2019.3.29

キッチンの種類には特徴がある!自分に合ったタイプを探そう

住まいづくり

キッチンに求められやすい要素は、収納・動線・スペースなどさまざまです。そのため、どのようなキッチンが使いやすいかは人によって感じ方が異なります。レイアウトによってキッチンの雰囲気も変わるため、ニーズに合った種類のキッチンを選ぶことが大切です。自分がどの要素を重視しているかがはっきりとわかれば、適切なキッチンの種類もおのずと判明します。目的に合った種類のキッチンを選ぶことで、とても使いやすい空間に仕上がるでしょう。この記事では、キッチンの種類とそれぞれの特徴や違いについて紹介します。

目次

  1. キッチンの種類を選ぶ際のチェックポイント
  2. キッチンの種類:Ⅰ型
  3. キッチンの種類:Ⅱ列型
  4. キッチンの種類:L型
  5. キッチンの種類:U型
  6. キッチンの種類:アイランド型
  7. 後悔しないように自分に合ったキッチンの種類を選ぼう

1.キッチンの種類を選ぶ際のチェックポイント

キッチンの種類を選ぶ際のチェックポイント

何も知識を持たずにさまざまなキッチンを見ただけでは、どの種類がよいのか迷ってしまいがちです。キッチンの種類を選ぶ際は、事前にどのような箇所を確認すればよいのか知っておくと、スムーズに判断しやすくなります。キッチンの種類を選ぶ際のチェックポイントについて紹介します。

流行やデザインだけに流されない

キッチンの種類を知ろうとするには、まずはショールームに行くのもよいでしょう。多くの種類のキッチンが並べられている中から、ついデザイン性や印象で決めてしまいそうになりますが、設置したあとに長く使用することを考えれば、家族が使いやすいかどうかなどを考えて選ぶのが重要です。対応している調理器具や収納スペースの大きさといった要素は、キッチンごとに異なります。調理方法やライフスタイルを考えて、キッチンの種類を選ぶようにしましょう。

それぞれのメリット・デメリットを理解する

調理方法やライフスタイルを主軸にして考えると、キッチンの種類はだんだんと絞れてきます。どの種類のキッチンにするか選ぶときに合わせて考えたいのが、種類ごとのメリットやデメリットです。キッチンの種類には、それぞれメリットやデメリットがあります。一見素敵に見えるキッチンでも、自分の家には適していない場合もあるのです。あらかじめメリットやデメリットを理解したうえで、キッチンの種類を選ぶと失敗が少なくなります。

2.キッチンの種類:Ⅰ型

キッチンの種類:Ⅰ型

Ⅰ型キッチンの特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

特徴

Ⅰ型キッチンは、一般的にシンクとコンロが一直線に配置されたパターンの種類です。調理するときに使用する主要なアイテムが並ぶため、横に長いキッチンに仕上がります。横のスペースと同じだけ動線も長くなるのが特徴です。

メリットとデメリット

Ⅰ型キッチンのメリットには、広いスペースを必要としない・作業効率がよいという点が挙げられます。アイテムを横に配置していくので余分な幅を取らず、キッチンのために広いスペースが取れない場合でも十分に対応可能です。調理などの家事をする際も、平行移動だけで済むので余計な移動をする必要がなく、作業効率の向上につながります。Ⅰ型キッチンのデメリットは、作業のためのスペースが狭くなってしまう可能性があることです。面積に余裕がある場合は、別の種類のキッチンを検討してもよいでしょう。なお、レイアウトの種類には壁付型だけでなくペニンシュラ型やアイランド型、セミオープンの対面型もあるので、理想とする空間にあわせてレイアウトを検討しましょう。

3.キッチンの種類:Ⅱ列型

キッチンの種類:Ⅱ列型

Ⅱ列型キッチンは、Ⅰ型キッチンとは反対の特徴を持ったキッチンの種類です。見た目や使い方も大きく異なるので、特徴をよく把握しておく必要があります。Ⅱ列型キッチンが持つ特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

特徴

Ⅱ列型キッチンは、シンクやコンロ、調理スペースが二列に分離したタイプの種類を指します。シンクとコンロが離れて配置されているのが大きな特徴です。オープンキッチンと対面キッチンのどちらにも対応可能である点も、Ⅱ列型キッチンの大きな特徴です。

