2019.3.28

失敗例から学ぶ!理想のアイランドキッチン成功の秘訣

住まいづくり

アイランドキッチンは憧れている方も多く、理想のキッチンのひとつです。そのため、実際に設置しようとした際に、失敗して後悔するのが嫌な方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、実際の失敗例を学び、理想のアイランドキッチンにするための秘訣を紹介します。

目次

  1. アイランドキッチンとはどんなキッチンか
  2. アイランドキッチンの人気の理由
  3. アイランドキッチンの失敗ポイント
  4. 失敗しないために知っておきたいアイランドキッチン成功の秘訣
  5. アイランドキッチンを知って自分の理想のキッチンを実現しよう

1.アイランドキッチンとはどんなキッチンか

失敗例から学ぶアイランドキッチン成功の秘訣01

システムキッチンには、大きく分けると、壁付けタイプと対面タイプという2種類があります。対面タイプのキッチンにはいくつか種類があり、アイランドキッチンは対面タイプに分類されます。アイランドキッチンとは、壁面につけずに設置すし、四方が何にも囲まれていない島のように独立させて設置するキッチンです。シンクや加熱機器などの調理に必要な設備をフロアキャビネットに組み込み、上部には吊戸棚を設置しないことが多いため、オープンで開放的なキッチンとなります。ダイニングやリビングとのつながり方によっては、家族とのコミュニケーションを楽しめるキッチンともいえるでしょう。

2.アイランドキッチンの人気の理由

失敗例から学ぶアイランドキッチン成功の秘訣02

アイランドキッチンを採用する前には、何にメリットがあり魅力的なのかを把握することも大切です。この段落からは、なぜアイランドキッチンが人気なのか、その理由を見ていきましょう。

調理中の移動がしやすい

アイランドキッチンは四方が壁に囲まれていないという特徴があります。そのため、キッチン周辺の動線を確保しやすく、自由に移動できます。さらに、スペースに余裕があるので、調理や下ごしらえなどの作業もゆとりを持ちながら行えるのが大きな魅力です。また、キッチン自体が独立しているため、自由な位置での作業もできます。複数人で同時に作業できるのもアイランドキッチンならではの魅力です。

リビングとコミュニケーションがとりやすい

対面式となっていることで、一般的には、リビングの様子がよく見えます。さらに、リビングからもキッチンが見えるため、キッチンとリビングでコミュニケーションが取りやすくなります。昼食や夕飯の準備をしている際にも子供の様子を確認することや、来客と会話しながらお茶を用意するなどもできます。

開放感があって部屋が広く見える

キッチンとリビングが壁で区切られていないので開放感があります。さらに、リビングからひと続きの部屋のようになるので、空間が広く感じられます。また、開放感があることで視野が広がるというのもアイランドキッチンの特徴です。どこに何があるかひと目でわかるようになり、調理を効率的に行うことも可能です。

部屋全体がおしゃれに見える

アイランドキッチンは部屋の中でも存在感のある設備です。さらに、デザイン性の高いアイランドキッチンを採用すれば、部屋の主役としておしゃれな空間を作ることができます。また、キッチン周辺の収納やレイアウトにこだわることで、魅せるキッチンを演出することもできます。

3.アイランドキッチンの失敗ポイント

失敗例から学ぶアイランドキッチン成功の秘訣03

アイランドキッチンにはさまざまな魅力やメリットがありますが、なかには設置後に「こんなはずじゃなかった」と後悔している方もいます。実際に設置しようと検討している方は失敗例も参考にして、自身のライフスタイルにマッチするかどうかも考えましょう。この段落では、4つの失敗例を紹介していきます。

部屋全体が狭くなる

部屋の間取りはそのままで、壁付けタイプのキッチンから対面タイプのアイランドキッチンへ変更した場合、部屋が狭くなるという失敗例があります。壁付けキッチンでは周囲に人が通れるほどのスペースを確保する必要はありませんが、アイランドキッチンの場合は通路スペースが必要です。ゆとりのある通路を確保したいという場合は、より大きなスペースが必要になります。そのため、通路スペースを確保できない広さでは、アイランドキッチンの設置が難しいでしょう。もし、間取りを検討しないまま設置してしまうと、キッチンがリビングを圧迫し、全体的に窮屈な印象の空間になってしまうおそれがあるので注意しましょう。

