家の外観はどうやって決める?デザイン・窓・外壁の種類を解説!

2018.10.30 住まいづくり

マイホームの購入は、多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。長年住み続けられる理想的な家にするために、間取りはもちろん外観についても大いに迷ってしまいますよね?外観は家の印象を大きく左右する大切な要素であり、デザインだけでなく外壁の素材や色、窓の大きさなどさまざまなポイントが影響しています。今回は、家の外観を左右するポイントについて、種類や選び方などを詳しく解説していきます。記事を読めば、自分が理想とするマイホームのイメージがより明確になるでしょう。

目次

  1. 家の外観を決めるのはデザイン・窓・外壁
  2. 家の外観を決める「デザイン」の例
    1. 和風
    2. 和モダン
    3. 洋風
    4. 洋モダン
    5. シンプル
    6. シンプルモダン
  3. 家の外観を決める「窓」の種類と選ぶときのポイント
    1. 窓の種類
      1. 縦すべり窓
      2. 横すべり窓
      3. 引き違い窓
      4. FIX窓
    2. 窓を選ぶときのポイント
      1. 配置・バランス
      2. 採光・風通し
  4. 家の外観を決める「外壁」の種類と色による家全体のイメージ
    1. 外壁の種類
      1. 窯業サイディング
      2. 金属サイディング
      3. モルタル
      4. タイル
    2. 外壁の色による家のイメージ
      1. 白系の外壁
      2. 黒系の外壁
  5. 家の外観を決めるときの注意点
    1. 周囲との調和
    2. メンテナンス
    3. プライバシー・防犯
  6. 家の外観決めで失敗しないために!様々な角度から考えよう

1.家の外観を決めるのはデザイン・窓・外壁

家の外観は、主にデザインや窓、外壁によって印象が決定されます。たとえば、全く同じ間取りや築年数の家だったとしても、純和風の造りにするか、モダンでスタイリッシュな造りにするかで見る人の印象は大きく変わります。家を目にする人の第一印象を決める重要なポイントなので、外観を決める際は自分や家族の好みも含めてじっくり検討するようにしましょう。
ただし、どんな外観でも自由に選べるわけではありません。たとえば、窓は間取りとの兼ね合いもありますし、あまりに大きなサイズにすると家の耐震性に影響するおそれもあります。外壁は、暑さや寒さなどの住環境によって選べない種類もあるでしょう。家を建てる地域や間取りなど、総合的な面から外観を決めることが大切です。

2.家の外観を決める「デザイン」の例

実は、外観のデザインを今回は6種類に分けて紹介します。どんなデザインにするか、今回紹介する例を元に自由に考える参考にしていただければと思います。

2-1.和風

日本人として、「和風」の家が気になるという人も多いのではないでしょうか。和風の家とは、内装や外壁、設備や家具などに伝統的な「和」のデザインを取り入れた家のことです。田舎の家や町屋、和風旅館のようなイメージの家というと、わかりやすいでしょう。和風と認められる明確な定義はありませんが、切妻屋根を取り入れたタイプが多いです。切妻屋根は、屋根頂上部の「大棟」から両サイド下に向かって板が伸びている、一般的ななじみ深い形状をした屋根です。
また、和風の家は日本の気候や生活習慣に合わせて作られているため、開放的な造りになっているという特徴があります。昔ながらの雰囲気を醸し出す家なので、懐かしさや落ち着きを感じられるでしょう。

2-2.和モダン

伝統的な和風の家もよいけれど、現代の主流である欧米の生活スタイルにもマッチした外観にしたいという場合は「和モダン」がよいでしょう。
和モダンは、日本の伝統に現代的な建築技術を取り入れたシャープな印象の家です。木の質感を取り入れたり、寄棟屋根や切妻屋根にしたりするタイプが多いです。寄棟屋根は、屋根頂上部から4方向に板が傾斜した形状の屋根で、一般的な洋風住宅でもよく見かけます。伝統的な和風の家は、木材や土壁の風合いを活かした茶色っぽい外観が多いですが、和モダンは白や黒など複数の色をミックスしたケースも珍しくありません。外壁を一色だけで統一するのではなく、あえて異なる色を使ってアクセントをつけ、オシャレな印象にすることもできます。

