2019.3.29

トイレをおしゃれなインテリアに!照明や香りにもこだわろう!

住まいづくり

トイレをおしゃれな空間にしたいなら、インテリアにもこだわって選びましょう。ここでは、トイレにおすすめのインテリアや照明、芳香剤、タンクレストイレなどを紹介します。

目次

  1. トイレをおしゃれにするには?おすすめインテリア
  2. トイレをおしゃれにするなら照明にもこだわりを!
  3. トイレをさわやかな香りで満たす!おしゃれな芳香剤
  4. 見た目がすっきり!おしゃれなタンクレストイレ
  5. インテリアでトイレをおしゃれな空間に!

1.トイレをおしゃれにするには?おすすめインテリア

トイレをおしゃれに見せたいなら、インテリアに統一感を持たせるのが近道です。ここでは、おすすめのインテリアのイメージ例をいくつか紹介するので、どんな雰囲気に仕上げたいかをじっくり考えてみましょう。

アンティーク

トイレのインテリアをアンティーク調で揃えると、一気に優雅な雰囲気になります。歴史や味わい、温かさを感じさせる、落ち着いた空間になるでしょう。アンティークな雰囲気を作りたいなら、中世のお城で使われていたようなヨーロピアンな雰囲気の鏡を壁に掛けたり、猫脚の棚を設置したりしましょう。より簡単に楽しみたいときは、ダマスク柄などアンティークテイストの便座カバーやマットなどを選ぶのもよいでしょう。トイレットペーパーのホルダーをゴールドやアイアン調に変えるだけでも、雰囲気を変えられます。

シンプル

イレをおしゃれに照明や香りにもこだわろう

白を基調としたシンプルなインテリアのトイレにすれば、狭い空間でも実際より広く感じられます。さわやかな白は清潔感があり、トイレにはぴったりのカラーです。白一色に揃えてすっきりと見せるのも良いですが、その中にグレーやブルー、グリーンなどの差し色を少し加えてみても良いでしょう。グレーならスタイリッシュ、ブルーならマリンテイスト、グリーンならリラックスというように、アクセントカラーによってそれぞれ違う雰囲気を楽しめます。どんな色を選ぶかによって、センスの良さやおしゃれ感度の高さをアピールできるでしょう。

ナチュラル&カントリー

イレをおしゃれに照明や香りにもこだわろう

木目調のインテリアで統一すれば、トイレはナチュラルでリラックスできる場所になります。植物やフェイクグリーン、ドライフラワーなどをおしゃれに飾って、落ち着いた空間に仕上げましょう。トイレにグリーンがあると、ほっと安らげるような明るい雰囲気になります。トイレの中に日が当たらないなら、本物ではなくフェイクグリーンでも十分です。ドライフラワーを飾ると、少し上品な雰囲気が楽しめます。木目調の棚を設置したり、カウンターがあれば、カウンターの上に木箱を置いてナチュラル感を演出するのも一つの手です。レンガ調の壁紙やパイン材のアイテムなどを取り入れれば、カントリー風にもなります。

2.トイレをおしゃれにするなら照明にもこだわりを!

おしゃれな雰囲気のトイレを目指すなら、照明にもこだわりたいところです。光の色や照らし方によって、雰囲気をガラリと変えることができるからです。ここからは、トイレに取り入れたい照明の種類とその特徴を紹介します。

ペンダントライト

イレをおしゃれに照明や香りにもこだわろう

ペンダントライトとは、天井から吊り下げるタイプの照明器具です。間接照明として使われることもありますが、狭い空間のトイレならペンダントライト一つでも十分な明るさを確保できるのではないでしょうか。おしゃれなアンティーク風のものやシンプルなもの、和のテイストのものなどさまざまな種類があり、トイレの雰囲気に合わせて選べます。吊り下げるタイプなので、ほとんどのペンダントライトは長さを調節することが可能です。トイレの広さや奥行、明るさなどを考えて、最適な高さに吊り下げましょう。

ブラケットライト

ブラケットライトとは、壁に直接取りつけるタイプの照明器具です。本体のデザインや光のもれ方、サイズなどはさまざまです。トイレを優しい雰囲気にしたいなら丸みを帯びたものを、モダンな空間にしたいなら直線的でシャープなデザインのものを選びましょう。光を照らし出す方向は、天井方向、床方向、全方向などと調整が可能です。デザインと光の向きを掛け合わせることで、トイレを理想的なおしゃれな空間に仕上げられます。ただし、ブラケットライト新たに設置する場合は、専門業者での工事が必要です。