調理中のにおいや汚れが気になる

アイランドキッチンは調理中のにおいや煙がリビング側へ広がってしまうことがあります。ガスコンロの上には換気扇が設置されますが、すべてのにおいや煙を吸い取れるわけではありません。壁付けタイプのキッチンであれば壁で遮られるのでにおいや煙がリビングへ流れるのをある程度は遮ることができます。また、アイランドキッチンの場合は遮る壁がないため、においや煙だけでなく調理中の油や洗い物中の水がリビング側へ飛び散ってしまうこともあります。

ごちゃごちゃと散らかって見える

周囲に遮るものがないアイランドキッチンはリビング側から丸見えになってしまいます。日常的にキッチンをきれいな状態に保てない場合、ごちゃごちゃと散らかって煩雑な印象を与えてしまいます。調理器具や食器類などをおいているだけでも整理されていないように見える場合もあるため、なるべくものの少ない状態を意識することが大切です。また、掃除をするのが苦手な方は、調味料や調理器具などを見せる収納として収納するようにしたりするなど、収納を上手く活用して、見た目の良いキッチンを維持するようにしましょう。

価格が高くなる

アイランドキッチンは一般的な壁付きタイプのキッチンよりもカウンターが広い設定されていることが多いです。さらに、四方をすべてみせるられるようにデザインされているので、壁付けタイプのキッチンに比べ、価格が高い傾向にあります。設置するための工事費用やリフォーム費用などもかかってくるため、正確な見積りを取ってもらい、予算内に収まるキッチンを探しましょう。

4.失敗しないために知っておきたいアイランドキッチン成功の秘訣

失敗例から学ぶアイランドキッチン成功の秘訣04

自宅にアイランドキッチンを採用する際は、失敗しないためのコツやポイントを把握しておきましょう。ここからは、成功の秘訣を知るために、4つのポイントを解説します。

気に入ったデザインを選ぶ

アイランドキッチンは存在感が強い設備です。そのため、リビングから見ても違和感がなく、ライフスタイルや自分の気に入ったデザインや色を選ぶようにしましょう。ダイニングテーブルとしても使用できるタイプやリビング側に収納スペースがあるタイプなど、さまざまなタイプがありますので、どのようにキッチンを使いたいのかをしっかり考えて、自宅に最適なキッチンを検討する必要があります。

調理のためのスペースを十分にとる

失敗例から学ぶアイランドキッチン成功の秘訣05

調理スペースに関しては、ある程度のゆとりを持たせることが大切です。具体的には、約60~90cmを目安にスペースを確保しましょう。家族構成によっては作る料理の量や使用する調理器具も変わってきます。そのため、必要な広さも変化してくるので、普段のライフスタイルを考えながら必要な広さを検討しましょう。また、スペースを確保できない場合は、シンクに蓋をして作業スペースとして使うこともできます。そして、キッチンのまわりの通路は人がお盆を持って通れる広さを基準にして、最低でも80cm程度を確保します。さらに、調理台で作業する人数も考えてスペースを確保する必要もあります。

また、作業動線は冷蔵庫とシンク、加熱機器の3カ所を頂点として考えるワークトライアングルを意識しましょう。各頂点へ2~3歩程度で移動できる距離に設定しておくと、バランスの取れたキッチンになるといわれています。

お手入れのしやすい素材を選ぶ

アイランドキッチンは周辺が汚れやすくなるので、油や水はねを防止するガラスパネルなどを採用すると手入れがしやすくなります。さらに、汚れを拭き取りやすく、換気もしっかり行ってくれるレンジフードや汚れをふき取りやすい床、臭いを吸着しにくい壁など、使う素材を意識するだけでもアイランドキッチンを清潔な状態に維持できます。

十分な収納を用意する

アイランドキッチンは置いたモノが目立ちやすいため、できる限りモノを置かないことがきれいな状態を維持するためのコツです。そのため、壁つけ収納などを活用するなど、しっかりと収納スペースを確保して、整頓しやすい環境づくりを行いましょう。パントリーなど収納を設けるのもよいでしょう。

5.アイランドキッチンを知って自分の理想のキッチンを実現しよう

失敗例から学ぶアイランドキッチン成功の秘訣06

憧れだけでアイランドキッチンを採用してしまうと、後悔するケースがいくつもあります。そのため、アイランドキッチンを採用する際には、その特徴や失敗例、成功の秘訣などを把握して、理想的なキッチンを作り上げましょう。

「キッチンの商品情報ページ」はこちら

この記事の関連キーワード