2019.3.29

浴室乾燥機は本当に必要?デメリットもチェックして賢く使いこなそう

住まいづくり

洗濯物がたくさんあるため手っ取り早く洗濯物を乾したいときや梅雨などの雨続きのとき、家族に花粉症の人がいる場合などに浴室乾燥機があると良いですね。浴室乾燥機には、浴室のカビを抑制する効果や浴室内が寒いときに暖める効果が期待でき、良い面だけが浮き彫りにされがちです。しかし、浴室乾燥機にデメリットはないのでしょうか。この記事では、浴室乾燥機のデメリットにはどんなものがあるのかを紹介し、賢く使いこなす方法を紹介します。

目次

  1. 浴室乾燥機のメリット
  2. 浴室乾燥機のデメリット
  3. 浴室乾燥機が向いている人はどんな人?
  4. 浴室乾燥機を賢く使うための方法は?
  5. ライフスタイルに合わせて浴室乾燥機の導入を検討しよう

1.浴室乾燥機のメリット

浴室乾燥機のメリット

浴室乾燥機とは、浴室についている乾燥機で、乾燥のほかに換気、暖房、冷風など、さまざまな機能があります。

冬は浴室内を暖めることができ、夏は涼しくすることができるため、入浴時に快適に過ごすことが可能です。浴室内を乾燥させられるだけでなく、洗濯物を干すことができます。浴室内で洗濯物を干せば、衣類がしわになるのを防ぐことも可能です。洗濯物を乾かすには洗濯乾燥機を利用する方法もありますが、しわになりやすかったり衣類が縮んだりすることがあります。さらに、衣類の種類によっては洗濯乾燥機で洗うことが難しい場合も少なくありません。浴室乾燥機があれば、雨が続くときや花粉症の家族がいる場合でも洗濯物を干すことができ、部屋干しの臭いや生乾きの臭いなどもしにくいです。

2.浴室乾燥機のデメリット

浴室乾燥機があれば確かに便利ですが、メリットばかりではありません。ここでは、浴室乾燥機のデメリットを紹介します。

フィルター掃除が面倒

浴室乾燥機にはフィルターが付いており、フィルターにはホコリが溜まりやすいです。フィルターのホコリをそのままにしていると、十分にパワーを発揮することができないだけでなく、健康にもあまり良くありません。そのため、定期的にフィルター掃除をしてホコリを取り除くことが必要です。忙しい人は、フィルター掃除の手間を面倒だと感じる人も少なくないでしょう。

干すのが手間

干すのが手間

浴室乾燥機の場合は、洗濯物を浴室内に干す作業が必要となります。洗濯乾燥機を使えば、洗濯物を洗濯機に入れるだけで乾燥まで行ってくれるので、干す手間を省くことが可能です。洗濯乾燥機には乾きムラがあったり生地が傷んだりしがちだったりとデメリットもありますが、手間の少なさという面に限ると、浴室乾燥機よりも優れています。

干すスペースに限りがある

浴室で洗濯物を干せるスペースは、一般的には浴槽の真上の部分になるため、外やベランダに洗濯物を干すときと比べて、あまり広いスペースとは言えません。1~2人世帯であれば、洗濯物を干すことは可能ですが、家族が多い場合や洗濯物がたくさん出る家庭の場合は、1度にすべての洗濯物を干すことが難しいケースもあります。1度にすべての洗濯物が干せなければ2度に分けて干す必要があるため、手間も時間も余分にかかってしまうでしょう。

お風呂に入りたいときに入れない

一人暮らしの場合は、洗濯乾燥機を利用して洗濯物を乾かす時間を調整することが可能です。しかし、家族と同居している場合は、自分がお風呂に入りたいタイミングで洗濯物の乾燥のために浴室が使われていると、お風呂に入れないことが起こり得ます。

光熱費がかかる

浴室乾燥機の機種やメーカーなどによって差はあるものの、電気代は1時間あたり約30~50円といわれています。洗濯物を乾かすのに洗濯乾燥機を1回4時間使ったとして計算すると、電気代は1回あたり約134円です。一方、洗濯乾燥機を使う場合は2~3時間程度で洗濯物を乾かすことが可能です。縦型洗濯乾燥機を使って洗濯物を乾かした場合、電気代は約86円となり、ドラム式洗濯機を使うと約48円となります。電気代の面でみれば、浴室乾燥機よりも洗濯乾燥機のほうが光熱費はかかりません。
※浴室乾燥機や洗濯乾燥機の機種によります。

3.浴室乾燥機が向いている人はどんな人?

