2019.3.28

アイランドキッチンがあるとおしゃれ?より素敵に見せるコツは?

住まいづくり

使いやすさとおしゃれな雰囲気が注目を集めているアイランドキッチンに憧れる方も多いのではないでしょうか。この記事では、アイランドキッチンをよりおしゃれに見せる方法や、使いやすくするためのポイントを紹介します。

目次

  1. アイランドキッチンのメリットとデメリット
  2. おしゃれなアイランドキッチンを作るために意識したいポイント
  3. おしゃれなアイランドキッチンの事例
  4. アイランドキッチンの収納を増やすコツ
  5. 動線や視線を意識して理想のアイランドキッチンを作ろう!

1.アイランドキッチンのメリットとデメリット

アイランドキッチンをより素敵に見せるコツ01

アイランドキッチンとは、その名前が示すように、壁から離れた場所に島のように設置されているキッチンのことをいいます。アイランドキッチンをより便利に使いこなすために、どんなメリットとデメリットがあるのかを知っておきましょう。

メリット

アイランドキッチンをより素敵に見せるコツ02

アイランドキッチンは壁に接していないため、キッチンから室内を見渡すことができて解放感があることが特徴です。壁に接しているキッチンと比較して作業スペースを多くとることがでる場合が多いです。キッチンがリビングなどに向かって配置されていることが多く、キッチンとリビングが分かれている場合と比較して、キッチンに立っているときの孤立感もありません。リビングとの仕切りがなければ、テレビを見ながら調理することも可能です。また、子どもの様子を見ながら料理することもできます。

リビングの近くに設置することもできるので、来客時におもてなしをするのにも便利です。また、家族構成やライフスタイルに合わせて自由な設計ができる点もメリットです。たとえば、軽食を取るためのカウンターをつくったり、リビング側に収納をつくったりすることもできます。壁がないため、シンクや調理台などキッチンの反対側にも立つことができるので、複数での料理やお手伝いがしやすい点もメリットと言えます。また、壁に囲まれていないため、スタイリッシュでおしゃれなキッチンを演出することも可能です。

デメリット

アイランドキッチンの場合は、壁に接しているキッチンと比較すると、広いスペースが必要になります。キッチンの両サイドに通路を設けなくてはならず、廊下のスペースとして、最低でも75cmの幅を取る必要があります。また、冷蔵庫など大型の家電を運び込むための通路の幅も確保しなければなりません。一般的に、壁付けキッチンは4.5畳程度の広さがあれば設置することができるとされていますが、アイランドキッチンの場合はその約2倍の7.5畳程度が理想的な広さとされています。

また、アイランドキッチンは、調理道具などを出しっぱなしにしたり、り掃除を怠ったりすると、リビング側からすべて丸見えになってしまうため、日々の片づけや掃除をしっかりと行うことが必要になります。また、壁から離れた場所に設置するため、壁付けのキッチンだとあわせて設置することが多い吊戸棚を取り付けないことが多く、その分収納スペースを取ることができません。使いやすくするためには、収納スペースについて考慮することが不可欠です。さらに、アイランドキッチンは、壁に面している壁付けキッチンに比べ、部屋の中に調理中の湯気や煙、においが広がりやすいと言えます。また、壁に面していないので、料理の際の油や水がキッチンまわりに飛び散りやすこともデメリットと言えるでしょう。

2.おしゃれなアイランドキッチンを作るために意識したいポイント

リビングに面している側に、カウンターをつくってダイニングテーブルとして利用したり、照明付きの棚をつくって、観葉植物や食器などを並べ見せる収納として利用すれば、さらに、おしゃれなキッチンとなるでしょう。また、また、リビング側からキッチンが丸見えにならないようにするために、キッチンカウンターを腰壁で囲むと、アイランドキッチンの解放感はそのままに、見せたくないものを隠すこともできます。リビングに食材や調理中の匂いが広がってしまうと、おしゃれな雰囲気が台無しになってしまうため、しっかりとした換気システムを設置することもポイントです。

