2019.3.22

デメリットも多い?アイランドキッチンを選ぶ前に知りたいこと

住まいづくり

オシャレで開放的なアイランドキッチンは、料理好きな方なら一度はあこがれたことがあるのではないでしょうか。しかし、人気のアイランドキッチンにもデメリットはあります。これからアイランドキッチンを取り入れようと考えているなら、メリットだけでなくデメリットにもしっかり目を向けておくことが大切です。それでは、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。今回は、アイランドキッチンのデメリットを中心に、アイランドキッチンの基本的な情報についてまとめてみました。

目次

  1. 「アイランドキッチン」とは
  2. アイランドキッチンのメリット
  3. アイランドキッチンのデメリット
  4. アイランドキッチンを快適に使うポイント
  5. アイランドキッチンに似せたレイアウト
  6. アイランドキッチンを選ぶならデメリットをうまくカバーして

1.「アイランドキッチン」とは

アイランドキッチンとは、島(=アイランド)という言葉が示す通り、調理スペースやシンクなどが島のように独立しているタイプのキッチンのことです。対面型キッチンのひとつであり、キッチンに立つとちょうどダイニングやリビングと向かい合うような形になります。対面型キッチンには、アイランド型のほかにも、ペニンシュラ(半島)型やI型、またセパレート型やL型と呼ばれるタイプもあります。多様な対面式キッチンのなかでも、壁に設置する部分が全くないという点こそアイランドキッチンの最大の特徴です。

2.アイランドキッチンのメリット

部屋の中で完全に独立しているアイランドキッチンは、ほかのスタイルのキッチンにはないメリットがたくさんあります。それでは、具体的にどんなメリットがあるのかひとつずつ見ていきましょう。

空間が開放的になる

壁もなければ仕切りもないアイランドキッチンは、周囲をグルグルと走り回ることができるほど自由で広々とした空間が広がっています。視界を壁にさえぎられることもないため、広い視野の中で家事や料理を楽しむことができます。開放感のあるアイランドキッチンでは、たとえ一人で調理していてもキッチンにこもるような形にはなりません。閉鎖的な雰囲気がなく、開放的なスペースを自由に使える点は、アイランドキッチンの大きなメリットのひとつです。

数人でも作業しやすい

従来のキッチンは、動線が一本しかない場合が多いです。そのため、数人で作業しようとすると、キッチンの中で渋滞を起こしてしまうことも珍しくありません。これに対して、広いスペースが確保されているアイランドキッチンは、動線が円の形をしているため、数人で作業する場合も窮屈な思いをすることもほとんどありません。配膳や補助もスムーズにできるので、料理の際に家族の助けを得やすいというメリットがあります。

コミュニケーションをとりやすい

対面式のアイランドキッチンは、料理するときも家族と顔を合わせながら作業することができます。一般的なキッチンだと、料理の時間はどうしても孤立しやすいですが、アイランドキッチンならコミュニケーションしながら料理を作ることも可能です。家族や友人とパーティをするときも、みんなで会話しながら料理することができます。

レイアウトの自由度が高い

アイランドキッチンはレイアウトの自由度が高く、自分の好きなスタイルにデザインしやすいというメリットもあります。たとえば、キッチンとダイニングテーブルをくっつけてしまうスタイルや、アイランドキッチンの向かい側をカウンターにするといったデザインも人気です。キッチンに収納や飾り棚を取り付けることもでき、自分の好みに合わせてさまざまなスタイルを模索することができます。

3.アイランドキッチンのデメリット

さまざまなメリットがある一方で、アイランドキッチンにはデメリットもあります。どんなデメリットがあるのか知っておけば、いざアイランドキッチンを取り入れることになったときにも役立ちます。

広いスペースがないと作れない

広いスペースがないと作れない点は、アイランドキッチンの大きなデメリットだと言えます。キッチンを壁から離して作られるアイランドキッチンは、両サイドにも通路となる空間を確保しなければなりません。スペースに余裕がない住宅には、そもそもアイランドキッチンを導入することができない場合があります。スペースに限りのある住宅にアイランドキッチンを取り入れてしまうと、キッチンに幅を取りすぎてリビングが窮屈になってしまうこともあるので注意が必要です。

散らかった印象になる

友人を招くときなど、キッチンはなるべく見られたくないスペースです。しかし、開放的なアイランドキッチンでは、キッチンの様子がダイニングやリビングから常に見えてしまいます。少し汚れているだけでも、汚い印象を持たれてしまうこともあるため、アイランドキッチンでは常に整理整頓に気を付けておかなければなりません。わずかな気のゆるみでも散らかった印象に見えてしまうのは、アイランドキッチンの大きなデメリットだと言えるでしょう。

