2019.3.29

憧れは商業施設!トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

住まいづくり

自宅のトイレは生活感が出やすい場所です。商業施設やホテルのトイレのように、おしゃれな雰囲気を出すにはどうしたら良いのでしょうか。単純にリフォームをして新しくするだけでは希望はかなわない恐れがあります。自宅のトイレを素敵な空間にしたいなら、事前にいくつかのポイントを踏まえておくことが大切です。この記事では、自宅のトイレをおしゃれにするポイントを解説し、参考になるデザインの例も紹介します。

目次

  1. トイレのデザインって?
  2. トイレのデザインを決めるときのポイント
  3. 取り入れたいおしゃれなトイレのデザイン
  4. トイレのデザインを考えるときの注意点
  5. トイレのデザインは利便性も意識して

1.トイレのデザインって?

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

そもそもトイレのデザインについて深く考えたことがない方も多いでしょう。毎日使用する空間だからこそ、できるだけしっかり考えて、居心地の良さを追求したいところです。トイレのデザインにこだわると、どのようなメリットがあるのか紹介します。

白いトイレは清潔感を出せる

トイレは用を足す場所なので、「汚い」「臭い」というのが一般的なイメージではないでしょうか。そのイメージを払拭したいなら、色の選択に気を使いましょう。さわやかな印象のある白を使うのがデザインの基本になります。便器やインテリアを白に統一すると、空間全体に清潔感を出しやすくなります。さらに、おしゃれな雰囲気を演出したいなら、他の色と組み合わせるのも一つの手です。たとえば、床を黒くすると締まった雰囲気になり、スタイリッシュなイメージになります。

小さい空間だからこそこだわりやすい

リビングなどの広い部屋に関しては、無難なデザインを選択するケースが多く見受けられます。本心ではデザインにこだわりたくても、広い空間を個性的にすることに抵抗感を持つ方も多いでしょう。一方、トイレは小さい空間なので、こだわりの実現に対する心理的なハードルが低くなります。他の場所ならためらうような派手なデザインでも取り入れやすいのではないでしょうか。また、使用する素材の量が少ないので、高価な素材を選んでもリビングなどの広い空間に比べるとコストを抑えることもできるでしょう。

2.トイレのデザインを決めるときのポイント

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

トイレのデザインを考えるとき、見た目の良さだけを意識する方がいます。しかし、トイレを素敵な空間にしたいなら、見た目以外のことにも配慮しなければなりません。トイレのデザインを決めるうえで、押さえておくべきポイントを説明します。

清潔に保ちやすいか

毎日トイレを使っていると、次第に汚れてくることは避けられません。きれいな状態で長く使っていきたいなら、汚れを落としやすい機能のある便器や床材を選ぶなど、掃除のしやすさを重視することが大切です。汚れが付着しにくい素材や汚れがたまりにくい形状の便器もあります。除菌や臭い対策を行えるタイプもあるので、それらを選択するとトイレをより清潔に保ちやすくなります。また、便器だけでなく壁材や床材を選ぶときも、汚れや湿気の対策が施されているものを選びましょう。

使い勝手がいいか

トイレの使い勝手が悪いと、いくら見た目が良くても素敵な空間とはいえません。扉の前のスペースには十分な余裕を持たせましょう。狭すぎると、立っているときに便器や壁にぶつかったりして、不便であると感じやすくなります。トイレットペーパーのホルダーを取り付ける位置にも注意が必要です。座ったままでも容易に手が届くところに設置する必要があります。また、タオル掛けの位置を手洗い場の近くにすることも大事です。手を拭きやすくなり、水滴が床に落ちるのを防げます。

お客さまも利用しすいか

自分や家族がトイレの主な利用者ですが、自宅を訪れたお客さまが使う場合もあります。特に来客が多い場合は、お客さまが利用することを想定して、簡易な応接室としてデザインを考えることもポイントです。たとえば、トイレに鏡や棚などを設置しておくと、化粧直しをしやすくなります。手洗いも設けておくと、化粧直しで手が汚れた場合をはじめ、手を洗いたいときに自由に使ってもらうことができます。もてなしの基本として、お客さまの立場に立ったデザインを考えてみましょう。

