2019.1.31

西海岸をイメージ!開放感あふれるカリフォルニアスタイルの家に住もう

住まいづくり
西海岸をイメージ!開放感あふれるカリフォルニアスタイルの家に住もう

目次

  1. カリフォルニアスタイルの家づくりのために押さえておきたいポイント
  2. 空間別に見る!カリフォルニアスタイルのコーディネート事例
  3. カリフォルニアスタイルを取り入れた家づくりで快適な暮らしを

カリフォルニアスタイルの家づくりのために押さえておきたいポイント

カリフォルニアスタイルの家に近づけるためには、漠然としたイメージだけでなく、外観や内装、収納などを実際にどのようなものにするかポイントを押さえる必要があります。次から、押さえておくべきポイントをいくつか紹介します。

西海岸のリゾートを連想させる開放感のある部屋づくり

西海岸のリゾートを連想させる開放感のある部屋づくり

マカリフォルニアスタイルを構築するには、アメリカ西海岸の雰囲気やリゾートを連想させるような居住空間づくりをしなければいけません。カリフォルニアスタイルは、別名「西海岸スタイル」や「ビーチスタイル」ともいわれています。まるで西海岸のビーチ近辺に住んでいるような、解放感のある部屋を目指すのがポイントです。そのためには、いろいろな物を配置した狭い部屋では、解放的な気分にはなれません。広い空間をつくるための十分な収納を用意することが重要です。

外観や内装・収納にヴィンテージ感のある木の素材を使用

外観や内装・収納にヴィンテージ感のある木の素材を使用

カリフォルニアスタイルは、全体的にナチュラルなヴィンテージ感が特徴です。加工されたもので囲まれた空間は、西海岸の開放的な雰囲気を演出することは難しいといえます。ヴィンテージ感を出すには、部屋やテラス、収納などは、木材を使用したもので統一することです。ツヤのあるフローリングの部屋よりも、素材感があり、使い込まれた感じのする古材を使うと、味のある空間をつくることできます。決して高級感を狙わずに、ナチュラルな感じにまとめることがポイントです。

海や空を連想させる青や白を基調色としたインテリア

海や空を連想させる青や白を基調色としたインテリア

カリフォルニアのイメージといえば、澄みきった青空とその下に広がるきれいな海です。カリフォルニアと聞いて、無限に広がる真っ青な大空を想像する人も多いことでしょう。カリフォルニアスタイルのインテリアは、広い海や空を連想させる青と白をメインにまとめるのがポイントです。青や白は、爽やかな存在感でありながら、主張し過ぎない色とされています。そのため、青や白のインテリアは、どのような部屋に置いても違和感のないものです。カリフォルニアスタイルの家に使用される木材などと相性も抜群なのが、青や白のインテリアなのです。

空間別に見る!カリフォルニアスタイルのコーディネート事例

カリフォルニアスタイルは西海岸の開放的なイメージがあり、それを表現するコーディネートにもいくつかの種類があります。では、カリフォルニアスタイルのコーディネートは、具体的にどのような事例があるのでしょうか。

LIVING&DINING

LIVING&DINING

食堂と台所が一体となったリビングダイニングは、家族や友達が集まる居心地の良い場所といわれています。和みの空間であるリビングダイニングも、カリフォルニアスタイル風にアレンジすれば、より心地よい空間へと変化します。次から、リビングダイニングのコーディネート事例を紹介します。

間仕切りをなくし広々とした空間に仕上げたリビングダイニング

間仕切りをなくし広々とした空間に仕上げたリビングダイニング

カリフォルニアスタイルにおけるリビングダイニングは、仕切りがないことが多いのが特徴です。仕切りをなくすことによって開放的な大空間を演出できます。また、カリフォルニアスタイルの定番といわれるのが、カバードポーチです。晴れた日にカバードポーチに立てば、気分は爽快です。そして、カバードポーチと広々としたリビングダイニングは相性が良いとされています。リビングダイニングの窓を開け放つことによって、窓の向こうに続くカバードポーチとの一体感が生まれ、実際の面積以上の広がりを感じさせる効果を生み出すのです。

解放感と心地よさを演出する吹き抜けがあるリビング

解放感と心地よさを演出する吹き抜けがあるリビング

居住空間を広げる住居のつくりといえば、1階の天井を設けずに1・2階の空間を連動させる吹き抜けです。1階から見上げる天井が高いほど、解放感あふれる心地よさを与えることができます。また、吹き抜けにすることにより、陽射しをより多く取り込めるので、住まい全体が明るくなりカリフォルニアスタイルならではの気持ち良さを味わうことができるのです。また、天井にあるレッドシダーも効果的なアクセントとなり、西海岸的な気分をさらに高めてくれます。

2ND FLOOR

2ND FLOOR

セカンドフロアは、主寝室、キッズルーム、自由な空間であるフリースペースなどがあります。それらは、どのようなコーディネートをすることでカリフォルニアスタイルとなるのでしょうか。それぞれのコーディネート事例を紹介します。

