2019.3.20

洗面台をおしゃれにするポイントとは?人気のテイストと選び方

住まいづくり

何かと物が多くて、生活感に溢れがちとなってしまうのが洗面台です。しかし、洗面台がきれいだと気分がアップしませんか。できることなら、おしゃれな洗面台を目指したいものです。そこで、洗面台を素敵にするコツやポイントを紹介します。人気のテイストやグッズの選び方など、おしゃれな雰囲気を醸し出す方法について詳しく解説していきます。

目次

  1. おしゃれな洗面所のテイスト
  2. 洗面台をおしゃれにするポイント
  3. DIYで洗面台をおしゃれにする方法・アイデア
  4. おしゃれな洗面台の種類と選ぶときの注意点
  5. おしゃれな洗面台のリフォーム事例
  6. 人気のテイストを取り入れておしゃれな洗面台にしよう

1.おしゃれな洗面所のテイスト

インテリア雑誌やSNSなどでよく見かける、おしゃれな洗面台にハッとしたことはありませんか。なぜか素敵に見えるその秘密とは何なのでしょうか。実は、おしゃれな洗面台には共通点があるのです。そこで、おしゃれな洗面台のポイントを紹介します。

大理石で上質な印象の洗面台

大理石で上質な印象の洗面台

スタイリッシュな印象を与える大理石の洗面台カウンターは、上品で質の高い雰囲気があり、日常の中に高級ホテルを彷彿とさせる空間を演出してくれます。波打つような、自然が長い時をかけて作った模様を再現した洗練された美しいデザインは、単体での個性がありながらも、他のアイテムとも馴染みやすいところが魅力です。組み合わせるスタイルによってさまざまな表情を創り出してくれ、トレンドのデザインとも上手にマッチしてくれます。

木目でナチュラルテイストな洗面台

木目でナチュラルテイストな洗面台

陶器ボウルと木目調キャビネットの異素材MIXが魅力である洗面台は、スタイリッシュながらもナチュラルな優しい雰囲気が特徴です。様々なインテリアスタイルともうまくマッチするので、いつまでも飽きがくることなく長きに渡り愛されるデザインです。ミニマルなスタイルのなかで、陶器のひんやりしたなめらかな質感と木目の暖かさが活かされていて、洗面台として相応しい癒しの空間を演出してくれるのが人気の秘密です。

シンプルでスマートな洗面台

シンプルでスマートな洗面台

すっきりとしていてスマートな印象を与えるミニマル・デザインの洗面台は、水栓が上に取り付けられているのが特徴です。ホテルの化粧室のようなモダンな雰囲気がスタイリッシュなデザインであるとともに、掃除がしやすいという、実用面も兼ねたつくりになっています。カウンターに飛び散った水をささっとひと拭きするだけでよいので、水栓まわりに水がたまるということがありません。大容量の収納がありながらも、外からはすっきりとした印象に見えるのが魅力です。

2.洗面台をおしゃれにするポイント

洗面台の雰囲気をおしゃれにするためにはさまざまなコツがありますが、なかでも大切なポイントを紹介します。まずは、洗面台というとどうしても出てしまいがちな、生活感をなくすことです。ボトルやスプレー、その他細々とした化粧品などは、外に出ているだけでまとまりのない印象になるので、収納スペースの中に入れてしまうことでかなり見違えます。また、洗面台で使う小物は、色合いや柄、サイズを揃えて統一感を出すことがおしゃれに近づけるポイントです。洗面ボウルは、洗面台の印象を大きく左右します。置き型や埋め込み型の違いや、陶器やガラス製などの素材の違いなどでも雰囲気が大きく変わります。いろいろな種類があるので、選ぶ際にはよく比較して決めましょう。

3.DIYで洗面台をおしゃれにする方法・アイデア

DIYで洗面台をおしゃれにする方法・アイデア

おしゃれな洗面台は、実はDIYでも簡単につくることができる方法があります。そこで人気のアイデアを紹介します。手軽にできるのが、マスキングテープや柄シートを使うテクニックです。洗面台の鏡の横にあるトレーや、洗面台下の棚にマスキングテープやシートを張り付けることで雰囲気を変えることができます。テープの貼り方次第でさまざまなデザインにできるのが魅力です。例えば、棚などの面積が広い部分には一定の幅でマスキングテープを張ると、おしゃれなボーダー柄になります。既製品のキャビネットやボックスを活用する場合は、インテリアにマッチするように塗装したり、カッティングシートを貼ることで、好みのインテリアにすることができます。