3.おしゃれなアイランドキッチンの事例

おしゃれなアイランドキッチンにするためにはどのような工夫をすればよいのかをイメージするために、おしゃれなアイランドキッチンの具体的な事例を紹介していきます。

カウンター付きアイランドキッチン

キッチンを暮らしの中心に据えることをコンセプトとして、リビングの中心にアイランドキッチンを設置した事例があります。キッチンに立っているときに、リビング全体を見渡すことができるため、家族とのコミュニケーションも取りやすくなります。キッチンの向かいにカウンターを設置し、ダイニングテーブルとして使用すれば、家族か顔をあわせやすキッチンとなるでしょう。キッチンだけでなく、床や家具なども白系でまとめると、リビングの中にキッチンがうまく溶け込むようなデザインにすることもできます。

自由に動きやすい対面型アイランドキッチン

アイランドキッチンをより素敵に見せるコツ03

家族に背を向けてキッチンで作業をするという状況を変えるために、対面型のアイランドキッチンを採用した事例もあります。アイランドキッチンを採用すれば、自由に動き回る動線を確保することができます。デメリットの1つである汚れに対しては、床をタイル貼りにして、掃除がしやすく清潔感を保てるようにしてあります。解放感のある空間にするために、吊戸棚は設置していません。キッチンの背面の壁面収納と隣接した空間にパントリーを設けることで、収納スペースを確保しています。よく使う食器やカトラリー類は、使い勝手の良い場所に収納スペースを設けるなど、収納については細かく工夫されています。

機能性に優れたアイランドキッチン

アイランドキッチンをより素敵に見せるコツ04

ガスコンロの前にガラス板を設置することによって、圧迫感がなく床への油ハネを防止することができています。また、天井まで開放的にすることによって、キッチンの熱がこもるという悩みも解決しています。天井のレンジフードから続くダクトをあえて見せることによって、スタイリッシュな雰囲気が強調されていることが特徴です。キッチンの向かいにあるウォークインクローゼットは、おしゃれなブラインドを取り付けることで上手な目隠しになっています。アイランドキッチンの横にダイニングテーブルが置かれているため、動線の無駄もなく作業効率も良いといえるでしょう。

4.アイランドキッチンの収納を増やすコツ

アイランドキッチンは、収納スペースを作るのが難しいことが課題ですが、ここでは収納を増やすためのアイディアを紹介します。

キッチンのフロアキャビネットを利用する

アイランドキッチンをより素敵に見せるコツ05

アイランドキッチンの収納には、キッチンのフロアキャビネットをうまく活用するのがひとつの方法です。引き出し式のフロアキャビネットにすれば、収納力も高まります。調味料を縦に並べてしまえる小さい引き出しや、フライパンや鍋をしまえる横幅のある引き出し、大きな深鍋をしまえる高さのある引き出しなど、用途に合わせて、組み合わせてみてください。フロアキャビネットはリビング側からは見えないため、調理器具や調味料など、見せたくないものを収納することができます。

足元に空間を作る

アイランドキッチンをより素敵に見せるコツ06

アイランドキッチンの下を空洞にすることによって、その部分にワゴンなどを置いて収納を行うこともできます。ワゴンにキャスターをつければ、必要に応じて移動させることもできます。このように、足元に空間を設けることによって、さまざまな使い方ができるでしょう。

パントリーを隣接させる

アイランドキッチンに隣接してパントリーを設けることで、収納が少ない悩みを解決し、作業効率を上げることができます。パントリーには、食料品などの収納ができるほか、あまり使わない調理器具や家電などもしまうことができます。そのため、アイランドキッチンの上に物を出しっぱなしにすることをなくせます。見せたくないゴミ箱も隠しておくことができるため、アイランドキッチンをすっきり見せることが可能です。

5. 動線や視線を意識して理想のアイランドキッチンを作ろう!

アイランドキッチンは、解放感がありおしゃれでスタイリッシュなイメージがある一方で、キッチンが丸見えになり、収納スペースの確保が難しいという問題があります。しかし、収納スペースは工夫をすれば上手に確保することが可能です。アイランドキッチンを設置するなら、作業をするときの動線や来客の視線などを意識して、理想的なキッチン空間を作りましょう。

「キッチンの商品情報ページ」はこちら

この記事の関連キーワード