光と風を存分に感じられる天窓がある主寝室

光と風を存分に感じられる天窓がある主寝室

人の生活には心地よい質の高い睡眠が欠かせません。カリフォルニアスタイルであれば、自然の営みである陽の光と涼しげな風を存分に取り込み、健やかな就寝時間を獲得することができます。主寝室には、多くの日光を取り込むカリフォルニアスタイルの天窓がふさわしいといえるでしょう。朝、眩しい朝日を浴びながら爽やかに起床時間を迎えると、西海岸にいるような気分を味わえます。また、天窓があれば、それだけで空間が広がる気分になり、主寝室にいるだけでのびのびとしたくつろぎの時間が楽しめます。

機能性とデザイン性を兼ね備えた上げ下げ窓があるキッズルーム

機能性とデザイン性を兼ね備えた上げ下げ窓があるキッズルーム

アメリカナイズされたカリフォルニアスタイルのキッズルームは、日本式とは違い機能性に富んだシンプルなデザインで、なおかつスタイリッシュにまとまっているのが特徴です。キッズルームは、上げ下げ窓を設置すると西海岸風のおしゃれで快適な部屋となります。上げ下げ窓はおしゃれなだけでなく、気密性や防犯性にも優れている機能性の高さも兼ね備えています。冬でも暖かく過ごせて、防犯になるため、子供たちも安心して過ごすことができるのです。

ソファとしても使用できるデイベッドが置いたフリースペース

ソファとしても使用できるデイベッドが置いたフリースペース

セカンドフロアにあるフリースペースは、吹き抜けを通じて1階の様子も見渡せる空間です。吹き抜けもあるために、カリフォルニアスタイル特有のゆったりとした空間をつくることができます。このようなフリースペースにふさわしいアイテムなのが、デイベッドです。デイベッドはソファとベッドの機能を兼ね備えたもので、多目的要素の強いフリースペースにはぴったりのアイテムといえるでしょう。また、おしゃれなフォルムと機能性を両立しているデイベッドは、カリフォルニアスタイルをより際立たせます。

KITCHEN

KITCHEN

木を主体としたインテリアが多いカリフォルニアスタイルでは、キッチンもあたたかさのあるデザインが好ましいです。カリフォルニアスタイルのキッチンに使用される木材、タイル、収納スペースはどのようなものがふさわしいといえるでしょうか。

調理台や収納棚にも木の温もりが感じられるキッチン

調理台や収納棚にも木の温もりが感じられるキッチン

カリフォルニアスタイルのキッチンは、調理台や収納をヴィンテージ感のある木材や古材などを使用して、ウッディなデザインで統一するのが良いでしょう。キッチンの手前に壁をつくり手元を隠すのが通常のスタイルですが、あえて壁を付けずにキッチン前面の木材を強調させます。キッチンとしての機能性だけでなく、インテリアのような効果も発揮させるのがカリフォルニアスタイルなのです。木材や古材をアピールすることで、ナチュラルな魅力を際立たせます。

コットセメント調タイル使用のヴィンテージ感のあるキッチン

コットセメント調タイル使用のヴィンテージ感のあるキッチン

カリフォルニアスタイルのキッチンで重要なのが、床や壁などに使用するタイルです。このスタイルの場合、コットセメント調などのトラディショナルでヴィンテージ感のあるタイルを選ぶことで、カリフォルニアスタイルの雰囲気をつくることができます。タイルは、防水加工がほどこされ掃除がしやすいもの、脱臭作用のあるものなどの機能性も高いものを選ぶと、キッチンの使用がより快適になります。床や壁は別のデザインにしたり、すべて同じタイルで統一したりと好みのコーディネートをしましょう。

広い空間作りには欠かせない多くの食材を保管できるパントリー

広い空間作りには欠かせない多くの食材を保管できるパントリー

カリフォルニアスタイルのキッチンは広々としているのが特徴です。そのようなキッチンの広い空間にはパントリーが必須とされています。パントリーとは食材や食品、食器などを置く1〜1.5畳ほどの小部屋です。パントリーがあれば、多くの食材の保管・収納が可能で、ものを探す手間も省けます。パントリーがあればキッチンに余計なものを置くこともないので、キッチンの機能性がより上がります。キッチンのいたるところに物がごちゃごちゃと置かれていては、カリフォルニアスタイルとはいえません。パントリーを設置することで、広々としたカリフォルニアスタイルが実現するのです。

ENTRANCE&EXTERIOR

ENTRANCE&EXTERIOR

カリフォルニアスタイルは、実際の居住空間である室内だけにこだわっていてはいけません。家の入り口である玄関、そして、外観にも気を配ることが必要です。玄関や外観のコーディネートは、具体的にどのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。