3.取り入れたいおしゃれなトイレのデザイン

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

デザインのポイントが分かっても、おしゃれなトイレを具体的にイメージするのは難しいという方もいるのではないでしょうか。そうした場合は、実際の施工例をチェックして参考にするのが良いでしょう。おしゃれなデザインを紹介するので、うまく取り入れてみましょう。

明るい壁紙やタイルを使う

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

トイレをおしゃれにするには、できるだけ生活感が漂わないようにデザインすることが大事です。それを実現する方法として、壁紙やタイルの選び方を工夫するという手があります。たとえば、目をひきやすい色や柄の壁紙を採用すると、他の生活空間と雰囲気の差を出すことができます。また、モザイクタイルを使えば、トイレというシンプルな空間を豪華にしたり、デザイン性を加えたりできるでしょう。どちらもトイレが特別な空間であるという印象を持たせやすくなります。

ライトによる演出をする

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

照明もトイレのデザインを検討するうえで欠かせない要素です。広さや便器、壁紙など他の要素が同じトイレでも、照明が異なると雰囲気はがらりと変わります。照明を覆うシェードにこだわるだけでも効果を期待できるでしょう。たとえば、カフェ風のシェードにすれば、カフェのようなおしゃれな雰囲気のトイレになります。また、間接照明は陰影のグラデーションを生み出せるので、うまく配置するとトイレの空間をスマートに演出できます。

植物を置く

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

植物を配置することも、トイレの雰囲気を変える手段の一つです。ワンポイントの飾りとして小さなサイズのものを使っても良いですし、スペースが許す場合は、もっと大胆に大きなサイズのものを置くという方法もあります。よりおしゃれな空間となりますし、植物のクリーンなイメージによって清潔感も出やすくなります。ただし、植物は枯れないように世話をする必要があるので注意しましょう。サボテンのように、水やりや日当たりを気にしなくても大丈夫な種類を選ぶと手間を減らせます。

白以外の便器を使う

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

便器の色は白が基本ですが、黒や茶色がかった灰色のものなどもあります。便器はトイレの中心的なものなので、その色が空間の印象に与える影響は非常に大きくなります。清潔感を重視して白を選ぶ方が多いですが、他の効果も期待して、あえて別の色を選ぶケースもあります。たとえば、壁紙が白系の色であれば、白以外の便器を取り付けてコントラストを強めると、高級感の演出が可能です。ただし、便器の取り付けには専門技術が必要になります。便器を交換する場合は自分で行わずに専門業者に依頼しましょう。

鏡やカウンターを配置する

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

鏡やカウンターを設置することで、トイレの雰囲気や使い勝手を良くしている事例も多くあります。大きな鏡を付けると、狭い空間でも開放感が出やすくなります。空間を写しだすので、まるでトイレの中が広くなったように見えるからです。また、ポーチを置ける広さのカウンターを設けると、化粧直しなどを行いやすくなります。利便性が上がるだけでなく、大理石など見栄えの良い素材を使うことで、空間の華やかさや高級感を向上させることも可能です。

4.トイレのデザインを考えるときの注意点

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

トイレをおしゃれに見せるポイントや実際の施工例を把握しても、それだけを参考にデザインを決めてしまうのは早計です。一人暮らしでもない限り、トイレは自分だけが使うものではありません。たとえ自分が素敵だと感じても、奇抜で落ち着かないデザインなどでは家族が賛成してくれない可能性もあります。トイレのデザインや機能は、一人で決めようとせず、事前にしっかり家族で話し合うことが大切です。また、将来的にライフスタイルが変化する可能性を考慮することも欠かせません。子どもが生まれたり自分が高齢になったりして、トイレに対する感覚や要望が変わることは十分にあるでしょう。間口の広さや段差、便器の高さなどに気を使い、将来のライフスタイルにも対応できるデザインを心がけましょう。

5.トイレのデザインは利便性も意識して

トイレをおしゃれにするポイントとデザイン例

おしゃれにすることを重視するあまり、使いにくいトイレになってしまうケースも見受けられます。そのような事態を避けるために、利便性の向上もリフォームの目標に入れておくことが大切です。おしゃれと利便性の両立を実現するには、広い視野を持って慎重に検討する必要があります。デザインのポイントを踏まえたうえで、利用しやすくて居心地が良いと感じられるトイレを目指しましょう。

「トイレの商品情報ページ」はこちら

この記事の関連キーワード