2019.3.18

キッチンカウンターのレイアウト実例!我が家に最適なタイプは?

住まいづくり

住宅設計に際しては、キッチンをどこに配置するかが大きな課題になります。また、使い勝手の良いキッチンカウンターのレイアウト方法を知ることも大切です。ここでは、キッチンカウンターの基本情報をはじめ、キッチンスペース別のレイアウトの実例を紹介します。使いやすいレイアウトのためのポイントもあわせて紹介しますので、新築やリフォームの参考にしてください。

目次

  1. キッチンカウンターとは?用途の目的やレイアウトの特徴
  2. キッチンカウンターの種類や形は?形状別の特徴をチェック
  3. 新築やリフォームの参考に!キッチンカウンターのレイアウト実例
  4. 使いやすいキッチンカウンター!快適なレイアウトを作るポイント
  5. 使いやすさ重視!レイアウトを考えてキッチンカウンターを選ぼう

1.キッチンカウンターとは?用途の目的やレイアウトの特徴

キッチンカウンターとは

キッチンカウンターとは、キッチンとダイニングとの仕切りを兼ねた台のことで、細長い形をしています。対面式の場合、作業台がダイニングのほうを向いているため、ダイニングルームにいる家族と話をしながら料理作りができるメリットが大きいです。さらに、料理の受け渡しとして使える、食事スペースとしても活用できるなどでも重宝されています。このように、いろいろな用途や目的に使用できることが、キッチンカウンターの大きな特徴です。システムキッチンの種類やレイアウトを意識することで、家族のニーズに合わせた空間作りをすると良いでしょう。

2.キッチンカウンターの種類や形は?形状別の特徴をチェック

キッチンカウンターを兼ね備えたシステムキッチンにはいくつかの種類があるため、キッチンの配置を考える際はスタイル別の特徴を把握することが大切です。この段落では、システムキッチンの種類やレイアウトについて紹介していきます。

カウンター式キッチン

カウンター式キッチン

カウンター式キッチンの大きな特徴は、キッチンとダイニングの間にカウンター(腰壁)が設置されている点です。飲食店のカウンターをイメージすればわかりやすいかもしれません。カウンター式キッチンのなかでも、Ⅰ型やL型は代表的なタイプです。ここでは、カウンター式キッチンのⅠ型とL型が持っている特徴や違いについて詳細を紹介します。

Ⅰ型キッチン

Ⅰ型キッチンとは、コンロからシンクまでが横一直線に並んでいるタイプのキッチンで、住宅で最も使われるタイプです。キッチンの前にカウンターがあり、ダイニングやリビングを見渡せるメリットがあります。一方、フルオープン式キッチンほどキッチンの中が丸見えにはなりません。カウンターによって、洗剤やまな板などの調理器具を隠せるため、ダイニングやリビング側からはすっきりした印象になります。ちなみにカウンターの高さは、キッチンに置く物の高さに合わせるほか、使い勝手を意識して決めると良いでしょう。また、カウンターの一部に凹みを作ることで、調味料置き場などに活用できるなどの工夫もできます。

L型キッチン

L字型キッチンは、コンロからシンクまでがL字型に並んでいるタイプのキッチンです。Ⅰ型キッチンよりも作業スペースが広く、スペース内の移動がスムーズにできるため重宝されます。キッチンの前にはカウンターがあり、ダイニングやリビングに面した部分では手元を隠すことができます。しかし、斜めから見るとキッチンの中が見えることが考えられます。また、L字型キッチンのコーナー部分はデッドスペースになるため、収納として活用しにくいことも少なくありません。さらに、L字型キッチンは場所を取ることや、冷蔵庫などを近くに置きにくいなどの点も把握しておきましょう。

フルオープン式キッチン

フルオープン式キッチン

フルオープン式キッチンとは、カウンター式キッチンと同じく、キッチンとダイニングの間にカウンターが設けられたタイプのキッチンを意味します。ただし、キッチンの前に壁がありません。これが、フルオープン式キッチンならではの特徴といえるでしょう。ちなみに、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンは、フルオープン式キッチンに該当します。ここでは、アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの持つ特徴や違いについて詳細を紹介します。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、アイランド(島)の名前が示すとおり、キッチンが壁に接することなく、島のように独立したタイプのキッチンです。学校の調理実習室をイメージするとよいかもしれません。作業台が広いため、ダイニングやリビング側からはカウンターとして使うことも可能です。また、キッチンの前に壁がないため、キッチンまわりを自由に使える、移動しやすくて物が取りやすいなどでも注目されます。一方、アイランドキッチンの導入には広いスペースを要するほか、キッチンが丸見えになることも念頭に置いておきましょう。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは左右のどちらか一方が壁に付いている点が大きな特徴です。ペニンシュラには「半島」の意味があるため、ペニンシュラキッチンをイメージしやすいかもしれません。アイランド型に比べると、キッチンまわりは自由に使いにくいですが、設置できる空間の制約が減るため、多くの家に導入しやすくなります。また、壁に面した場所にコンロを設置することから、アイランドキッチンよりも油ハネや汚れが気になりにくいこともメリットです。さらに、アイランドキッチンと同じく、作業台をカウンターのように使用できます。ただし、手元が丸見えになるという点ではアイランドキッチンと変わりません。

