2019.3.18

キッチン収納を憧れの北欧風に!おしゃれに見せるコツやカラー

住まいづくり
キッチン収納北欧1

おしゃれな生活にぜひ取り入れたい、人気の北欧風インテリア。毎日使うキッチンも、コツを押さえると誰でも簡単に北欧テイストに仕上げることができます。この記事では、キッチン収納の小技やカラーを工夫することで、北欧風にするコツを紹介します。

目次

  1. おしゃれなキッチンにしたい!色や収納で北欧風に見せるコツ
  2. キッチン収納の小ワザで勝負!北欧風に仕上げる工夫
  3. おしゃれな北欧風キッチン収納!インテリア例をチェック
  4. ベースカラーや収納アイテムを工夫して北欧風キッチンに

1.おしゃれなキッチンにしたい!色や収納で北欧風に見せるコツ

キッチン収納北欧2

雑貨屋やカフェなどに行くと、北欧インテリアを目にすることがあります。北欧インテリアとは、スウェーデンやノルウェーなど、北ヨーロッパの北欧地方で愛されている、シンプルかつナチュラルなデザインのインテリアのことを指しています。おしゃれな北欧風のキッチンを目指すためには、キッチン収納にこだわったり、ベースカラーに配慮したりすることがポイントです。ここでは、自宅のキッチンを北欧風に見せるコツを押さえていきましょう。

ベースカラーを白や木目調にする

キッチンを北欧風に見せるためには、ベースカラーを白や木目調にすることがポイントです。北欧は寒さが厳しいため、室内で家族と過ごす時間がとても長いという特徴があります。北欧で生活する人々は、室内にいながらも心地よく快適に過ごすために、ベースカラーを白や木目調とすることによって、室内を明るく、爽やかに見せる工夫をしているのです。

また、「北欧といえば森や湖」などのイメージを持つ日本人はたくさんいます。北欧は、自然に恵まれた環境です。ゆえに、木材が豊富でインテリアにも多用されている点が特徴のひとつです。自宅のキッチンを北欧風キッチンに近づけるためには、床や壁紙、システムキッチンを明るい白や、ブラウン、グリーンなどのナチュラルカラー、木目調のベースカラーなどになるように意識すると良いでしょう。

アクセントカラーを取り入れる

北欧風のキッチンにするためには、アクセントカラーを取り入れることもポイントになります。白や木目調のインテリアと相性の良いアクセントカラーを使うと、キッチンをより北欧風の空間に近づけることができます。北欧では、アクセントカラーを選ぶときには、「アースカラー」と呼ばれる自然的で落ち着いた色が好まれる傾向にあります。ただし、アクセントカラーとしてビビッドカラーを使ってみたい場合には、雑貨や小物で取り入れると効果的です。ビビッドカラーの食器やマットなども販売されているため、お気に入りのアイテムを購入してアクセントとして活用してみましょう。ここからは、北欧風のキッチンに近づけるためにアクセントカラーをどのように取り入れたら良いかを、さらに細かく紹介していきます。

人気の色

北欧のインテリアを見ていると、「雰囲気が似ているな」と感じたことがある人も多いでしょう。北欧では、部屋をデザインするときなどには、アースカラーを人気の色として取り入れる傾向があります。アースカラーと呼ばれるものには、グレーやブルー、ブラウン、グリーンなどの色があります。これらの色は、ベースカラーとして取り入れている白や木目調との相性も良い点が特徴です。加えて、アースカラーを基調にすると、自然で落ち着いた空間となるというメリットもあります。

取り入れ方

キッチンのなかでも、天井や壁、床などの比較的広い面は、ベースカラーを使用します。ベースカラーを選ぶ場合、寒色系にするのか、暖色系にするのかによって、部屋の印象は大きく変わってきます。アクセントカラーに関しては、壁紙の一部分やシステムキッチン、キッチン収納などの狭い面に取り入れることがポイントです。アクセントカラーを取り入れるにあたって、全体的なバランスを見ながら取り入れていくと、キッチンに落ち着きや統一感が生まれます。

2.キッチン収納の小ワザで勝負!北欧風に仕上げる工夫

キッチンは料理をする空間として使われるため、たくさんの物を収納しておく必要があります。たとえば、食器や調理器具、キッチン家電などは、料理をするためには欠かせないアイテムです。これらを収納する場合、収納方法を工夫しなければ、煩雑な空間に見えてしまう可能性さえあります。ここからは、北欧風に見えるキッチン収納の小ワザを見ていきましょう。