臭いが拡散しやすい

壁に面していないアイランドキッチンは、料理の際に発生した臭いや煙が部屋中に拡散しやすいというデメリットがあります。特にIHクッキングヒーターの場合、ガスコンロに比べて上昇気流が弱いため、換気扇を回していても臭いや煙をうまく吸い取ってくれません。アイランドキッチンには防火の観点からIHクッキングヒーターを取り入れていることが多い点も厄介なところだと言えます。

汚れが飛び散りやすい

キッチンの周りにさえぎるものがあれば、調理中に油のハネなどがあっても、ある程度なら飛び散ることも防げるでしょう。しかし、周囲に壁がないアイランドキッチンは、油のハネや汚れが飛び散った際、それを防いでくれるものが何もありません。そのため、アイランドキッチンを使うと、周りに汚れが飛び散りやすいというデメリットがあります。

調理中の煙には、油煙といって油汚れが含まれています。煙に乗って部屋中に飛び散った油は、床や壁にこびりついてなかなか落ちてくれません。煙が広がりやすいアイランドキッチンは、リビングにまで油汚れが広がってしまうこともあるので注意が必要です。

4.アイランドキッチンを快適に使うポイント

デメリットがわかれば、それを未然に防ぐこともできるようになります。ここでは、デメリットを踏まえて、アイランドキッチンを快適に使うためのポイントについて解説します。

換気システムを確保する

臭いや煙が広がりやすいアイランドキッチンも、高度な換気システムをしっかり確保しておけばデメリットを軽減することができます。上昇気流の弱いIHクッキングヒーターであっても、キッチンのすぐ上に大きな換気扇を配置しておけば十分に欠点を補えます。換気システムをきちんと導入しておけば、臭いや煙を気にすることなく料理を楽しめるでしょう。

臭いや汚れを防ぐパネルを設置する

臭いを防ぐのはもちろん、油のハネや油煙を防止するためにも、パネルの設置は欠かせない対策だと言えます。キッチンにパネルを設置しておけば、その分だけ調理中の臭いの充満や汚れの拡散も防ぐことが可能です。また、パネルは適度な目隠しにもなるため、キッチンが丸見え状態になってしまうことも防止する効果があります。

5.アイランドキッチンに似せたレイアウト

アイランドキッチンのデメリットを補うために、ほかのタイプのキッチンをアイランドキッチン風にレイアウトにするという方法もあります。どんなレイアウトが可能なのか、具体的に見ていきましょう。

I型を中央に配置する

アイランドキッチンと同じ対面式タイプであるI型キッチンは、シンクとコンロが一直線になっているようなスタイルです。アイランドキッチンのように、壁から離れているわけではありませんが、低めの腰壁が目前に配されているセミオープンのキッチンです。腰壁というのは、腰くらいの高さの小さな壁のことで、主に空間を仕切るためなどに用いられます。この腰壁があることで、I型キッチンでは油汚れや臭いの拡散を防止することができます。I型キッチンを部屋の中央にレイアウトすれば、アイランドキッチンのような雰囲気を出すことが可能です。しかも、油汚れや臭いが拡散する心配も少ないので、調理の幅もより広がります。

幅の狭い壁にペニンシュラ型を設置する

ペニンシュラ型キッチンも、レイアウト次第でアイランドキッチン風にすることができます。ペニンシュラ型は、半島(=ペニンシュラ)という言葉が意味するように、キッチンのどちらか一方が壁に面しているキッチンのことです。たとえば、幅の薄い壁にペニンシュラ型キッチンを設置して、壁の前後にも人が通れる空間を作れば、アイランドキッチンと同じような作りにすることができます。壁があることで、臭いや汚れの飛散を防ぐことができ、そのうえでアイランドキッチンのような広い動線も確保することが可能です。

キッチンの中に独立した作業台を置く

壁とくっついているキッチンであっても、中央に作業台やカウンターテーブルを置けば簡単にアイランド風のキッチンにできます。キッチン自体は壁に面しているため、調理中の油のハネや汚れの飛散も特に気にする必要はありません。リフォームの手間も必要ないため、気軽にキッチンの雰囲気を変えたいときに試してみましょう。

6.アイランドキッチンを選ぶならデメリットをうまくカバーして

臭いが広がりやすかったり、わずかな汚れでも散らかっているように見えてしまったり、オシャレで人気のアイランドキッチンにもデメリットは少なくありません。しかし、デメリットをうまくカバーできれば、アイランドキッチンはとても使いやすいタイプのキッチンです。アイランドキッチンにこだわらなくても、工夫次第でアイランドキッチンの良いところだけを取り入れることもできます。快適に使うポイントもしっかり押さえて、アイランドキッチンを自分らしく使いこなせるように工夫しましょう。

「キッチンの商品情報」はこちら

この記事の関連キーワード