2019.3.28

快適さがまるで違う!新築の住まいで重宝する最新設備とは!?

全記事

住まいの設備は以前と比べて格段に進化しています。これから家を新築やリフォームする方は、最新式の設備を導入することで、家事をさらに楽に、暮らしを快適にするチャンスです。この記事では、新築時に検討しておきたい便利な設備をカテゴリーごとに紹介します。さらに、設備選びで押さえておきたい注意点についても解説します。

目次

  1. キッチンのおすすめ設備
  2. トイレのおすすめ設備
  3. バスルームのおすすめ設備
  4. 玄関のおすすめ設備
  5. 収納のおすすめ設備
  6. ワンランク上の快適を目指せる設備
  7. 新築時に慎重に検討したい設備
  8. 新築の設備は実際の生活を想定して優先度を決めよう!

1.キッチンのおすすめ設備

新築住宅を建てる際、多くの方がこだわりたい空間がキッチンです。オプションも多く、検討すべき箇所が多いのも特長です。料理をする人にとっては過ごす時間が長い場所であるだけに、使い勝手の良い設備が揃っていると、家事も楽しくなるでしょう。

ビルトイン食器洗い乾燥機

image_media

ビルトインの食器洗い乾燥機があれば、1台で食器洗いから乾燥までを行ってくれるため、食器を洗って拭く手間を省くことができ、食事の後片づけが楽になります。食器洗い乾燥機自体が食器かごの役割も果たすため、調理台の上を広々と使うことが可能です。食器洗い乾燥機専用の洗剤は手洗い用の洗剤と比較して洗浄力が高いため、自分で洗うよりもきれいになる場合も。自分で食器を洗う場合と比較して使用する水の量が少ないため水道代を節約できるのもうれしいポイントです。

さらに、食器の後片づけに使っていた時間を別の時間にあてるなど、時間も有効活用することもできます。食器洗い乾燥機は食事の都度使うよりも、まとめ洗いをする方が効率が良く、1日分の食器を夕食が終わった後に洗うという人も少なくありません。寝ている間に食器が洗い終わってくれれれば、翌朝きれいなものを使うことができます。夜に使用することも考慮に入れて、音があまり出ないタイプの製品を選ぶと良いでしょう。

引き出し式のキッチン収納

シンクやコンロの下にあるキッチン収納は、以前は開き戸式が一般的でしたが、引き出し式が主流になってきています。引き出し式は開き戸式と比べると、収納力がはるかに高いことが特徴です。開き戸式では奥にしまったものが見えにくく、中のものを取り出すためには、腰を大きくかがめなければなりませんでした。しかし、引き出し式であれば、入っているものが上から見えるため、探す手間も省くことができ、物を取り出すときも楽に取り出しやすいです。

何より、引き出しの中にもう1つ引き出しが備えられているものもあり、デッドスペースになりがちだった空間も有効活用されています。引き出しごとに深さも異なるため、鍋などの調理道具やふきん・ラップなどの調理小物、高さのある調味料なども収納することが可能です。キッチン回りで使うものを効率良く収納できるため、キッチン回りをすっきりと片づけることができ、作業効率を上げることができます。

サポートシンク

水きりプレートやワイヤーポケットなどが備わった、機能シンクも人気です。シンクの上に2段のレーンがあり、上段のレーンにプレートを置けば調理台と同じ高さでシンクの上がつながるため、調理スペースを広く取ることができます。下段のレーンにプレートを乗せてお皿を置けば、上段のまな板の上で切った野菜を下段のプレートのお皿にスムーズに入れることが可能です。周りが汚れやすいフライの衣付けなども下段のレーンに置いたプレートの上で行えば、調理台の上が散らかることもありません。シンク内に水を流せば掃除ができるため、作業効率もうんと上がります。

これまで前かがみでやっていた米とぎや鍋を洗う作業なども、下段のレーンにプレートを置いたところに乗せて行えば、楽な姿勢で行うことが可能です。洗い物をする際にも、洗っていないお皿を下段のプレートに乗せるなどすれば、汚れているものときれいに洗ったものを分けて置くことができます。シンクを2段に分けて使うことにより、デッドスペースを有効活用できるだけでなく、作業効率を上げることが可能です。

