2019.3.27

理想のアイランドキッチンへ!レイアウトと間取りの注意ポイント

住まいづくり

キッチンにもいろいろな種類があり、特に女性に人気があるのがアイランドキッチンです。アイランドキッチンはおしゃれで人気がありますが、特徴を知らないと使いづらさを感じることがあります。おしゃれで快適にアイランドキッチンを使うためのレイアウトや間取りのポイントについて解説します。

目次

  1. アイランドキッチンとは
  2. アイランドキッチンのレイアウトと間取りでおさえたいポイント
  3. LDKのレイアウトのポイント
  4. 部屋の広さや特徴を考えて快適な空間に

1.アイランドキッチンとは

料理好きの人なら、一度は憧れたことがあるのがアイランドキッチン。人気のアイランドキッチンには、実際に使う場合にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンのメリットとして、ダイニングやリビングと一体感のある空間をつくれます。オープンな空間に、ふれあいが広がるスタイルです。通常のキッチンは、壁などに面していますが、アイランドキッチンはキッチンの真ん中に作業台やシンクがあります。キッチンの大きさも一般的なキッチンよりも大きいので、料理好きな人にはとても人気があります。インテリア性も高く、とてもおしゃれです。また、アイランドキッチンは移動が2方向からできるのが便利です。真ん中にワークスペースがあるので、2方向から2人で作業することも可能です。

アイランドキッチンのデメリット

おしゃれでデザイン性が高いアイランドキッチンですが、デメリットもあります。まず、収納やコンセントの位置を十分にとれないことです。一般的なキッチンのように壁に面していないので、コンセントなどをつけにくいのです。匂いが充満しやすいというデメリットもあります。間取りによっては換気扇までの距離が遠いので、調理時に出る匂いを効率よく排出することができません。また、壁に面していないので床など周囲に油はねのリスクもあります。

2.アイランドキッチンのレイアウトと間取りでおさえたいポイント

アイランドキッチンを設置するためには、一般的な寸法を知る必要があります。アイランドキッチンは設置場所を広く取る必要があるので、寸法を把握しておかないと通路が狭くなるケースが出てきます。

アイランドキッチンの寸法

アイランドキッチンの寸法には、コンロ一体型と分離型の2つがあり、それぞれ異なります。どんな特徴があるのでしょうか。

コンロ一体型

コンロ一体型とは、アイランド部分にシンク、コンロ、作業台があるもののことをいいます。アイランド部分の寸法は、メーカーによってさまざまです。ポイントは、真ん中に置いた場合に、周囲に人が動くスペースをきちんと設けることです。一般的に、人が出入りするのに必要な通路の幅は60cm以上だといわれていますが、キッチンはお盆を持った状態でも余裕のある80㎝前後を目安にしましょう。また、引出し式収納の場合や、2人以上でキッチンに立つ場合は、キッチン側の通路スペースを広めに確保しましょう。

コンロ分離型

アイランドキッチンにシンクと作業スペースがあり、背面にコンロがあるタイプや、逆にアイランドキッチンにコンロがあるタイプがコンロ分離型です。コンロとシンクを分けるぶん、アイランド部分の寸法を小さくできるのが特徴です。こちらのタイプもメーカーによって大きさはさまざまで、コンロ一体型と同じように周囲に人が動けるスペースをきちんと設けることがポイントです。

収納

キッチンで重要になるのが収納です。キッチンには調理器具や食材、ストック品など実にたくさんのものが集まります。アイランドキッチンはおしゃれですが、隠せる部分が少ないのがデメリットです。そのため、いかに物をきれいに収納して出さないでおけるかが重要になるのです。アイランドキッチンの収納としては、アイランドの引き出しに収納するタイプや、背面収納などが考えられます。また、アイランド部分の収納ではどうしても足りない場合は、食材などの保管用にパントリーを設けるのも良い方法です。