2-3.洋風

まるで欧米に住んでいるかのように感じられる「洋風」の家も、憧れている人が多いでしょう。洋風とひと口にいっても、そのデザインは地域により実にさまざまです。代表的なものには、白く明るい外壁や屋根が印象的なフレンチスタイル、外壁から外側へせり出すように設置された出窓に代表されるアメリカンスタイルなどがあります。このほか、地中海沿岸の住宅デザインを取り入れた南欧スタイル、スウェーデンやデンマーク風の北欧スタイルなども人気が高いです。さらに、イギリスで多く見られる伝統的なブリティッシュスタイルは、まるで映画や絵本に出てくるようなかわいらしい雰囲気が魅力です。
外国の伝統的な家をお手本としているので、いろいろな国の例を見て好みの外観を探してみるとよいでしょう。

2-4.洋モダン

洋風の家はオシャレというイメージがあるかもしれませんが、デザインによってはトラディショナルな古さを感じてしまうものもあります。この点を解決したのが、「洋モダン」というデザインです。洋風の家をより現代的にアレンジしているのが特徴で、洋風の印象を残しつつもシャープな面を取り入れ、すっきりとした外観になります。いわゆる「外国の家」らしさが強すぎないので、日本の風景になじむ洋風の家が欲しい場合にぴったりです。

2-5.シンプル

どんな風景にも溶け込み、飽きずに長く愛用できるデザインを求めるなら、「シンプル」が最適です。その名の通り、よい意味で特徴や個性が少ない非常にあっさりした印象の家で、周囲の家から浮いたり、デザインの流行り廃りに左右されたりする心配もありません。
また、複雑な造りの部分がないため、メンテナンスが楽だというメリットもあります。自分たちだけでなく、家を受け継いだ子どもたちにとっても住みやすいデザインになるでしょう。

2-6.シンプルモダン

シンプルなデザインではあまりにもそっけない、という場合は「シンプルモダン」という選択肢もあります。シンプルモダンは、あっさりとした外観の家に、ところどころ現代的な要素を加えてオシャレな印象にしたデザインです。木材よりもガラスや金属など、無機質さを感じさせる素材を多く用いているのが特徴です。屋根は、平らな陸屋根だけでなく片側一方向にだけ傾斜した片流れ屋根になっているタイプも多く、箱のような印象になりがちなシンプルデザインの家に動きを持たせています。
全体的に直線的なデザインになっており、外壁は白や淡いトーンの色でまとめられているため、すっきりかつスタイリッシュな印象が強いです。

3.家の外観を決める「窓」の種類と選ぶときのポイント

外観の印象に大きく影響する要素のひとつに、「窓」もあります。窓とひと口にいっても、そのデザインやサイズは多種多様です。どこに窓を配置するか、どんな大きさや形状にするかによって印象はガラリと変わるため、慎重に選ばなければなりません。次は、窓の種類と選び方のポイントを詳しく見ていきましょう。

3-1.窓の種類

窓の種類は、主に「縦すべり窓」「横すべり窓」「引き違い窓」「FIX窓」の4つに分けられます。それぞれ見た目だけでなくメリットやデメリットなどの特徴も異なるため、自分の希望にマッチした種類を正しく選ぶことが大切です。

3-1-1.縦すべり窓

縦すべり窓は、ドアのように縦のラインを軸に押し出したり引き込んだりして開閉するタイプの窓です。欧米の家ではポピュラーな種類の窓で、壁と窓が最大で90度にまで開くものが多く、開口面積が広くなって風通しが非常によくなります。同じ壁面に2つの縦すべり窓を設置する場合、右側の窓は左側のライン、左側の窓は右側のラインにそれぞれ吊元をもってきましょう。こうすると、風上の窓から入った風が室内をぐるりと回り、ガラスに遮られることなく風下へ出ていきやすくなります。また、細長い形状をした縦すべり窓は出入口としては狭いため、防犯面でもメリットがあります。壁面の広さに合わせ、複数の縦すべり窓をバランスよく配置するとオシャレな印象になるでしょう。

3-1-2.横すべり窓

横すべり窓は、上下の水平ラインを軸として軸として開閉するタイプの窓です。一般的には、上部に軸があって下部を外側に押し出す形状が多く、室内に雨粒などが入りにくいというメリットがあります。開口部が下向きになるため、壁の高い位置に設置すれば外から室内がほとんど見えず、視線が気になりません。お隣さんと窓の位置がバッティングしてしまったり、雨やほこりなどを防ぎたかったりする場合には最適です。また、視線隠しのためにカーテンを取り付ける必要がないので、効率のよい採光が可能です。チェーンや電動で開閉できるため、手の届かない高所にも問題なく設置できます。同じデザインの横すべり窓をバランスよく複数設置すると、洗練された印象の外観になるでしょう。