【関連ページ】 キッチン≪リシェルSI≫ Wサポートシンク

タッチレス水栓

手やお皿、調理器具などを先端にかざすだけでセンサーが働いて水を出したり止めたりすることができるタッチレス水栓があれば、手が汚れていても蛇口をひねる必要がないため水栓が汚れません。タッチレス水栓を導入することによって、その都度手で動かしていたシングルレバーと比較して、こまめに止水をすることが可能です。その結果、水道代の節約にもつながります。

浄水器付き水栓

自宅に浄水器があれば、水道の蛇口からいつでも美味しい水を飲むことができ、飲料水だけでなく、料理やお茶なども美味しくなります。スーパーにペットボトルを買いに行く必要もありません。美味しい水を無料で提供するサービスを行っているスーパーもありますが、家に在庫がなくなれば、スーパーに出向かなければならないのが手間です。自宅の水道の蛇口からいつでも美味しい水を飲めるなら、手間がかかりません。浄水器を水道に後付けした場合、コンパクトなものであってもある程度の存在感があります。しかし、浄水器一体型の水栓を選べば、見た目は普通の水栓と変わらないため、シンク回りがすっきりとしており、キッチンを広く使うことが可能です。

2.トイレのおすすめ設備

新築住宅を建てる際には、トイレも快適な設備にしたいものです。ここでは、快適なトイレの設備について解説します。

便器

便器は汚れやすい場所だからこそ、掃除をしやすい形状や素材に着目して選ぶと、日々の掃除が楽になり、清潔で使いやすい空間になります。

タンクレストイレ

従来便器の後ろ側についているタンクがないのが、タンクレストイレ。見た目がすっきりとしており洗練された形になっています。タンクありのトイレと比較すると、タンクレストイレの場合は、トイレ空間を広く使うことが可能です。元々、トイレはスペース的にあまり広くない場合が多いですが、タンクレストイレなら空間的なゆとりを生み出すことができます。タンクがない分、視覚的にも圧迫感がないのもメリットです。

また、タンクレストイレは形がシンプルなため、掃除がしやすいのもメリットといえるでしょう。凹凸が少ないため、ホコリや汚れなどもたまりにくく、拭き掃除を簡単に行うことができます。

汚れが付きにくい素材

便器の内側は、長年使っているうちに、水アカのこびりつきによるリング状の黒ずみが付きやすくなります。さらに便器の表面も、水あかが付着したところは、ざらついてしまいます。最新のトイレは汚れが付きにくい素材が登場し、水あかがこびり付きにくく、いつまでも美しさを保つことが可能です。また、便器に汚れが付きにくく、水を流すときに汚れを浮かせる働きもあるため、掃除の回数を少なくすることができます。

2階のトイレ

新築住宅が2階建てなら、2階にもトイレを作っておくと良いです。家族が多い場合は、トイレが2つあることで朝のトイレラッシュも緩和されるでしょう。寝室を2階に作る場合も、トイレが2階にあれば、寒い時期の夜中に階下まで降りる必要がありません。

3.バスルームのおすすめ設備

1日の疲れを取るためにゆったりとした時間を過ごすバスルームは、新築住宅を建てるときに快適な設備を導入したいものです。ここでは、バスルームの設備について解説します。

浴室乾燥機

浴室乾燥機があれば、冬の寒いときなど、入浴前に浴室を暖めておくことができます。浴室内を乾燥させることができるため、カビや結露の発生を抑えることもでき、浴室内を清潔に保つことも可能です。洗濯物を干すこともできるため、雨天時や花粉の時期など、外に洗濯物を干すのが難しいときにも助かります。共働きの人などは、入浴が終わった夜間に洗濯物を浴室に干すことができるため、翌朝出かける前に洗濯物を干す必要がありません。雨で梅雨時期に洗濯物がたまってしまう悩みも、解消されるでしょう。