4.おしゃれな洗面台の種類と選ぶときの注意点

おしゃれに見える洗面台には、どんな種類のものがあるのでしょうか。さまざまな種類の洗面台がありますが、洗面台を選ぶ時にはいったいどんなポイントに注意すればよいのかを説明します。

造作洗面台と一般的な洗面化粧台

洗面台とひとくちにいっても、いろいろな種類がありますが、大きく分けて、造作洗面台と、一般的な洗面化粧台の2種類があります。造作洗面台は、洗面ボウルや水栓、ミラーなどのパーツを自分の好みに合わせてカスタマイズできるのが魅力です。一般的な洗面化粧台は、収納キャビネットや鏡の種類、洗面ボウルの素材、形状などをメーカーの既製品の中から選んでカスタマイズするタイプの洗面台です。どちらの洗面台の場合も、カスタマイズができることから、好きなものを選ぶだけで自分好みのディテールにできるだけ近づけられることが魅力であると言えます。

選ぶときの注意点

まず洗面台を選ぶ際に確認しておくべきことはサイズです。奥行きや高さ、幅が間取りに合っているかどうかをチェックすることが基本になります。さらには、パーツ選びを慎重にすることが肝心です。水栓などの金属製の部材には、塩化ビニール管などの劣化しやすい素材はできるだけ避けることが大事です。けして悪い素材ではないのですが、劣化が早いことから、運が悪ければ、漏水トラブルに遭ってしまう可能性もあります。その意味で、信頼ができるのが、見た目、品質の両方で優秀である銅管配管です。劣化がしにくく長持ちしやすい素材です。カウンタータイプの洗面台の場合は、配管が見えるため、特に銅管配管をおすすめします。

5.おしゃれな洗面台のリフォーム事例

これまでは洗面台のおしゃれなスタイル、またおしゃれに見せるための簡単な方法やコツを紹介してきました。洗面台づくりにこだわればこだわる程に、本格的におしゃれな洗面台にしていきたいという願望が高まってくるでしょう。そこでここからは、より本格的に、洗面台のおしゃれなリフォームについて紹介します。

モノトーンのモダンな洗面台

全体的なカラーをモノトーンに統一し、明暗コントラストの美しいスタイリッシュな洗面台。ホテルのような雰囲気で上質感があります。海外の住宅のように、トイレと一体型になったタイプの洗面台です。洗面ボウルは置き型なので、水が飛び散りにくく、カウンターの上に化粧道具を広げながら落ち着いて身支度ができるゆったりした空間があります。鏡は三面鏡を使用しているので、身だしなみを整えるのに十分です。たっぷりとした収納があるにもかかわらず、外に出さないことでとてもすっきりとミニマルにまとまった洗面台にすることができます。

リゾートホテル風の非日常的な洗面台

リゾートホテルを彷彿とさせるような、リュクスな雰囲気が全体に感じられる洗面台。洗面台空間が、毎日が旅行中であるかのような、優雅な空間に仕上げることができます。空間の色のトーンがダークに抑えられており、大人っぽい落ち着いた印象を醸しています。細長い空間に、バスルームと一体となった洗面台には、おしゃれさと機能性を兼ねる置き型の洗面ボウルを2つ設置。また、バスタブと洗面ボウルの形状をオーバル型に統一することで空間のラインが安定し、優しい曲線の印象と相まって、豊かで優雅なスペースの演出に成功しているという、おしゃれな洗面台はいかがでしょうか。

6.人気のテイストを取り入れておしゃれな洗面台にしよう

洗面台の人気のテイストをもう一度おさらいしてみましょう。ホテルのような大理石テイストや、陶器と木目調の異素材テイスト、そして機能性抜群のシンプルで現代的なテイストなどがあることをみてきました。またリフォーム例では、とてもスタイリッシュで非日常的な空間がおしゃれな洗面台を紹介しました。ポイントさえ押さえれば、誰でも簡単におしゃれな洗面台づくりを実現することができるということです。方法については、市販アイテムの使用やDIYからリフォームまで、さまざまな方法があるので、自分に合った方法を選んでおしゃれな洗面台にして楽しんでみませんか。

「洗面化粧台製品情報」はこちら

この記事の関連キーワード