2019.3.22

デザインも紹介!キッチンに腰壁をつけるメリットとデメリット

住まいづくり

キッチンをより便利に使いたいなら、腰壁を取り付けるのもひとつの手です。さまざまな用途に利用できる腰壁は、今のキッチンに不満がある方や、キッチンをもっと快適にしたい方におすすめです。ただ、腰壁を取り付けることで、かえってキッチンがきゅうくつになってしまうこともあります。また、デザインや素材も豊富であるため、お住まいの雰囲気に合った腰壁を選ぶことも重要です。そこで今回は、キッチンに腰壁を取り付けることで得られるメリットや、取り付ける際の注意点、また腰壁のおしゃれなデザインなどについて詳しく解説します。

目次

  1. キッチンに設置する腰壁とは
  2. キッチンに腰壁を作る3つのメリット
  3. キッチンに腰壁を作るデメリットとその解決方法
  4. キッチンに作る腰壁の適切な高さ・幅とは
  5. キッチンの腰壁をおしゃれに見せる3つのデザイン
  6. キッチンの腰壁にはさまざまな楽しみ方や活用方法がある

1.キッチンに設置する腰壁とは

キッチンに腰壁をつけるメリットとデメリット-01

腰壁とは、人の腰くらいの高さを目安に板材を貼り付けて仕上げた壁のことをいいます。床から腰くらいまでの高さは、生活の汚れや小さな傷が最も付きやすい部分といわれています。そのため、汚れや傷を防ぐ目的で、主に住宅の壁面などに取り付けられるのが腰壁です。キッチンに設置される腰壁も壁面に張り付けられたものと基本的な役割は同じですが、キッチンに設置される腰壁は、主に対面キッチンで、キッチン本体とリビングダイニングを仕切る目的で設置される場合も多くありす。また、保護や仕切りの目的だけではなく、デザイン上のアクセントとして腰壁を取り付けることもあります。

2.キッチンに腰壁を作る3つのメリット

キッチンに腰壁をつけるメリットとデメリット-02

キッチンに取り付けた腰壁にはさまざまなメリットがあります。腰壁には多様な使い方があり、工夫次第でいろいろな場面で役立ちます。それでは、どんなメリットがあるのか、それぞれ具体的に見ていきましょう。

ニッチや小物などの収納スペースを作れる

調理道具や食料品・調味料だけでなく、家電や料理の本など、いろいろな物を保管することになるキッチンは、どうしても収納スペースが不足しがちです。キッチンの棚や引き出しがいっぱいで、調味料などの保管スペースがないという方も多いのではないでしょうか。キッチンに取り付けた腰壁は、貴重な収納スペースとしても使うことが可能です。

腰壁を利用して、キッチン側に棚として使えるスペースをつくることができます。このように、腰壁を利用して調味料などを置く場所を確保すれば、余裕をもってキッチンの棚や引き出しを使えるだけでなく、余計な収納棚などが不要になり、従来のキッチンより作業スペースを大きめに取ることもできるようになります。

また、リビング・ダイニング側に収納スペースをつくることもできます。腰壁のデザイン次第では、季節の小物を置いたり、ワインボトルを置いたりして、見せる収納として活用すれば、キッチンをよりおしゃれに見せることもできるでしょう。

カウンターキッチンを作れる

腰壁の上にカウンターを設置することで、配膳のために食器や料理を置いておくための場所としても活用できます。特に対面式のキッチンの場合、作った料理を置いておくスペースがないことも少なくありません。このように、腰壁をカウンターとして利用できれば、料理のスピードも一段と早く仕上げることができるでしょう。

さらに、大きめのカウンターを設置すれば、カウンターとしてだけでなく、小さめのダイニングテーブルとして活用することもできます。そこで食事をすることもできるので、別途ダイニングテーブルを用意する必要もなくり、リビング・ダイニングやキッチンのスペースを広くとることもできるようになるでしょう。また、カウンターの上に花や小物を置けば、キッチン明るくおしゃれなキッチンを演出できるでしょう。

手元が見えなくなる

調理スペースはなるべく人に見られたくないものです。しかし、リビング・ダイニングとキッチンが同じ部屋で、I型のキッチンを採用した場合などは、どうしても調理スペースが丸見えになってしまいます。急な来客があった場合など、キッチンが散らかっていると恥ずかしい思いをしてしまうこともあるかもしれません。

腰壁には、調理スペースを隠すという役割もあります。腰壁で手元が見えなくなれば、急な来客があってもある程度なら対応できます。手元を隠すために腰高を取り付ける場合は、どれぐらいの高さの腰壁が必要か、事前にしっかり確認するようにしましょう。