【関連ページ】 共働きファミリーにうれしい住まいの設備特集

浴槽

浴槽は、掃除がしやすい素材や、お湯を張ってから時間が経っても冷めにくい加工が施されているものを選ぶと良いでしょう。人工大理石の浴槽なら、肌触りもよくくつろいでお湯に浸かれます。浴室の広さによって設置できる浴槽の大きさは異なりますが、あまり大きい浴槽でなくても、縁が広めに作られているものなら、足を伸ばして肩までゆったりと浸かることが可能です。

4.玄関のおすすめ設備

新築住宅を建てる際には、玄関まわりの設備も整えておきたいものです。ここでは、玄関まわりにあると便利な設備を紹介します。

電気錠

電気錠とは、リモコンやカード、暗証番号などによってカギを開錠する機能があるカギです。カギを取り出す必要がないタイプもあり、子どもでも簡単に操作することができます。帰宅時に暗くなっているときでも、玄関の前でカギを探す手間がないのは便利です。買い物に出かけて両手がふさがっているときや、子どもを抱っこしているときでも、簡単に操作できます。カードキータイプの場合は、財布などに入れられるため、かさばらずにすみます。オートロック機能がついているものの場合は、カギを閉め忘れたときも施錠してくれるため安心です。

採風ドア

ドアを閉めているときでも室内に風を取り込むことができる採風ドアを設置すれば、玄関の風通しを良くすることができます。従来は防犯上の問題から玄関ドアは締め切っているのが一般的でしたが、採風ドアを設置することで施錠をしたまま室内に新鮮な空気を取り入れることが可能です。空気を取り入れることによって部屋の中に空気が循環するため、カビなどを防ぐことができます。空気だけでなく光も取り込むことができるものもあるため、暗くなりがちな玄関を明るくすることが可能です。採風ドアには網戸がついているため、虫などの侵入を防ぐこともできます。

モニター付きインターホン

モニター付きインターホン

モニター付きインターホンがあれば、訪問者が誰なのかを事前に確認してからドアを開けることができます。玄関に出て応対する必要がないため、子どもがひとりで留守番をしている家庭でも安心です。留守にしがちな家庭の場合は、録画機能が付いているものを設置しておけば、日中に誰が訪問したのかを後から確認することができます。2階建ての家の場合は、1階に設置する親機とは別に子機を2階に設置しておけば、2階にいるときにも訪問者の確認を簡単に行うことが可能です。機種によっては、玄関で異常を感知したときに警告音を鳴らすものや非常ボタン付きのものもあり、防犯性の観点でもうれしい機能です。

5.収納のおすすめ設備

新築住宅を建てる際には、収納スペースも使いやすく整えたいものです。ここでは、新築住宅にあると便利な収納スペースを紹介します。

パントリー

パントリーとは、キッチンやキッチンに隣接した場所にある食品ストックや飲み物、滅多に使わない調理家電小物などを収納できるスペースです。パントリーがあれば、食品ストックはもちろんのこと、食器棚に収まらない大きな食器や、置き場所に困る調理家電なども収納しておくことができます。キッチンの近くに設置してあれば、調理中に食材などを出し入れするのも便利です。パントリーがあれば収納力も高いため、食品が安いときに買いだめしておくことができます。

また、災害用の備蓄食材なども保管しておくことが可能です。外に出しておきたくないものはパントリーに収納することができるため、すっきりとしたキッチンを実現できます。パントリーには棚タイプとウォークインタイプがあり、棚タイプに比べてウォークインタイプは収納力が抜群です。半面、料理中に必要なものをその都度取りに行かなければならないため、移動動線が長くなります。手際良く調理を行うためには、開け閉めのしやすい扉にしたり、必要なものをあらかじめパントリーから出しておき、置いておけるスペースを確保したりすると良いでしょう。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、人が通ることができるように通路がついた収納スペースで、棚や衣類をかけられるパイプが取り付けてあります。ウォークインクローゼットの棚やパイプの配置は、広さに応じてさまざまなタイプがあるのが特徴です。1カ所もしくは2カ所の壁際に棚やパイプが設置されているL字型や1列型、通路が真ん中にある2列型や通路の両側と奥にも衣類をかけられるコの字型などがあります。

