2019.3.29

トイレへの手洗い設置は専門業者に頼むべき?DIYでも可能?

住まいづくり
トイレへの手洗い設置はDIYできる?01

今あるトイレに手洗いを取り付けたい場合は、2つの方法があります。1つ目は「DIY」で取り付ける方法、2つ目はリフォーム店などの「専門業者に依頼する」方法です。DIYで行えば自分の好きなように取り付けができ、専門業者に依頼すれば失敗なく取り付けることができるでしょう。このように、今のトイレに手洗いを取り付けたい場合、DIYで行う方法と専門業者へ依頼する方法、それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

目次

  1. そもそもトイレに手洗いを後付けは可能?
  2. トイレの手洗い設置を、業者へ依頼する場合
  3. トイレの手洗い設置を、DIYで行う場合
  4. 確実で安心な選択は業者に依頼すること

1.そもそもトイレに手洗いを後付けは可能?

トイレへの手洗い設置はDIYできる?02

手を洗う場所のないトイレの場合、トイレを使った後には、洗面所などほかの場所で手を洗わなければなりません。そんなときに、トイレに手洗いがついていれば便利だと感じる人は少なくないでしょう。では、そもそもトイレに手洗いを後付けすることはできるのでしょうか?できる場合には、どれほどの費用と日数がかかるのでしょうか?

今あるトイレに、手洗いを後付けすることは可能です。ただし、トイレの状況などによっては後付けの対応が難しい場合がありますので、事前にしっかりと確認することが重要です。後付けができる場合、トイレに手洗いを設置する費用は、手洗い器の種類やトイレの状況などによって異なりますが、一般的には15万円程度で設置することができます。手洗い器のみではなく、トイレの壁や床をリフォームする内装工事、カウンターや収納キャビネットなどの設備の追加をすると、費用も追加でかかります。

次に、手洗いの設置の工事にかかる時間についてです。工事にかかる時間は長くても10日ほどで、手洗い器のみの工事の場合は1-3日程度で終わる場合もあります。もちろん、トイレの状況や依頼する専門業者によっても日数は変わってくるので、事前にしっかりと確認しましょう。

2.トイレの手洗い設置を、業者へ依頼する場合

では、実際にトイレに手洗いを設置するときに「DIY」と「業者へ依頼する」のどちらを選べばいいのでしょうか。ここからは、トイレに手洗いを後付けするにあたり「DIY」と「業者に依頼する」という2つの方法、それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。それぞれに良い面と悪い面があるので、比較してみてどちらの方法で手洗いを設置するかを決めることがおすすめです。まずは「DIY」と比較しながら、トイレの手洗いの設置を「業者に依頼する」場合の、メリットとデメリットについて紹介します。

メリット

トイレへの手洗い設置はDIYできる?03

トイレの手洗い設置を、専門業者に依頼するメリットは2つあります。1つ目は「専門性を持ったプロのアドバイス」がもらえることです。専門業者に依頼することで、実現したいトイレ空間の雰囲気やデザインに対して、プロからアドバイスをもらうことができます。さらに、専門の知識を持っているプロなので、自分が希望しているトイレ手洗いのイメージを伝えることで、自宅のトイレにあった設備や機能を提案してもらうこともできるでしょう。2つ目のメリットは「確かな技術で安心」という点です。専門業者に依頼することなく自分でDIYをする場合は、専門技術がないことがほとんどで、失敗してしまう可能性があります。しかし、専門業者に依頼をすれば、確かな知識や技術があるので安心して任せることができます。トイレの手洗い器を、確実に設置したいという方は、専門業者に依頼したほうがいいと言えるでしょう。

デメリット

専門業者に依頼してトイレの手洗いを設置してもらう場合には、デメリットもあります。専門業者に依頼することによる大きなデメリットとして「業者選びが難しい」という点が挙げられます。トイレに手洗いを設置したいと思って調べてみると、大小さまざまな業者が見つかるでしょう。そして、それぞれの実績や口コミを調べるのは大変な作業で、結局どの業者に頼めばいいのか見極めるのがとても難しいです。業者に依頼する際には、WEBサイトの情報だけでなく、実際にリフォームをした人の意見など、信用できる情報を集めることを心がけましょう。