LDKが狭いときのアイデア

アイランドキッチンは、他のキッチンよりも広い空間を必要とするのが一般的です。では、狭い部屋でもアイランドキッチンを実現したい場合、どのようなことを押さえる必要があるでしょうか。

まず、コンロ一体型よりもコンロを壁付けにしたタイプのコンロ分離型のほうが省スペースで済ませることができます。それは、場所を取りやすいコンロが別になっているからです。LDKが狭くてアイランドキッチンの設置場所が限られているなら、コンロ分離型を選びましょう。また、いろいろな工夫をすることで開放的な空間を演出することも可能です。たとえば、ソファ、テーブルなどは背の低いものを選ぶようにしましょう。低い家具で揃えることで、狭い空間でも圧迫感をなくすことができます。床に物を置かないように注意することも重要です。床に物がたくさん置かれていると、狭い部屋がますます狭くなってしまいます。動きにくさにもつながるので、いつもスッキリ片付けておくようにしましょう。壁や天井を明るい色にするのも良い方法です。明るい色合いのほうが空間が広く見えます。

3.LDKのレイアウトのポイント

アイランドキッチンを設置する場合にはどんな間取りが良いのでしょうか。ここではLDKのレイアウトのポイントを紹介します。

ダイニングテーブルの位置

LDKに置く大きな家具としてはダイニングセットがあります。家族の数が増えるほど、サイズも大きくなるので、置く場所をよく考えなければなりません。アイランドキッチンにする場合は、アイランドキッチンのどの長所を重視するかによって、ダイニングテーブルの位置が変わってきます。

動線をスムーズにしたい場合

キッチンは作業のしやすさも重要なポイントです。キッチン内では思っている以上にたくさん動くので、動線が悪いと非常に使いづらいキッチンになってしまうのです。動線をスムーズにしたい場合は、アイランドキッチンに接してダイニングテーブルを設置しましょう。調理したものをサッと運べて、食事し終わった後もサッと汚れた食器をシンクまで運べます。運ぶ手間が省けるので、配膳と片付けが素早くでき、ストレスになりません。

料理中に家族の様子が見たい場合

料理中に家族の様子が見たいという人は、アイランドキッチンの前(対面)に、ダイニングテーブルを設置すると良いでしょう。子どもがいる場合は、ダイニングテーブルを勉強机にして宿題などをさせれば、料理しながら様子を見てあげることが可能です。料理ができ上がるのを待っている間も、調理の手を動かしながらおしゃべりが楽しめます。家族に配膳などを手伝ってもらうのも簡単です。

窓の位置

アイランドキッチンで、窓からの景色を楽しむためには、どのようなレイアウトにすればよいかをいくつか紹介します。まず、アイランド部分になるべく物を置かずに、アイランドから窓までの間を遮るものがないようにしましょう。おしゃれな家電や食器などをいろいろ置きたくなりますが、そうすると窓の外の景色を楽しみづらくなります。リフォームが可能であれば、アイランドから見える窓を大きくすると、景色を楽しみながら調理することができるでしょう。

小さな子どもがいるときの注意

おしゃれで素敵なアイランドキッチンですが、小さな子どもがいる場合は注意が必要です。たとえば、2方向から移動できるため、子どもがコンロやシンクに触る可能性が高くなります。特に、手を伸ばせば届くような年頃になるといたずらも盛んで、危険性が高まるので注意が必要です。子どもが小さいうちは、ベビーゲートを設置して近づけないようにできるようなレイアウトを考える必要が出てきます。

4.部屋の広さや特徴を考えて快適な空間に

マイホームやリフォームを検討する際、一度は憧れるのがアイランドキッチンです。住まいの中でも存在感があり、インテリア性に富んでいて、とてもおしゃれなので、周りからきっと羨ましがられることでしょう。実際に設置するときは、サイズや動線に気をつけて、レイアウトにこだわり工夫を凝らすことが必要です。アイランドキッチンのあるおしゃれで開放的なキッチン空間を作りましょう。

「LIXILのキッチン情報」はこちら

この記事の関連キーワード