ウォークインクローゼットには、衣類の他にカバンや帽子、アクセサリーなどをまとめて収納することが可能です。その結果、部屋をすっきりさせることができます。出かける前に着替えを1カ所で済ませることができて便利です。広いスペースがあれば、大量の衣類を収納することができるため、衣替えをする手間がかかりません。また、広さによっては、衣類の他にもスーツケースやスキー用品など、かさばるものや季節用品なども収納することができます。

玄関収納

限られたスペースに散乱しがちな傘や靴、子どもの遊具やベビーカーなどをすっきりと収納できるのが玄関収納です。コートなどをかけられるパイプも設置することができます。外から持ち帰ったもので行き場のないものや家の中に持ち込みたくないものなどを、まとめて収納しておくことが可能です。ゴルフバッグなど大型のものや非常用持ち出し袋、食材の宅配をしている場合の発泡スチロールの箱なども収納することができます。扉に姿見が付いていれば、出かける前に身だしなみをチェックできて便利です。開き戸に取っ手がないタイプなら、見た目をすっきりとさせることが可能です。玄関の嫌な臭いやカビを防止するために空気清浄機能がついたタイプのものもあります。家族構成に合わせて必要なスペースと機能を備えたものを選ぶと良いでしょう。

6.ワンランク上の快適を目指せる設備

新築住宅を建てる際に設置してあると、より便利で快適な生活が送れる設備も少なくありません。ここでは、ワンランク上の快適な生活ができる設備を紹介します。

床暖房

床暖房

床暖房は、エアコンやファンヒーターのように暖かい空気が上のほうに行ってしまわず、足元から部屋全体の広い範囲を暖めることができるため、快適に過ごすことができます。ファンヒーターのように空気が汚れることがなく、エアコンのように空気が乾燥することもありません。また、ホコリも舞い上がりにくいため、アレルギーの人がいる場合や小さい子どもがいる場合、ペットを飼っている場合にも安心です。

電気式と温水式があり、電気式のほうが初期費用も安く簡単に導入できますが、暖まるまでに時間がかかります。また、電気代も電気式のほうが高いです。一方、メンテナンスについては電気式の耐用年数は長く、建物と同等だといわれており、温水式は定期的に不凍液の入れ替えが必要とされています。温水パイプの耐用年数は30年程度といわれているため、他の暖房器具に比べるとメンテナンス費用はかかりにくいといえるでしょう。電気代やガス代がかかるのが難点ですが、暖める場所をキッチン側、リビング側など分割しておくことで、光熱費を節約することができます。

宅配ボックス

宅配便で送られてきた荷物は、不在にしていた場合、再配達をしてもらわなければ受け取ることができません。忙しい人だと自宅に帰宅する時間が遅く、再配達を依頼できる時間を過ぎている可能性があります。宅配ボックスがあれば、不在でも再配達依頼をせずに荷物を受け取ることが可能です。共働きなどで留守になりがちな家庭の場合、宅配ボックスを備えておくと良いでしょう。

不在の場合に限らず、在宅していても宅配業者のインターホンに対応できない場合、子どもが1人で留守番をしている場合でも荷物を受け取ることができます。宅配ボックスは、宅配便を装った不審者対策としても効果的です。スマートフォンと連携させれば、複数の荷物を受け取ることもできます。宅配業者からの荷物だけでなく、知人からのお届け物などを保管しておくことが可能です。ポストと宅配ボックスが一体型になったものや後付けできるタイプなど、さまざまなタイプがありますので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

【関連ページ】 共働きファミリーにうれしい住まいの設備特集

エコカラット

エコカラットは、湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低く乾燥しているときは湿気を放出する、調湿性能のある壁素材です。日本古来の伝統工芸である土壁にヒントを得て開発されており、湿気だけでなく、ペットの臭いや生ごみの臭いなど、暮らしの中での気になる臭いも吸着する性能がある素材です。

すぐれた機能もさることながら、見た目の美しさもエコカラットの特長です。さまざまなデザインが揃っており、部屋の雰囲気を豊かに彩ってくれます。また、珪藻土などの調湿素材は水拭きをすることが難しい使いにくさがありました。エコカラットなら、汚れたときには水拭きができるため掃除がしやすく、いつでも清潔さを保つことができます。

