2019.3.29

部屋が明るくおしゃれに!リフォームで壁に室内窓

住まいづくり
リフォームで壁に室内窓

壁をオシャレにリフォームしたいという場合、部屋間の壁に室内窓を設置するという選択肢があります。リノベーションなどを中心に、採用されることが増えてきた室内窓。見た目のおしゃれさ以外にもさまざまなメリットがあります。そこで、室内窓の種類や設置のメリット、あるいは設置の際の注意点などについて解説をします。

目次

  1. 室内窓とは?メリットは?
  2. 壁に窓を後付けすることは可能?
  3. 壁のリフォームで窓を設置する際の注意点
  4. 室内窓の設は経験豊富な業者に依頼しましょう

1.室内窓とは?メリットは?

リフォームを行う際の選択肢のひとつとして、室内窓は大きな注目を集めています。室内窓で従来の住まいにはなかった魅力を手に入れることができます。ここでは、室内窓の種類や設置のメリットを具体的に紹介します。

室内窓とは

室内窓とは

窓といえば、多くの人は外壁に取り付けられたものを想像しがちです。しかし、なかには部屋と部屋、あるいは部屋と廊下を仕切っている壁に窓が設置されているケースもあります。それが室内窓です。室内窓があれば、壁全体を取り払わずに隣り合った2つの空間をつなげることができます。また、その種類はさまざまで、屋内の採光や風通しをよくするといった実用性重視のものもあれば、インテリア重視のものもあるといった具合です。

たとえば、採光部分なら、透明のガラス以外にも気泡ガラスやステンドグラスなどといったものから選ぶことができます。さらに、窓枠の素材に関しても木製やアルミ製など、数多くの種類があるので、好みや用途に応じてのコーディネイトが可能です。そのため、インテリアとして室内窓を取り入れる人が増えています。

室内窓の種類

室内窓の種類

室内窓には大きく分けて開閉窓タイプとFIX窓タイプの2種類があります。まず、開閉窓とは自分で開け閉めのできる窓のことです。ただ、同じ開閉窓でも開閉の方法でさらに細かく種類が分かれます。代表的なものとしては、引き戸式、押し出しタイプ、両開き及び片開きの開き戸タイプなどがあります。このなかで室内窓として馴染み深いのは開き戸タイプですが、狭い空間で使い勝手のよさを求めるのであれば引き戸タイプを選択するのもひとつの手です。開いた窓が邪魔にならないので、リビングと廊下のあいだ、あるいは子ども部屋と階段のあいだなどといったスペースに設置するのには最適です。いずれにしても、このタイプの窓は空気を入れ替えたり、顔をのぞかせたりといったことが自由にできるのが特徴だと言えます。

一方、FIX窓タイプとはFIX(固定)という言葉の通り、開閉ができないタイプの窓のことです。採光を主目的とした窓であり、採光窓、あるいは採光ユニットと呼ばれることもあります。小窓のようにコンパクトなタイプや細長いタイプなど、効率的に光を取り込める形状が揃っているのが特徴です。また、通常の使い方のほかにも、吹き抜けなどの高い場所では落下防止のために設置するのにも適しています。

室内窓のメリット

室内窓のメリット

多くの人が室内窓を設置する理由として挙げているのが、部屋が明るくなるという点です。外につながる窓があるといっても、そのほかの面が完全に壁で遮られていると、部屋は暗くて閉塞感に包まれたものになりがちです。特に、北向きの部屋などは日光が入りにくいので昼間でも薄暗くなってしまいます。そこで、室内窓を設けて隣接する部屋からも光を取り入れられるようにすれば、たとえ北向きの部屋でもぐっと明るくなるというわけです。

また、風通しの良さも見逃せません。窓がひとつだけしかない場合、単に窓を開けるだけでは風は思うように入ってこないものです。それに対して、部屋窓を設けて外に通じる窓と一緒に開けておけば、風の通り道ができ、風通しはかなり良くなります。さらに、部屋窓があると空間が明るくなるため、視覚的に広く感じられて開放感をもたらしてくれます。特に、外壁に大きな窓を設けにくい洗面所やキッチン、廊下などといった場所に設置するのが効果的です。

ほかにも、部屋窓には作業をしながらでも家族を見守れるというメリットがあります。たとえば、小さな子どもがいる家庭では、家事をしているときでも子どもの様子が気になるものです。その点、部屋窓を設置すれば家事をしながら隣の部屋にいる子どもに目を配るといったことも可能になります。

2.壁に窓を後付けすることは可能?