3-1-3.引き違い窓

引き違い窓は、日本の建物にもっとも多く用いられているポピュラーなタイプの窓です。家に限らず学校などさまざまな施設にも使用されているため、多くの人が一度は使った経験があるでしょう。左右に設置された窓をスライドさせて開閉するのが特徴で、どちらからでも好きな幅だけ窓を開けられます。また、サイズバリエーションも非常に豊富で、小窓から人が出入りできるような大きな窓まで自由自在です。さらに、窓を開けたときに奥行きが出ないため、面格子やシャッターなどを設置できるのも魅力です。
ただ、引き違い窓はどうしても気密性に劣ってしまうため、すきま風が入り込むこともあります。また、窓を開けると視線を遮るものがなくなるため、目隠しをしたい場合はカーテンなどを設置しなければなりません。このほか、窓の脇を通り過ぎる風を室内に引き込むのが苦手なので、風が正面から吹いているとき以外は風通しが悪くなることもあります。引き違い窓を選びたい場合は、これらの点もしっかり理解しておくことが大切です。

3-1-4.FIX窓

FIX窓は、壁に直接ガラスがはめ込まれたタイプの窓です。上下左右すべてのラインが壁と接着されているため、開閉することはできません。主に採光や眺望を目的としており、天井や壁の高い位置に設置されるケースが多いです。サイズバリエーションも豊富で、壁をほとんど窓にしてしまうような思い切ったデザインも可能です。大きなFIX窓は、外から見ると非常にスッキリとした印象になります。形状も、一般的な四角だけに限らず、丸型や台形などもあるため、外観のデザインに合わせて選ぶことができます。ベランダや庭に面した壁をFIX窓にしたい場合は、出入りできるテラスドアなどと組み合わせて設置するとよいでしょう。

3-2.窓を選ぶときのポイント

種類やデザインだけで窓を選ぶと、実際に暮らしはじめてから不便なところが見つかり、後悔してしまうこともあります。それを避けるためにも、どんなポイントに注目して窓を選べばよいのか具体的に解説していきます。

3-2-1.配置・バランス

窓を選ぶうえで、まず注目したいのが「配置とバランス」です。間取りや内装のみに合わせて窓の種類や配置を決めてしまうと、外から家全体を見たときにまとまりのない印象になることがあります。生活しやすい配置にするのも大切ですが、家の第一印象にもなる外観に気を配ることも大切です。外観全体を考え、窓の種類や位置をバランスよく組み合わせていきましょう。
基本となるのは、「外壁の広さに対して窓の大きさや数を決める」「窓のラインをそろえる」ということです。狭い外壁に大きな窓や複数の窓を設置したり、窓ごとの上下左右のラインを無視して設置したりすると、ごちゃごちゃとした雑な印象になってしまうので注意しましょう。ただ、あえて不規則に窓を設置してアンバランスなオシャレ感を演出する方法もあります。この場合は、不規則に見えて実は計算されつくした配置が必要になるので、ハウスメーカーやデザイナーとよく相談するようにしましょう。

3-2-2.採光・風通し

窓の重要な役割である、「採光と風通し」にも注目しましょう。風が家の脇を吹き抜ける場合、開いた縦すべり窓がウインドキャッチャーの役割を果たします。引き違い窓と比較し、約10倍もの通風量を確保できる場合もあるため、通気性は抜群です。人があまり出入りしない部屋は通気性が悪くなりがちなので、使い勝手を考えて縦すべり窓を並べて配置するとよいでしょう。ただ、窓の正面から吹く風であれば引き違い窓でも通風量は十分得られます。このとき、窓の対角線上の壁にもう一つ窓を設置すれば、風が吹き抜けるようになるのでより効果的です。
採光を重視したい部屋では、できるだけ高い位置にFIX窓を取り付けましょう。光が入りやすくなるのはもちろん、シンプルなはめ込み窓なので見た目もスッキリします。

4.家の外観を決める「外壁」の種類と色による家全体のイメージ

家の外観において、もっとも大きな印象を与えるのが「外壁」です。外壁は外観の中でもパッと目に付きやすいため、どんな外壁にするかで家の印象が大きく変わります。外壁は主に素材の種類と色によって見た目が左右されるのですが、そのバリエーションは実に多彩です。どれを選ぶとどんな印象になるのか、それぞれ見ていきましょう。