3.キッチンに腰壁を作るデメリットとその解決方法

キッチンに腰壁をつけるメリットとデメリット-03

腰壁は工夫次第でさまざまなメリットがある一方、場合によっては腰壁の存在自体がデメリットになってしまうことがあるので注意が必要です。特に、腰壁の幅や高さには気を付けなければなりません。幅の厚い腰壁や背の高い腰壁は、そのぶんだけ手元が見づらくなったり、置くスペースが広がったりしますが、部屋とのバランスが合っていないと部屋全体の印象に圧迫感が出てしまうことがあります。その結果、キッチンやリビング・ダイニングが窮屈に見えてしまうことがあるので注意しましょう。

また、開放的で十分なスペースが確保されているキッチンの場合でも、腰壁を設置したことで空間に余裕がなく窮屈になってしまうこともあります。そのため、キッチンに腰壁を作るなら、どういうことに使いたいのか、事前にしっかりイメージしておくことが大切です。そのうえで、自分が考えた用途に合致する仕様に腰壁を調整していくことが欠かせません。それでは、どんな用途のとき、どの程度の幅や高さが適切なのか、次の段落で具体的に見ていくことにしましょう。

4.キッチンに作る腰壁の適切な高さ・幅とは

キッチンに腰壁をつけるメリットとデメリット-04

キッチンに作る腰壁の高さや幅を考えるときは、なぜその高さ・幅が必要なのかしっかり考えると失敗しにくいです。たとえば、手元を隠すために腰壁を設置するとしましょう。調理スペースを完全に隠したいなら、少なくとも30cm程度は高さが必要になります。一方、少し隠れる程度で良いなら、20cm程の高さでも十分です。手元を隠しつつリビング・ダイニングなどの周囲も見渡したいなら、自分の身長のことも考えて適切な高さになるように調節しましょう。

手元を隠したいだけなら、腰壁の幅は他の壁と同じで問題ありません。、カウンターやダイニングテーブルとしての使用を考えているなら、その使用に耐えられるように設計する必要があります。それぞれの用途によって最適な高さや幅は変わってきます。どのような目的で腰壁を作るのか考えて、最適な大きさや仕様の腰壁を取り付けられるようしましょう。

5.キッチンの腰壁をおしゃれに見せる3つのデザイン

キッチンに腰壁をつけるメリットとデメリット-05

腰壁は実用的な目的以外にも、キッチンのアクセントとして取り付ける場合があります。ここでは、腰壁でキッチンをおしゃれに見せるデザインを3つ紹介します。

モルタル仕上げ

セメントと水を混ぜて作られるモルタルは、住宅の外壁に使われることが多い粘土のような素材です。シンプルですっきりしたデザインになりやすく、一般的には、職人の手によって仕上げられるという点が大きな特徴です。職人のコテのさばき方や塗りムラによって、さまざまな色彩や趣を見せることから、キッチンにモルタル仕上げを施せば、既製品にはないオリジナルで個性的なデザインにすることができます。

ただし、モルタルはセメントを固めて作られるため、経年によってヒビが入りやすいというデメリットがあります。また、水に弱い性質を持ち、汚れやすいというところもデメリットといえるでしょう。

アクセントクロス

アクセントクロスとは、ベースカラーとは異なる色や柄のクロスを一部分に貼ることで、単調な壁にアクセントを加えられるアイテムです。部屋のイメージを手軽に変えたいときに良く採用されます。

アクセントクロスを用いる際は、まずそれぞれ色の特徴をつかむことが大切です。たとえば、黄色や赤などの明るい色は、部屋全体を大きく見せる効果があるといわれています。一方、黒や緑などの暗い色調は、部屋を引き締めて見せる効果が期待できます。アクセントクロスの良いところは、カラーの組み合わせ次第で無限にアレンジできるという点です。キッチンをより自分好みにデザインしたいなら、アクセントクロスはまさに最適なアイテムになってくれるはずです。

タイル

キッチンをおしゃれに見せるなら、腰壁にタイルを貼るのもひとつの手です。タイルの特徴は、とにかく耐久性に優れているという点です。壊れにくく傷もつきにくいため、経年劣化しやすいキッチン周りの環境には最適な素材だと言えます。また、水で洗うこともできるため、手入れが簡単な点もタイルの特徴です。

さらに、タイルには色やデザインも豊富です。さまざまな色や形があり、そのデザインの多様さは無限といっても過言ではありません。ほかにはないオリジナルで個性的なタイルの腰壁にすることもできるでしょう。また、タイルによっては、ニオイや湿気を防で機能のあるタイルもあります。実用性とデザイン性の両方を追求したい方は、検討してみてはいかがでしょうか。

6.キッチンの腰壁にはさまざまな楽しみ方や活用方法がある

キッチンに腰壁をつけるメリットとデメリット-06

キッチンの腰壁は、使い方次第でさまざまな楽しみ方や活用方法があります。アクセントクロスやモルタルなど、素材やデザインにもこだわれば、キッチンをさらに自分好みの空間に近づけることもできます。腰壁の高さや幅にも気を付けて、自分が目指したい素敵なキッチンを作りましょう。

「キッチンの商品情報ページ」はこちら

この記事の関連キーワード