スタンドライト

スタンドライトとは、床や棚などに置いて使うタイプの照明器具です。棚の上に置くのにぴったりな背の低いテーブルスタンドライトや、背の高いフロアスタンドライトなどがあります。ほとんどのスタンドライトは好きな場所に置いてコンセントにつなぐだけで使えるので、工事は必要はありません。手軽にインテリアに取り入れることができるのは、スタンドライトの大きなメリットです。どこにどのように置くかによって、光の向きも自由に変えられます。色やデザインが豊富なので、トイレの雰囲気に合わせて選んでみましょう。

3.トイレをさわやかな香りで満たす!おしゃれな芳香剤

おしゃれなトイレにしたいなら、空間に漂う香りもおしゃれにしたいものです。ここでは、トイレに置きたいおしゃれな芳香剤を3種類紹介します。

アロマオイル

イレをおしゃれに照明や香りにもこだわろう

1つ目は、さまざまな香りがあるアロマオイルです。アロマオイルの豊かな香りはうっとりとするほど心地良く、どの香りにしようかと選ぶだけでも楽しいものです。香りによって、リラックスや安眠、気分転換などさまざまな効果があるとされているので、好きな香りと効能をチェックしながらじっくり選んでみましょう。アロマオイルは香りを楽しむ以外にも、消臭効果もあります。たとえば、ラベンダーの香りは殺菌や消毒にも効果があるといわれています。カビ予防や殺菌をしたいときには、ティーツリー・ユーカリ・レモングラスなどの香りが向いています。

スティック芳香剤

イレをおしゃれに照明や香りにもこだわろう

スティック芳香剤とは、アロマオイルが入った瓶にスティックを差して、香りを空間に広げるものです。スティック芳香剤は何といっても見た目がおしゃれで、置くだけで絵になります。芳香剤といってもそれほど強い香りではなく、ほのかに漂う香りを楽しめます。強い香りは苦手という方も、スティック芳香剤なら取り入れやすいでしょう。トイレに置く場合、オイルの量は100ml程度のものが目安です。小さなサイズでもトイレのような狭い空間では香りが十分広がり、リラックスした気分になれます。

海外製の芳香剤

しっかりと香りを感じたいなら、海外製の芳香剤を試してみましょう。海外の製品の多くは香りが強く、見た目が素敵なものもたくさんあります。日本のものとはひと味違う外見で、外国語で書かれたパッケージもおしゃれです。置くだけでどこか非日常感が漂うので、トイレのインテリア性が損なわれてしまうことはありません。ラズベリーやチェリー、バニラなどさまざまな香りを選べるのも、海外製の芳香剤を使う楽しみの一つです。ハワイアンやアップルシナモン、ワイルドフラワーなど、日本の芳香剤ではあまり見かけない香りに挑戦してみるのも良いでしょう。

4.見た目がすっきり!おしゃれなタンクレストイレ

イレをおしゃれに照明や香りにもこだわろう

おしゃれな空間のトイレを目指すなら、便器自体を交換するという方法もあります。人気があるのは、タンクのないタンクレストイレです。見た目がすっきりした印象になり、「配水管が邪魔で掃除しにくい」「タンクのスペースがもったいない」などということはありません。また、リフォームなどで、タンクレストイレの取り付けができない場合は、キャビネット付トイレもおすすめです。タンクがキャビネットに隠れているので、デザインはタンクレストイレに近いすっきりとした見た目になり、収納用のキャビネットの中に掃除用具やトイレットペーパーなどを収納することもできます。トイレの掃除用具の置き場に悩んでいる方や、見えるところに出しておくのが嫌という方は、ぜひ検討してみましょう。

5.インテリアでトイレをおしゃれな空間に!

スペースが限られているトイレは、インテリアを少しこだわって変えてみるだけで、一気に雰囲気が変わります。トイレは一人になれる個室の空間だからこそ、リラックスできるように自分の好きなスタイルに仕上げたいものです。照明や香り、便器などにこだわって、快適かつおしゃれな雰囲気のトイレを目指しましょう。

「トイレの商品情報ページ」はこちら

この記事の関連キーワード