2019.3.29

丸見えキッチンにさよならしたい!目隠しアイデアとリフォーム例

住まいづくり
キッチンの目隠しアイデアとリフォーム例

開放感のあるオープンキッチンは、毎日の生活をおしゃれに演出してくれます。しかし一方で玄関やリビングから丸見えになってしまうキッチンに悩まれている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は工夫次第でキッチンの目隠しができる方法を紹介します。

目次

  1. 丸見えキッチンの悩み
  2. DIY・セルフリフォームによるキッチンの目隠し
  3. リフォームによるキッチンの目隠し
  4. キッチンの目隠しでおしゃれな生活空間を

1.丸見えキッチンの悩み

丸見えキッチンの悩み

開放的な空間に憧れてオープンキッチンにしたものの、リビングや玄関からキッチンが丸見えで生活感が漂ってしまって急な来客があった時に困ると悩んでいる人も多いのでないでしょうか。まずはどういう悩みが多いのか、具体的に紹介します。

ダイニングと一体型の悩み

ダイニングと一体型の悩み

ダイニングテーブルを備えた一体型のオープンキッチンは、食事をしている家族や友人と同じ目線で料理ができたり、作業をしながらコミュニケーションが取れることが最大の魅力です。しかしダイニングと一体型だと生活感が溢れるキッチンにテンションが下がってしまうという人も多いのではないでしょうか。例えば、物の置き場所がなかなか定まらず整理ができないことや、ダイニングテーブルの上に物を置いてしまい部屋が汚く見えてしまうということなどが原因だと言えるでしょう。機能性を重視してダイニングと近いレイアウトにすると、思わぬ逆効果で生活感が出てしまうことがあります。

対面キッチンの悩み

対面キッチンの悩み

人気の対面キッチン。キッチンからリビングに広がる開放感のある空間と、現代的で洗練されたデザインに加え、ダイニング一体型と同様にリビングで遊ぶ子供達が見えるので安心して料理をすることができます。一方で、キッチンの整理整頓がきちんとできていないとリビング全体の印象にも影響が。さらに急な来客が来た際は、キッチン周りの片付けを慎重にしなければいけないことや、調理している様子や盛り付けしている様子を見られてしまいプレッシャーに感じてしまう人もいるかもしれません。

2 .DIY・セルフリフォームによるキッチンの目隠し

DIY・セルフリフォームによるキッチンの目隠し

ここまでオープンキッチンの悩みについて紹介しましたが、キッチンの丸見えを何とかしたいという悩みを解決してくれるのが目隠しです。次はお手軽な材料を使って、DIYで簡単に目隠しできる工夫を紹介します。

のれんを使ったキッチンの目隠し

はじめに紹介するのは、カフェカーテンやのれんを使った目隠しの方法です。生活感が出てしまう場所を布で隠すというシンプルな方法ですが、素敵なデザインの布で彩れば、キッチン周りをおしゃれな空間に演出することができます。例えば、丸見えの収納棚は前に布をつけて中のものが見えないようにしたり、家電が収納されている棚の前に布を取り付けたり、布を使用することによりキッチンを柔らかい印象に仕上げることができます。さらに、布の代わりにレースを使用したり、色を白で統一するだけで清潔感のあるキッチンが完成します。収納棚にのれんを取り付けるときは、つっぱり棒を使えば簡単です。また、電子レンジや炊飯器などは使わないときには、お気に入りのクロスをかけて目隠しすれば生活感をやわらげることができるでしょう。

自作パーテーションを使ったキッチンの目隠し

次に紹介するのが、板やすのこなどを使ってパーテーションを作る方法です。板は収納棚に貼って、ペンキなどで色を塗れば目隠し用の収納棚が完成します。レンガのウォールペーパーを貼ってナチュラルにしたり、全体を白でまとめて清潔感のある空間に仕上げてみましょう。

すのこは通気性がよく湿気に強いので、キッチン周りで活躍するアイテムだと言えます。木材が主流ですが、ステンレス製のものもあります。ステンレス製のすのこはキッチンで使われることが多く、食器や野菜の水切りなど一時的な置き場にしたり調理スペースの拡大に使えます。すのこを利用して、色を塗ったり、ステッカーを貼ったりしてアンティークな雰囲気が漂うパーテンションを自作してみましょう。

棚を使ったキッチンの目隠し

棚を自作して、キッチンカウンターを上手に目隠ししてみましょう。自作となると難しいと考える人も多いかもしれませんが、安い材料で経費を抑えて用途に合わせて自分好みの棚を作ることができます。またすべてを覆わなくてもオープンキッチンの上下や端など、一部分だけを目隠しするだけでおしゃれな印象にガラリと変えることができます。キッチンカウンターの真ん中にぴったり収まるサイズの棚を自作したり、コンロの部分だけ自作した棚を置いて目隠ししたりするなど、アイデア次第で自由にアレンジすることができます。ただしキッチンのサイズや高さ、隠したいものは人それぞれ異なるので、自作する際はサイズをしっかり確認することをおすすめします。

3 .リフォームによるキッチンの目隠し

リフォームによるキッチンの目隠し

ここまで自作で目隠しする方法を紹介しましたが、もっと実用的な空間を実現するのであれば、リフォームによるキッチンの目隠しがおすすめです。カーテンレールやロールスクリーン、引き戸を業者に取り付けてもらうことで、生活感のあるキッチンを隠しましょう。

カーテンレールやロールスクリーンを取り付ける

完全に目隠しするのではなく、一時的に目隠しをしたい人にはカーテンレールやロールスクリーンを取り付けることをおすすめします。対面式キッチンのカウンターの上に、カーテンレールを取り付けてカーテンをつければ随時、目隠しとして活躍してくれます。ロールスクリーンは、どの程度開けるかなど調節が可能なので、カーテンと比べると自由度が高いと言えます。特にキッチンなどの湿気の多い場所には、撥水加工が施されたカビの生えにくい素材のものを選び、キッチンを清潔に保つようにしましょう。

扉を付ける

オープンキッチンは料理をしながら子供の様子を見たり、家族とコミュニケーションをとったりすることができるのが最大のメリットだといえます。しかしながら、リビングからよく見えるキッチンの背面収納は収納しているものが丸見えになってしまうため、この部分を目隠ししたいという人も多いのではないでしょうか。リフォームで、この背面収納を扉付きのものに変えれば、食器類や食品のストックなどを隠すことができて生活感を抑えることができます。もし、背面収納に扉を取り付けることでの圧迫感が心配であれば、半透明タイプの扉を取り付けることをおすすめします。フラットで完全に中が見えない扉とは違って、半透明タイプの引き戸は全体を和らげてくれるうえに、閉塞感を感じにくくなります。床や天井の工事が発生するので、要望を明確にして施工業者に相談して検討するといいでしょう。

4 .キッチンの目隠しでおしゃれな生活空間を

オープンキッチンは、キッチンからリビングまで開放感のある空間が広がっており、家族とコミュニケーションを取りやすいことが人気のひとつだといえます。しかしキッチンの中が丸見えになってしまうというデメリットがあるため、今回紹介した目隠しを活用して、おしゃれな生活空間を作ってみてはいかがでしょうか。また急な来客に備えて日頃から、掃除や整理整頓をこまめにしたり、電子レンジや炊飯器などの電化製品は、導線を考えて一カ所にまとめて置いたりなど、スッキリした収納を心がけましょう。

「キッチン 製品情報」はこちら

この記事の関連キーワード