また「費用がかかる」というのもデメリットのひとつと言えます。先に紹介した通り、一般的には、15万円ほどがかかることがほとんどです。自分の理想のトイレ空間にするために、壁紙や床を変えたり、カウンターを追加したりする場合は、さらに費用がかかります。費用をかけられない場合は、専門業者に依頼することは難しいかもしれません。

3.トイレの手洗い設置を、DIYで行う場合

ここまで、トイレの手洗いを専門業者に依頼する場合のメリットとデメリットを紹介しました。専門業者に依頼すれば、失敗することなく、自分の理想とおりに手洗いを設置できる一方、信頼できる業者を探すのが面倒だったり、費用がかかることがデメリットです。そのようなときは、DIYでコストを抑えながら自分のイメージ通りのトイレに近づけることもできます。ここからは、トイレの手洗いを「DIY」で設置する場合のメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

トイレへの手洗い設置はDIYできる?04

手洗いの設置をDIYで行う場合は、3つのメリットがあります。1つ目は「自分だけのオリジナルのトイレを作ることができる」ことです。DIYで自分で手洗いを設置することで、家の雰囲気にあわせたり、トイレだけ家の雰囲気とは異なるユニークな空間にしたりと、自分の好きなテイストでオリジナルなトイレにすることができます。

2つ目のメリットは、「好きなタイミングでできる」ことです。DIYで手洗いを設置すれば、休日や平日の仕事が終わってから時間など、自分の都合の良いタイミングで行うことができます。専門業者に依頼すると工事の期間は、職人などの工事担当者が家に入るため、どうしても気を遣う場面もありますが、DIYなら気兼ねなく作業をすることができるでしょう。

3つ目のメリットは「コストが抑えられる」ことです。専門業者に依頼する場合と比較して、DIYであれば低コストでトイレに手洗いを設置することができるでしょう。費用を抑えてトイレに手洗いを設置したいという方は、DIYで材料集めや設置の作業を自分で行ってみるのもよいかもしれません。

デメリット

トイレへの手洗い設置はDIYできる?05

DIYでトイレに手洗いを設置する場合は、3つのデメリットがあります。1つ目は「道具が必要」という点です。メリットで比較的費用が抑えられると紹介しましたが、DIYをするには、そのための道具が必要になり、道具がない場合は用意するための費用がかかってしまいます。今後もDIYで家の改善や家具を作ることを想定している場合は、道具を買い揃えるのもいいでしょう。しかし、トイレの手洗い設置のみを検討している場合は、その道具にかかる費用も計算してDIYをするか検討することをおすすめします。

2つ目のデメリットは「技術が必要」ということです。トイレの手洗いを設置するには、給排水管の分岐などの技術が必要となり、DIY初心者には難しい作業となるでしょう。こういった専門的な知識を勉強したり、技術を習得したりするには、時間もかかります。もちろん、知識・技術がないままでDIYをすることもできますが、手洗いを新た設置するDIYは、それなりの知識と技術が必要で、DIYの初心者にはおすすめできません。

3つ目のデメリットは「失敗する可能性がある」ことです。専門性のない個人が行うDIYは、専門業者に依頼することに比べて、失敗する可能性が高いと言えるでしょう。トイレの手洗いを設置する作業を失敗してしまうと水漏れが起き、マンションなどの集合住宅の場合は、下の階まで水が漏れてしまう可能性もないとは言えません。コストを抑えるためにDIYで手洗い器を設置した結果、水漏れの修理費などで、専門業者に依頼するよりも費用がかかってしまった、ということにもなりかねません。

4.確実で安心な選択は業者に依頼すること

トイレへの手洗い設置はDIYできる?06

トイレ手洗いの設置を、業者に依頼するのか?DIYをするのか?、それぞれのメリットとデメリットを照らし合わせて、考えることが大切です。DIYに慣れた人の場合は、費用を抑えて自分のイメージ通りの手洗いを設置できるかもしれませんが、手洗いの設置には、配管の分岐など知識や技術が必要なため、DIYの初心者にはおすすめできないと言えます。DIYに慣れていない場合は無理をせず、専門の知識や技術をもった専門業者にお任せしたほうが良いでしょう。

トイレの商品情報ページはこちら

この記事の関連キーワード