優しい光を灯すマリンライトが合うカリフォルニアスタイルの外観

優しい光を灯すマリンライトが合うカリフォルニアスタイルの外観

住居がカリフォルニアスタイル風であれば、外を歩く通行人も「この家の住民はどんな生活をしているのだろう」と思わず足を止めてしまいます。そんな見ず知らずの人の憧れの視線を集めてしまう外観は、カリフォルニアスタイルでは室内と同じくらい重要な要素なのです。このスタイルの外灯は、優しい光を灯すマリンライトが似合います。マリンテイストあふれるマリンライトは、配置するだけで海岸沿いに建てられた家のような雰囲気を演出できるのです。

安らぎを与えてくれるブランコベンチのあるカバードポーチ

安らぎを与えてくれるブランコベンチのあるカバードポーチ

カリフォルニアスタイルでよく見かけるのがカバードポーチです。晴れた日に家族や友人が集って楽しい時間を過ごすために、カバードポーチはカリフォルニアスタイルにおいて欠かせない場所といえます。この場所があるだけでカリフォルニアスタイル的な雰囲気をつくることができますが、さらにブランコベンチを配置することで西海岸風の家を表現することができます。子供たちはもちろん、大人が使用しても楽しいのがブランコベンチというアイテムなのです。

庭の存在を近くに感じることができる広々としたウッドデッキ

安らぎを与えてくれるブランコベンチのあるカバードポーチ

部屋と庭をつなぐスペースがウッドデッキです。あまり重要視されないことのあるウッドデッキですが、この場所があることで、庭の存在がより近く感じられる効果があります。ウッドデッキにこだわることによって、カリフォルニアスタイルのナチュラルでヴィンテージ感を出すことができるでしょう。ウッドデッキの素材は天然木材だけでなく、人口木材もよく使用されます。この素材はメンテナンスがしやすく耐久性もあるのが特徴です。

BATHROOM&TOILET

バスルームとトイレも、カリフォルニアスタイルにすることによって、快適で心地よい生活を送ることができます。カリフォルニアスタイルにこだわったバスルームとトイレのコーディネートについて、次から紹介します。

アフターサーフの疲れを癒すゆったりとしたユニットバス

アフターサーフの疲れを癒すゆったりとしたユニットバス

西海岸の住居では、サーフィンや海水浴を楽しんだあと、疲れた身体を癒すためにゆったりとしたデザインとなっているのが特徴です。ユニットバスであっても、広々として使いやすいデザインとなっています。肩へお湯を流してくれる肩湯、天井から垂直にお湯が落ちて身体に浴びる打たせ湯など、さまざまな設備が用意されていれば、身体だけでなく心も癒すことができるでしょう。

外シャワーの後にそのままバスルームへ入れる便利な2ウェイドア

外シャワーの後にそのままバスルームへ入れる便利な2ウェイドア

もし、本場の西海岸同様に海のそばで生活を送りたい場合、便利なのが2ウェイドアです。2ウェイドアは、室内のバスルームではなく外にシャワーが設置されています。海で遊んできたあとに外でシャワーを浴びて、そのまま隣接されたバスルームへ入れるという仕組みです。この設備があれば、海水浴やサーフィンを存分に楽しんだあと、身体についた塩水や砂をシャワーで洗い流すことができます。

大きな窓とゆとりある飾り棚で明るく開放的なトイレ

大きな窓とゆとりある飾り棚で明るく開放的なトイレ

カリフォルニアスタイルのトイレは、無駄なテイストを排除してシンプルなデザインにすることで、広々とした空間をつくっているのが特徴です。大きめの窓や飾り棚を設置することで、明るく開放的な空間ができあがります。

CONFORTABLEPARTS

CONFORTABLEPARTS

室内、外観なども重要ですが、カリフォルニアスタイルでは付属品のコーディネートにも気を配ることが大事です。クローゼットや洗面台について紹介します。

広々とした空間をつくる高い収納力を備えたクローゼット

広々とした空間をつくる高い収納力を備えたクローゼット

カリフォルニアスタイルの広々とした部屋にするためには、余計なものをあちこちに放置せずにしっかりと収納することが必要です。そのため、部屋には大きめのウォーキングクローゼットがあると便利です。玄関わきにはシューズクローゼットを設置することで、玄関がすっきりとして使いやすくなります。

白を基調色としたシンプルで清潔感のある洗面台

広々とした空間をつくる高い収納力を備えたクローゼット

洗面台は、カリフォルニアスタイルのイメージカラーのひとつといってもいい白を基調色とした洗面台にすることで清潔感が出ます。壁のタイルも白にすることで明るく爽やかな感じになります。

カリフォルニアスタイルを取り入れた家づくりで快適な暮らしを

カリフォルニアスタイルを取り入れた家づくりで快適な暮らしを

カリフォルニアスタイルを取り入れた住居空間は、広々とした解放感と爽やかな雰囲気が特色です。細部にまでこだわりを見せることで、和風にはないスタイリッシュで快適な空間をつくることができます。カリフォルニアスタイルのエッセンスとはどのようなものであるのか、しっかりと把握して家の作りやインテリアに取り入れ、リゾート感あふれる快適な暮らしをしてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連キーワード