4-1.外壁の種類

まずは、外壁を形作る素材の種類を紹介していきます。外壁は外観の第一印象を左右するだけでなく、風雨や日差しから家を守るという大切な役目も担っています。何十年も使い続けることになるため、種類ごとの特徴を知って正しく選びましょう。

4-1-1.窯業サイディング

外壁で用いられる人気の種類としては、「窯業サイディング」が挙げられます。窯業サイディングは、セメントに繊維質の原料を混ぜ合わせて作られた素材で、耐熱性や耐火性に優れていながら重量が軽いという点が魅力です。窯業サイディングより軽い外壁素材もあるにはありますが、耐熱性などのメリットを考えるとやはり窯業サイディングには及びません。あらかじめ作られた型に流し込んで制作するため、品質が均一化されていて安心ですし、デザインやカラーバリエーションも豊富です。北欧風の明るくかわいらしい雰囲気から、モノトーンのモダンな雰囲気までさまざまな印象の外観に仕上げることができます。また、ひとつのパーツが大きくないため、部分的に損傷しても補修がしやすいというメンテナンス面での魅力も大きいです。

4-1-2.金属サイディング

「金属サイディング」は、柄のついた金属板と断熱効果のある裏打ち材を組み合わせて作られた素材で、軽量かつ断熱効果に優れているのが特徴です。製造ラインが確立されており、工場生産となるので仕上がりが均一で塗装仕上げも必要ありません。金属でできているため、ほかの素材と違ってひび割れや凍結するリスクが少なく、寒冷地でも安心して使うことができます。また、表面を焼き付け加工しているため、窯業サイディングと比較するとメンテナンスの手間がかかりにくいです。金属ならではのシャープな雰囲気の外観になるため、よりスタイリッシュな外観にしたい場合は最適です。ナチュラルな印象にしたい場合は、木材デザインの金属サイディングを選ぶとよいでしょう。ただ、表面はあくまでも薄い金属板なので、衝撃による凹みができやすい点には注意しなければなりません。

4-1-3.モルタル

「モルタル」は、セメントと砂、水を混ぜたものを金網の上に塗りつけた素材です。窯業サイディングに次いで用いられることの多い素材で、塗り方次第でさまざまなデザインにすることができます。模様をつけたり、お気に入りの素材を埋め込んだりすることも可能なので、遊び心のある個性的な外観に仕上げられます。つなぎ目がなく土壁のような雰囲気も出せるので、和風の家との相性も抜群です。ただ、左官職人がコテで丁寧に塗装しなければならないため、手間と工期がかかりがちです。また、素材から水分が蒸発すると乾燥してひび割れることがあります。大きなひび割れになると修繕が必要になるので、長期的な点検とメンテナンスが欠かせません。

4-1-4.タイル

「タイル」は、長石や石英などを砕いてから板状に焼き上げて作った素材です。主に陶器質やせっ器質、磁器質の3種類に分けられ、それぞれの素材ごとに豊富なデザインが存在します。素材を焼き固めたタイルには独特の風合いがあり、窯業サイディングでは表せない高級感のある外観に仕上がります。タイルの種類によってさまざまな印象に変化させられるので、選ぶ楽しさもあるでしょう。無機質の素材が原材料となっているため、劣化する心配がありません。耐水性や耐火性に非常に優れており、カビや汚れも付きにくいためメンテナンスもほとんど不要です。初期費用は高くなりがちですが、長期間にわたってメンテナンスの手間と費用があまりかからないというのは大きな魅力です。ただし、タイルが欠けたり割れたりした場合は、タイルを交換する必要があります。

4-2.外壁の色による家のイメージ

外壁は、素材だけでなく色によってもイメージが大きく変わります。どんなにオシャレなデザインの家を建てたとしても、色選びを間違えると残念な印象になってしまうこともあるのです。後悔しない外観にするために、色選びも慎重に行わなければなりません。外壁の色によってどのようにイメージが変わるのか、代表的な色である黒と白を例として解説してみましょう。

4-2-1.白系の外壁

ほとんどの外壁が白で塗装された家は、清潔感があるモダンな印象になります。光を反射させる作用もあるため、自宅や周辺が明るい雰囲気になるでしょう。存在を主張しすぎることのない白は、ガーデニングやインテリアとの相性もよく、膨張色でもあるため家を大きく開放的に見せる効果もあります。どんなテイストの家にもなじみやすく、ベージュとともに人気が高い色です。ただ、白は新築から何年も経つとカビや汚れなどが目立つようになってしまいます。定期的な洗浄のほか、汚れがひどくなれば塗装のやり直しが必要になることもあります。長期的なメンテナンスが欠かせないため、その手間やコストも考えておくようにしましょう。