3.新築やリフォームの参考に!キッチンカウンターのレイアウト実例

新築やリフォームの参考に!キッチンカウンターのレイアウト実例

キッチンカウンターを配置するときは、キッチンまわりのスペースを把握することが大切です。これまでは、キッチンカウンターの機能を兼ね備えたシステムキッチンの特徴や種類にスポットを当てて紹介しました。ここからは、新築やリフォームの参考にできる、キッチンまわりのスペースや、要望に合ったおすすめのレイアウトについて紹介します。

スペースが広いとき

キッチンスペースを広く取れるときは、アイランドキッチンの導入が最適です。アイランドキッチンを置いてもキッチンまわりが広いため、空間に圧迫感がありません。また、キッチンカウンター周りは360度自由に行き来できるので、使い勝手が良くて便利です。作業スペース側にイスを置いて食事をするなど、テーブル代わりとしても活用できます。さらに、料理を作りながら家族とコミュニケーションが取れることや、みんなで料理ができるメリットでも注目されています。

スペースが狭いとき

キッチンの面積や横幅が狭いときは、限られたスペースを有効活用する方法があります。システムキッチンを組み合わせることも選択肢の一つ。この実例では、換気扇ダクトの設置場所との関係上、2列型のペニンシュラキッチンを採用した点が大きな特徴です。また、キッチンカウンターにL字型のテーブルを配置することによって、スペースを有効に活用しています。さらに、シンク側に吊戸を付けないためすっきりできるほか、リビングが見渡せるなどのメリットもあります。

スペースが細長いとき

スペースが細長いとき

キッチンスペースはもちろん、リビングやダイニングまでが細長いときは、Ⅰ型キッチンの導入がおすすめです。Ⅰ型キッチンは左右の幅がありますが、設置場所を取りにくいため、どのような住宅にも合わせやすいメリットで注目されます。キッチンカウンター側には収納スペースを設置するほか、食事ができるカウンターにしたりするのも良いでしょう。キッチンカウンターの高さや凹みを活用する方法もあります。この実例では、キッチンカウンターを高めにしたうえで、キッチン側に調味入れのニッチ収納を作っています。

キッチンを隠したいとき

キッチンをオープンにする人がいる一方、キッチンを隠したい人もいるでしょう。キッチンの中や手元を見せたくないときは、腰壁を高めにしたキッチンカウンターがおすすめです。料理の受け渡しなどができる高さを目安にするとよいでしょう。この実例で採用したのはペニンシュラキッチン。換気扇側の壁と腰壁を同一素材で一体化させることで、すっきり見せています。また、ダイニングのほうもシンプルな配色で統一感があります。

4.使いやすいキッチンカウンター!快適なレイアウトを作るポイント

使いやすいキッチンカウンター

キッチンカウンターのレイアウトを作るときは、快適さを意識することが大事なポイントです。システムキッチンの決定に際しては、料理作りに最低限必要なスペースを確保したうえで、日常的にキッチンを利用する人数や作業動線なども考えましょう。また、空間を有効活用したい、キッチンを隠したいなど、レイアウトに対する希望は個々によっても異なります。キッチンの広さや好み、効率や見た目を重視するのも大事かもしれません。さらに、キッチンカウンターの使用目的を明確にすることにより、使いやすいキッチンカウンターのレイアウト作りに役立てましょう。

5.使いやすさ重視!レイアウトを考えてキッチンカウンターを選ぼう

使いやすさ重視

キッチンスペースの中でも大きなウエイトを占めるキッチンカウンター。キッチンカウンターを導入するときは、使い勝手などを考慮したうえで、各家庭の生活スタイルに合ったシステムキッチンを選ぶことが大切です。ただし、いろいろなタイプのキッチンがあるので、なにが自分に合っているのか迷ってしまうもの。自宅に合ったキッチンカウンターがわからないときいは、ショールームへぜひご相談ください。

「LIXILのショールーム情報」はこちら

この記事の関連キーワード