壁に窓を後付けすることは可能?

もともと壁だったところに窓を設置するのは無理があるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、それ自体は十分可能です。ただし、後付けや増設を行うと初めから窓を設置する場合と比べて費用は高くなる傾向があります。なぜなら、一度壁を壊してサッシと窓をはめ込み、そのあとで周囲の壁を補修するという形になるからです。最初から窓を設置する場合と比べて、壁を壊したり、補修したりする分の手間がかかるというわけです。

また、後付けは可能だといっても、どこにどんな窓でも設置できるというわけではありません。壁の中には「筋交い」と呼ばれる斜めにクロスした柱がありますが、これを切断すると耐震性が落ちて危険です。そのため、あまり大きな窓をつくることは難しい場合があるのです。

3.壁のリフォームで窓を設置する際の注意点

メリットの多い室内窓ですが、実際に壁のリフォームを検討する際には注意すべき点がいくつかあります。そのなかでも、特に重要なポイントとして挙げられるのが「その場所で施工は可能か」「業者選びはどのようにすればよいのか」という2点です。具体的に何に気を付ければよいのかについての解説をしていきます。

施工可能か(壁の中にある筋交いが存在していないか)

施工可能か

家の建築時に窓を設置するのとは異なり、後付けや増築を行う場合は施工できる箇所は限られてきます。なぜなら、むやみに壁に穴を開けると耐震強度が下がってしまって危険だからです。特に、補強資材である筋交いが入っている箇所は設置ができない可能性がかなり高くなります。また、洋室の場合は柱を隠した造りになっていますが、見えないからといって柱を切り取って窓を設置するのは厳禁です。柱がなくなると家の強度は極端に低下するため、筋交いを切り取るよりもさらに高いリスクを背負うことになります。

同じように、後付けで壁に大きな窓を設置するのも困難です。壁は部屋を区切るだけでなく、屋根を支える役目も果たしています。その壁を取り払って窓にしてしまうと、部屋を支えるだけの強度を確保することが難しくなるため、施工ができないケースが出てくるというわけです。ちなみに、新築の家に大きな窓を設置する場合は、梁を太くして負荷を分散しているのですが、リフォームの際に後付けで梁を取り付けるのは容易なことではありません。

以上の点を踏まえ、部屋窓のリフォームを計画する際には予定箇所が本当に施工可能なのかを慎重に見極める必要があります。

業者選び

業者選び

室内窓の設置を検討する際に最も重要なポイントだと言えるのが業者選びです。なぜなら、既存の住まいに新たな窓を作るというのは難易度が高く、対応できるリフォーム業者も限られてくるからです。そのうえ、材料に安物を使ったり、工事で手を抜いたりして工賃を安く抑えようとする業者も存在します。もし、質の悪いリフォーム業者を選んでしまうと、あとでトラブルが発生して後悔することにもなりかねません。ただ、初めてリフォームを行う場合はどの業者を選べばよいのか分からずに戸惑ってしまうものです。

そこで、まず確認してほしいのが窓設置の実績です。複数のリフォーム業者のサイトを調べ、ほかの業者よりも明らかに実績が多ければ腕も確かな可能性が高いと言えます。次に、インターネットなどを利用して業者の評判を確認します。そのうえで、これはと思った業者に連絡を入れ、接客態度や担当者との相性などをチェックするのです。以上のプロセスを経て好印象の業者があれば、その業者が有力な候補となります。あとは直接会社を訪ねるなどして最終的な判断をしていきましょう。

4.室内窓の設は経験豊富な業者に依頼しましょう

室内窓の設は経験豊富な業者に依頼しましょう

室内窓の存在は生活に豊かさや快適さをもたらしてくれますが、リフォームで設置するのであれば、かなりのスキルを必要とします。そのため、施工を依頼する際には確かな技術と豊かな経験を兼ね備えた業者を選ぶことが重要になってきます。この記事を参考にしながら、後悔のないリフォームを実現していきましょう。

「壁・室内建具 製品情報」はこちら

この記事の関連キーワード