4-2-2.黒系の外壁

黒い色にすると、重厚感があって落ち着いた印象の家になります。格調高くクールな印象にもなり、大人っぽい洗練された外観にしたい場合にピッタリです。黒だけだとシックすぎるという場合は、白や木材、赤などの差し色をワンポイントで取り入れてみましょう。こうすることで、大人っぽい雰囲気の中に遊び心を持たせることができます。取り入れる色や組み合わせにより、爽やか、やわらかい、ポップなどさまざまな印象に仕上げられるので個性的な外観になるでしょう。ただし、黒は紫外線を吸収しやすい性質があり、日光を集めて室内の温度を上げてしまう可能性があります。夏場は特につらい環境になるおそれもあるため、品質のよい断熱材や遮熱材を用いて温度管理に注意することが大切です。

5.家の外観を決めるときの注意点

マイホームは自分たちのものなので、もちろん自分たちの好きなようにデザインして構いません。しかし、あまりに凝った外観にするとさまざまな問題が起きるおそれもあります。外観を決めるときは、好み以外にも注意したいポイントがあるのです。快適な生活を送るためにどんな点に注意すればよいのか、具体的に解説していきます。

5-1.周囲との調和

マイホームを建てる土地として、住宅街を選ぶ人も多いでしょう。周囲にあまり家がない土地なら外観が問題になる可能性は低いですが、住宅街ではそうとも限りません。家と家が非常に近く建てられているケースも多く、個性的すぎる外観だと周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。たとえば、淡い色の外壁が多い住宅街の中で、はっきりとしたビビッドカラーの外壁にするとどうなるでしょうか。周囲から悪目立ちしてしまい、ご近所さんたちを落ち着かない気分にさせてしまう可能性があります。このため、住宅街に家を建てる場合は特に注意し、周囲の家との調和も考える必要があるのです。自分の好きな外観にしたい気持ちもあるでしょうが、その土地に長く住むことを考え、周囲と穏やかな関係を築いておくことも大切です。

5-2.メンテナンス

家は、完成すれば終わりではありません。むしろ、完成して住み始めてからが本当のスタートだといえます。何十年も住み続けることになる家は、年月の経過とともに劣化していきます。外壁の塗装や補修をはじめ、さまざまなメンテナンスが必要です。家を建てるときは、建築費用や土地購入費用だけでなく、将来的にかかるメンテナンス費用まで考えて材料やデザインを選ぶことが欠かせません。面積の広い外壁や屋根は、部分的な補修ができる素材か、定期的なメンテナンスが必要なのかなども考えて選びましょう。たとえ、初期費用が高くても、将来のメンテナンスがほとんど必要なければトータルコストは安く済ませられる場合もあります。

5-3.プライバシー・防犯

外観のひとつである窓の配置を考えるとき、外からの視線も意識することも大切です。デザインを重視して配置を決めてしまうと、外から室内が丸見えになってしまう可能性もあります。いくらお気に入りの外観でも、常に視線を感じながら生活するのはストレスがたまってしまうでしょう。「室内が見えないように塀や生け垣を作ればよい」と思うかもしれませんが、外からまったく見えないようにしてしまうと、かえって防犯上よくありません。塀の中に入ってしまえば、そこで何をしていても外から見えなくなってしまいます。空き巣がうろうろしていたとしても、誰にも気づかれず被害に遭ってしまうかもしれません。プライバシーと防犯、両面をバランスよく考えて配置を決めるようにしましょう。

6.家の外観決めで失敗しないために!様々な角度から考えよう

家の外観を決める要素は、このように数多くあります。デザインはもちろん、外壁や窓なども外観のイメージに大きく影響するのでよく考えて選ばなくてはなりません。外壁は面積が広いため家のイメージに直結しやすいですし、窓はオシャレさを感じさせるだけでなく、採光や風通しの面でも重要なものです。全体のバランスや印象、防犯性やプライバシーなどさまざまな面を考える必要があるため、使い勝手や見た目だけで選ぶのはやめましょう。マイホームの購入は大きな買い物であり、一度完成すると簡単にやり直すこともできません。自分や家族が心地よく暮らせる外観や間取りを考えて、希望に合ったデザインなどを見極めて建てることが大切です。

この記事の関連キーワード