メリットとデメリット

Ⅱ列型キッチンのメリットは、コンパクトで使いやすい点や調理スペースを広くとれる点です。配置が2列になっているため、作業中の移動も最低限に抑えやすくなります。シンクやコンロと調理スペースがコンパクトにまとめられている分、調理スペースを広くとれるのも使いやすいポイントです。デメリットには、通路スペースが汚れやすい・振り向く動作が多くなるという点が挙げられます。Ⅱ列型キッチンは、食材や調理器具などを、通路を挟みコンロからシンクへ運ぶ回数が多いのが特徴です。運んでいるときに汚れが床に落ちる可能性も高く、通路スペースが汚れやすい原因となってしまいます。

4.キッチンの種類:L型

キッチンの種類:L型

上から見た際、キッチンの形がL字のように見えるタイプがL型キッチンです。それぞれのスペースが広いので、規模の大きなキッチンを予定している場合に適しています。L型キッチンの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

特徴

L型キッチンの特徴は、作業スペースを広く確保できる点です。家族とコミュニケーションを取りやすいよう、対面式の間取りにすることもできますが、対面式のL型キッチンを設置するためには、ある程度広いスペースが必要となるので注意が必要です。L字の角の部分にデッドスペースが生まれてしまうので、そこをどのように利用するかが使いやすさを決めるポイントとなります。

メリットとデメリット

L型キッチンのメリットは、作業スペースが広いため2人以上でキッチンに立っても料理や準備をしやすい点が挙げられます。作業中にお互いの動線が邪魔になってしまうということもありません。コンロやシンクなどがすっきりとまとめられているので、開放感がある印象を受けます。デメリットとしては、作業中の手元が見えやすいこと、デッドスペースが生まれる点が挙げられます。L字の角に生まれるデッドスペースも、場合によっては使いにくさを感じることもあります。

5.キッチンの種類:U型

キッチンの種類:U型

U字のように、作業スペースが折り返されているデザインのキッチンはU型キッチンと呼ばれています。U型キッチンが持つ特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

特徴

U型キッチンの場合、内部で作業すると3方向がカウンターで囲まれる状態になるのが特徴です。作業するときの効率もよく、作業スペースも豊富に確保できます。また、大きな引き出しや棚などを設ける広さも十分にあり、収納スペースも大きくとることが可能です。

メリットとデメリット

U型キッチンが持つメリットは、収納スペースが豊富で、作業中の移動が少ない点です。U字型の3方向にあるカウンターの下の空間は、大きな調理器具でも入りやすい収納スペースとして利用できます。U字型なら、作業効率に大きな影響を与えやすいコンロ・シンク・冷蔵庫を3方向にそれぞれ配置するレイアウトも可能です。シンクからコンロまで体を90度回転させるだけで届くといったように、最短距離での移動で作業を進められます。コーナーはデッドスペースになりやすい点がデメリットなので、工夫した使い方が必要です。

6.キッチンの種類:アイランド型

キッチンの種類:アイランド型

アイランド型は、コンロやシンクが独立して設置されているタイプのキッチンです。アイランド型キッチンの特徴、メリット・デメリットについて紹介します。

特徴

アイランド型キッチンは、キッチンと壁が接することなく、島(アイランド)のように設置されているのが特徴です。一般的に、コンロとシンク、作業スペースなどは独立して配置されます。コンロやシンクで作業するときは近くに壁が配置されていないので圧迫感がなく、複数人での調理も可能です。

メリット・デメリット

アイランド型キッチンのメリットは、広々とした解放感です。キッチンの周りを自由に歩けるため、家族とコミュニケーションを取りやすくなります。作業スペースが広く、家族で一緒に調理をすることも可能です。キッチン・リビング・ダイニングと壁によって区切られていないので、ひとつの空間として演出することができます。LDK空間をおしゃれにまとめたい人に好まれやすい種類のキッチンです。しかし、しっかりと区切られていない分、料理の際に出る煙や油はね、水はねがリビングやダイニングに拡散しやすい点がデメリットとされています。

7.後悔しないように自分に合ったキッチンの種類を選ぼう

キッチンの種類はレイアウトによってⅠ型・Ⅱ列型・L型・U型などさまざまな種類に分類されています。キッチンの種類によって特徴やメリット・デメリットは大きく異なり、使いやすさにも直結するので選ぶ際は十分なチェックが必要です。流行やデザインだけで種類を選んで後悔しないためにも、自分に合ったキッチンを考えて種類を選ぶことが大切です。それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかりとチェックし、使いやすいキッチンを目指しましょう。

「LIXILのキッチン一覧」はこちら

この記事の関連キーワード