浴室乾燥機にはメリットもデメリットもあることを踏まえたうえで、浴室乾燥機が向いているのはどんな人なのかを検証します。

洗濯物を外に干したくない人

花粉や黄砂、PM2.5などが洗濯物に付くことが気になり、外に洗濯物を干したくないと考える人は少なくないでしょう。また、洗濯物を外に干すには、毎日物干し竿やベランダの手すりを掃除することが必要です。その掃除が手間だと感じる人や、忙しくて掃除をしている時間が取れない人もいます。柔軟剤でせっかく良い香りを洗濯物につけても、外に干すことによって香りが飛んでしまうのが嫌な人もいるでしょう。また、ベランダが狭くて洗濯物を干すことが難しい人もいます。このような理由により外に洗濯物を干したくない人は、浴室乾燥機があれば便利です。

洗濯物のしわや臭いが気になる人

洗濯物のしわや臭いが気になる人

洗濯物を部屋乾しすると、生乾きの嫌な臭いが洗濯物に付くことが少なからずあります。また、洗濯乾燥機で洗濯をすると、洗濯物がシワになりやすいです。こうしたことが気になる人も、洗濯乾燥機を使えば悩みを解消できます。

天気に関わらず洗濯をしたい人

仕事が忙しい人や小さい子どもがいる人は、晴れていて洗濯日和の日だけに洗濯をすることが難しい場合も少なからずあります。天気が良くても悪くても関係なく、自分の都合に合わせて洗濯をして洗濯物を乾かしたい人にも洗濯乾燥機は向いていると言えるでしょう。家の敷地に余裕があれば、サンルームやガーデンルームを設置することで、天気の良し悪しにかかわらず洗濯物を干すことができます。

腰が悪い人

腰が悪い人

濡れた洗濯物は意外と重さがあるため、腰が悪い人にとっては、洗濯物を持って洗濯機とバルコニーやベランダに運ぶのが大変な場合もあります。浴室と洗濯機の位置関係が近ければ、濡れた洗濯物を運ぶ負担を減らすことが可能です。ただし、洗濯機が外にあるなど浴室と洗濯機の位置関係が遠ければ、この条件は当てはまりません。

浴室のカビに悩んでいる人

浴室が日陰になる場所にある・窓がなくて換気を行うことができない・忙しくてなかなか掃除をすることができないなど、浴室が乾きにくいケースも少なくありません。湿気が残った状態が続くと浴室にカビが生えやすくなってしまうため、カビを生えにくくしたいと考えている人にも浴室乾燥機は有効です。浴室乾燥機を使って換気や乾燥を上手に行うことにより、お風呂にカビが生えるのを防止できます。

4.浴室乾燥機を賢く使うための方法は?

浴室乾燥機を賢く使うために、メリットを活かしてデメリットを少なくするようにすることがポイントとなります。

換気・乾燥モードを使い分ける

浴室乾燥機についている換気と乾燥モードでは、かかる光熱費は大きく異なります。浴室乾燥機がガスと電気の場合を比較すると、機種によって異なるものの、ガスは約1時間半で浴室内の乾燥が終わるのに対して電気は約6時間です。光熱費はガスが1日あたり約74円、電気が約230円になります。一方、換気の場合は1日8時間「強」のモードで回したとして、ガスの場合は1日あたりの光熱費が約3円、電気の場合は1日あたりの光熱費が約8円です。光熱費としては換気のほうが乾燥よりも安いですが、カビの防止効果は換気よりも乾燥のほうが高いと言えます。そのため、最初は換気モードで水分を半分くらい飛ばしたあとで乾燥モードに変えて完全に乾かすと、光熱費を節約しつつ浴室内を年中カビの生えにくい状態に保つことが可能です。
※浴室乾燥機の機種によります。

こまめにフィルターを掃除する

こまめにフィルターを掃除する

浴室乾燥機の性能を十分に発揮させるためには、こまめにフィルターを掃除することがポイントです。こまめに掃除を行っていれば、洗濯物にホコリが付くことを防げるだけでなく、洗濯物を早く乾かすことができます。

洗濯物の干し方を工夫する

送風口の近くが最も洗濯物が乾きやすい場所なので、厚手のものなど乾きにくいものを送風口近くに置く工夫をすると良いでしょう。また、洗濯物を大量に干すと隙間がなくなるため、空気の流れができにくく、なかなか乾きません。そのため、1度に大量に干すのをやめて適度な隙間を空けて洗濯物を干すようにしましょう。浴室に扇風機を置いて洗濯物に風を当てることにより、効率良く洗濯物を乾かすことができます。

天気や洗濯物の種類に応じて使い分ける

洗濯物を外に干すのが嫌でなければ、天候や状況に応じて浴室乾燥機と外干しを使い分けるようにすると良いでしょう。天気が良く洗濯日和の日は外干しにし、梅雨時や花粉が多く飛ぶ時期は室内干しにするなど、対応を変えるだけで、光熱費の節約になります。忙しい人や天気の状況を見て洗濯物を干す時間を選ぶことが難しい人の場合は、サンルームやガーデンルームを設置すれば、好きなタイミングで洗濯物を干すことができます。サンルームやガーデンルームがあれば、急に雨が降ったときも慌てて洗濯物を取り込む必要はありません。

5. ライフスタイルに合わせて浴室乾燥機の導入を検討しよう

浴室乾燥機にはメリットだけでなくデメリットもあります。バルコニーが広く洗濯物を干すスペースが十分にある人や洗濯乾燥機を持っている人なら、浴室乾燥機は必ずしも必要ありません。一方、洗濯物を外に干せない、部屋干ししたときの生乾きの臭いが気になるなどの悩みがある人は、浴室乾燥機の設置を検討してみると良いでしょう。

「浴室 製品情報」はこちら

この記事の関連キーワード