7.新築時に慎重に検討したい設備

これまでは、さまざまな住まいの設備やおすすめの機能を紹介しましたが、ここからは、慎重に検討したい設備や機能をご紹介します。

ロフト

新築で住宅を建てるとき、部屋数の関係から1人1部屋を割り当てることが難しい場合、部屋代わりの設備としてロフトを作ることがあります。ロフトがある家はおしゃれなイメージがありますが、使いにくい一面もあることを知っておくことが必要です。

ロフトを部屋の1つとして使うなら、布団を運び込まなければなりません。ロフトは、はしごを使って上り下りすることが多いため、布団などの重たいものを運ぶのが大変です。構造的に屋根のすぐ下に位置するため、窓があったとしても夏場は暑く、寝室として使うには難しさがあります。また、子どもが小さい場合は、ロフトから落ちるのではないかと心配になることも少なくありません。物置として使う場合も、重いものを運び込むのは難しいです。ロフトを物置として使うなら、軽くて他の収納スペースに入れると場所を取るものが適しているといえるでしょう。

床下収納

床下収納

新築で住宅を建てるとき、収納設備の1つとして床下収納を設けることがあります。床下収納は、昔は梅干しや漬物など、長期間をかけて熟成させて作る食品などを置く場所として使われてきました。開け閉めも時折しか行わないため、滅多に使わない食品や調理器具、非常食などを保存しておく場所として最適です。洗面所に設置してあれば、洗剤やシャンプー、ティッシュペーパーなどの日用消耗品を収納しておくことができます。

床下収納は、人目に触れるところに置いておきたくないものも収納しておける便利な場所です。しかし、床下収納の上に何かを置いてしまうような場所に設置してあると、実質的に使えません。そのため、床下収納をどこに設置するかが大切なポイントです。中に入れたものを取り出すときには、基本的に腰をかがめて行うことになります。そのため、あまり重いものを入れてしまうと、取り出しにくくなってしまいます。湿度や温度変化の影響を受けやすい場所でもあるため、瓶詰や缶詰などの保存食、お酒などの腐りにくいものを入れるようにしましょう。キッチンに設置する場合は、水などがかかったときに掃除がしにくくなる可能性があるため、設置する場所を考える必要があります。

床の色

新築住宅の設備を考える際に、床の色も注意して決めたいことの1つです。白っぽい色の床なら部屋が明るく見えます。ホコリが落ちていても目立たない反面、髪の毛が落ちていると目立つのがデメリットです。暗い色の床を選ぶと、おしゃれで落ち着いた雰囲気が出せます。髪の毛は落ちていても目立ちにくいですが、ホコリなどの白っぽいゴミが目立つのがデメリットです。白っぽい色や暗めの色の床にするなら、こまめに掃除を行いましょう。同じ広さの空間なら、床は明るい色を選ぶほうが部屋は広く見えます。床を暗めの色にして、統一感を出すために家具やカーテンなども暗めの色を選んでしまうと、圧迫感があり、余計に部屋が狭く見えてしまいがちです。

ナチュラルな色の床は、髪の毛やホコリなどが目立ちにくく、温かい雰囲気のある空間になります。ただし、ナチュラルな色の床は賃貸住宅でもしばしば用いられているため、低コストのものを使用してしまうと、部屋が安っぽく見えてしまいがちです。床を決める際には、他の家具やインテリアの色との兼ね合いなども考えて、選ぶようにしましょう。

8.新築の設備は実際の生活を想定して優先度を決めよう!

家を建てて住み始めた後で設備の必要性を感じたとしても、後付けが難しかったり、費用が多くかかったりして割高になるケースが少なくありません。住宅を建てる前に欲しい設備をよく検討して、新築で建てるときに、なるべく設置するのが得策です。欲しい設備をすべて導入すると予算が高くなるため、ライフスタイルにあわせて必要なものから優先順位を付けて導入していくと良いでしょう。快適な生活をするためには、最新のものを選ぶこと以上に、家族のライフスタイルに合わせたものを選ぶことがポイントです。

「“共働き目線”の住まいの設備特集」はこちら