家電を隠す

料理をするときに、キッチン家電は欠かせないアイテムのひとつです。しかし、家電はプラスチックや金属などを用いて作られているため、ナチュラルな雰囲気が特徴の北欧テイストとはかけ離れているといえます。そのため、北欧風のキッチンを作るためには、家電は扉つきのキッチン収納にしまったり、布で覆ったりするなどして、家電が見えないように工夫をすることがポイントです。さらに、キッチンカウンターやカップボードに色が合わない家電を置く場合には、家電を使用するとき以外はかごや布で隠すと北欧風のキッチンに近づきます。

おしゃれな食器や雑貨を飾る

キッチン収納北欧3

北欧風のキッチンを作るためには、キッチン収納やカウンター、カップボードなどにはベースカラーを取り入れることがポイントです。そして、ここに食器や雑貨を飾るとおしゃれに見えます。また、キッチン用品や雑貨などをそろえる場合は、色だけでなく、柄にもこだわってみましょう。たとえば、ノルディック柄や自然モチーフの柄、アニマル柄などは、北欧テイストを演出してくれるものです。加えて、小物や雑貨を選ぶ場合はビビッドカラーを選んでみても、鮮やかなアクセントとなります。「北欧テイストがよくわからない」というときには、北欧ブランドの食器や雑貨を選ぶようにしましょう。

カゴを活用する

キッチン収納北欧4

キッチンスペースには限りがあります。そのため、棚や冷蔵庫、キッチンカウンターの上などを収納スペースとして活用するという方法も検討してみましょう。これらのスペースを収納スペースとして取り入れる場合には、ナチュラルカラーを活かしたかごに収納したいものを入れてみるのがポイントです。たとえば、キッチンタオルやカトラリー類など、散らばりやすい小物類をかごに入れて収納すれば、おしゃれなデザインを保ちながら、使うときには取り出しやすいというメリットにもつながります。収納アイテムとしてかごを活用する場合は、種類や色をそろえると統一感が生まれます。

3.おしゃれな北欧風キッチン収納!インテリア例をチェックDIY

キッチン収納北欧5

キッチン収納を北欧風にする場合、インテリア例をイメージしたうえで収納アイテムを購入したり、ベースカラーを決定したりすることが欠かせません。おしゃれな北欧風を取り入れたキッチン収納を確実に実現するためには、インテリア例をチェックしておき、マイホームを新築する場合やリフォーム、DIYのヒントとして役立てていきましょう。

白と木目調をメインとした北欧風キッチン

白と木目調をメインとした北欧風キッチン

北欧風キッチンを作るために、天井と壁は白、建具・床・システムキッチンを木目調に統一してみましょう。すると、キッチンの大部分が白と木目調となり、自然な雰囲気が生まれます。ここにアクセントカラーとして、淡いイエローブラウンを一部の壁に使用することがポイントです。また、家電や雑貨をそろえるときには、できるだけおしゃれなデザインのものを意識することが欠かせません。さらに、キッチンやカップボードにはナチュラルなイメージをかき立てる観葉植物を置いて、「見せる収納」を実現します。テーブルや椅子、照明は白で統一し、キッチンの雰囲気に馴染ませる工夫がポイントです。

ブルーのアクセントカラーを取り入れた北欧風キッチン

ブルーのアクセントカラーを取り入れた北欧風キッチン

天井と壁を白、床を木目調とすることで、北欧風のキッチンのイメージに近づきます。ここにアクセントカラーとして、淡いブルーをシステムキッチン・カップボード・一部の壁に使用します。淡いブルーカラーはアースカラーとしても好まれており、キッチンをすっきりとしたイメージにしてくれる色です。また、おしゃれな家電や雑貨は白で統一して、「見せる収納」を実現していきます。加えて、インテリアを白・木目調で統一することで、キッチンの雰囲気に馴染ませるようにしていくこともポイントのひとつです。

家具のようなキッチン収納

家具のようなキッチン収納

家具のようなキッチンパーツや、白い壁のようなキッチン収納は豊富にあるため、キッチンの雰囲気をより北欧風に近づけるのに役立ちます。たとえば、一般的に、シンクはステンレスというイメージが持たれがちです。しかし、シンクはステンレス以外にも、人工大理石で白にすることが可能です。さらに、システムキッチンとテーブルを一体化することで、統一感が生まれ、白と木目調のキッチンインテリアを作りだすことができます。

4.ベースカラーや収納アイテムを工夫して北欧風キッチンに

キッチン収納北欧6

今回は、キッチンやキッチン収納をおしゃれな北欧風にするためのコツやワザを紹介していきました。ベースカラーや収納アイテムなどを工夫するだけで、簡単に北欧風キッチンを実現することができます。記事を参考にして、新築やリフォーム、DIYにチャレンジして、憧れのおしゃれな北欧キッチンを手に入れましょう。

キッチン「リシェルSI」インテリア事例はこちら

この記事の関連キーワード