の通りです。

室内引き戸 … 約9~14万円(*参考価格)

交換工事は最短1日~*で対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

※こちらの価格は、2019年7月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。