2019.3.29

浴室の種類・壁パネルの種類についてご紹介します

住まいづくり

浴室のリフォームというと、ユニットバスを丸ごと交換することやタイルなどを使った在来のお風呂からユニットバスへの交換を思い浮かべる方が多いと思いますが、床や壁だけといった部分的な交換を選ぶこともできます。ここでは浴室の種類や壁材、パネルの種類など、浴室リフォームを検討するときに合わせて検討したい項目を紹介します。

目次

  1. 浴室はどんな種類があるのか?
  2. 浴室の壁をリフォームする際、どのような選択肢があるの?
  3. 浴室の壁にパネルを貼る4つのメリットとは?
  4. 浴室の壁をパネルでリフォームする際の2つのポイントとは?
  5. ユニットバス全体のリフォームを検討してみては?

1. 浴室はどんな種類があるのか?

浴室の種類・壁パネルの種類について01

おおきく分けると、浴室には在来工法とユニットバスの2つの種類があります。在来工法は、職人が現場(新築やリフォームをする住宅)で一からつくりあげる昔ながらの工法です。一から作り上げるため、工期が長くなりますが、それぞれの住宅にあわせて好きなサイズでつくることができます。また、デザインについても自由度が高いといえます。

一方、ユニットバスは工場で製造し、壁や天井、床などパーツを現場(新築やリフォームをする住宅)で組み立てます。現場で一からつくりあげる在来工法に比べて施工期間が短く、住宅ごとに品質の差がでることがほとんどありません。一方、工場で製造するため、ある程度は基準のサイズが決まっており、住宅にあわせてぴったりにおさめるということが難しい場合があります。

2. 浴室の壁をリフォームする際、どのような選択肢があるの?

お風呂は毎日利用する場所なので、長い間使用していると浴室の壁のカビやひび割れ、タイルの剥がれなどが起こることがあります。劣化が気になり始めたら、浴槽の壁のリフォームを検討する人も多いのではないでしょうか。ここでは、浴室の壁のリフォームについてどのような選択肢があるのかいくつか紹介します。

パネル

浴室の種類・壁パネルの種類について02

浴室の壁にパネルを貼る方法はお手入れが簡単になり、吸盤が付いた浴室アイテムなども使えるので便利です。またパネルは豊富な種類があるので、好きなパネルを選んで自分好みの空間に仕上げることができます。しかしながら、パネルを貼る作業を失敗してしまうと隙間に水が入ってしまいパネルが浮いてきたり、剥がれたりする可能性があります。さらに、表面からは確認できないトラブルの可能性も。例えばパネルの下からカビが生えてきたり、タイル壁の凹凸が激しければパネルが浮いたりすることもあるので、自分で取り付ける際は十分に気をつけなければいけません。

シート

次に紹介するのは、浴室の壁にシートを貼る方法です。タイルの壁やユニットバスの壁に貼ることができる水まわり専用のシートを使用します。工期に時間がかからず、浴槽に大敵な抗菌や防カビの効果も期待できるでしょう。パネルと同様にデザインが豊富に取り揃えられており、材料も安く手に入るため費用を抑えることができます。しかしながら、この方法では表面上だけしか改善されていないため、日々使用するうちにシートが破けたり、変色したりする可能性があります。特にひび割れが目立つタイルの壁は、シートを貼る前にタイルの補修が第一優先になります。タイルの破損の状況次第では、シートが貼れない場合があるかもしれません。

塗装

最後に紹介するのは、好きな色の塗料を調合して浴室の壁を塗装する方法です。自分好みの色の壁へと仕上げられるうえに、施工する際に大きな音が出ないので近所迷惑にならず、比較的安価にリフォームをすることができます。しかし、塗装した壁は傷つきやすいだけでなく、シートと同様に塗装が剥がれやすかったり、変色したりする可能性があります。また、普通のペンキではなく防カビや抗菌効果のある浴室専用塗料を選ぶようにしましょう。

3. 浴室の壁にパネルを貼る4つのメリットとは?

年数が経つにつれてカビや変色などがあらわれ、劣化した浴室の壁。そこにパネルを貼る方法は、浴室全体を大幅にリフォームしなくても簡単に居心地の良い浴室に仕上げることができます。では、浴室にパネルを貼るメリットとは一体どういったことなのでしょうか。ここでは浴室にパネルを貼るメリットについて解説します。

掃除を楽に行える

浴室の種類・壁パネルの種類について03

浴槽は湿気が多いためカビが発生しやすく、毎日掃除をしていてもいつの間にかカビが発生してしまう場合があります。しかし、パネルには防カビや防水加工が施されているものが多く、汚れにくいことが最大の特徴だと言えます。汚れがついたときも軽く拭き取るだけで汚れを落とすことができるため、毎日の掃除も簡単に行うことができます。

壁面の傷やひび割れをカバーできる

浴室の壁のお悩みで多いのが、浴室の壁が劣化して傷やひび割れが発生しているケースです。一見問題なさそうな小さな傷やひび割れでも、そのまま放置しておくと水が浸入して内部でカビが繁殖するなど、さらに悪化する事態も考えられます。そのため、壁面に傷やひび割れができてしまった場合は、これ以上悪化しないように早めの補修が大切だと言えます。パネルは浴室の壁面にそのまま上から貼り付けられるため、手軽に傷やひび割れをカバーすることができます。見た目にも美しく、毎日快適なバスタイムを過ごせるでしょう。

自分好みのデザインを選ぶことができる

浴室の種類・壁パネルの種類について04

パネルはメーカーによって種類や色、デザインまでバリエーション豊かに展開されており、ベーシックなものから個性的な浴室まで自分好みのパネルを選ぶことができます。パネルの素材が充実していると何を選んでいいか悩むという人も多いですが、滑りにくく耐久性があり、さらに手入れをしやすい素材を選ぶことで日々の掃除も楽になるでしょう。

パネル工法で在来浴室も対応可能

在来工法の浴室の壁をリフォームする場合、壁の取り壊しをする必要があるなど工事が大掛かりになるケースもあります。しかし市販のパネルを利用してリフォームをするパネル工法であれば、貼りたい箇所の大きさに合わせてパネルをカットして、浴室の壁に貼り付けることができます。壁の取り壊しなどに比べて大幅に工数が削減されるため、手軽にリフォームすることができます。ただし、浴室や壁の状況によってはパネルを取り付けできなかったり、壁の補修が必要になったりするため、事前にリフォーム会社など専門業者へ確認することがおすすめです。

4. 浴室の壁をパネルでリフォームする際の2つのポイントとは?

パネルは比較的扱いやすい素材だといわれていますが、これから初めて浴室の壁をリフォームするのなら失敗しないように注意する必要があります。そこで、パネルで浴室をリフォームする際に気をつける必要のある2つのポイントについて紹介します。

DIYではなく専門の業者に依頼する

浴室の種類・壁パネルの種類について05

浴室の壁にパネルを貼る方法として、素材選びから施工まですべて自分で行うDIYがあります。DIYに慣れている人は費用を抑えるために自分で施工しようと考えることが多いですが、DIYの初心者が浴室の壁リフォームを行うと専門的な知識がないためパネルをうまく貼れないことも多く、たとえ貼れたとしても浴室の壁の劣化をさらに悪化させる事態を招くなど失敗につながる可能性があります。浴室の壁のリフォームは専門の業者に依頼することをおすすめします。リフォーム会社などの専門業者は、現状の浴室や壁の状況を確認してから壁のリフォームを行うので、失敗する心配もなく安心して浴室をリフォームすることができます。

浴室空間に合うパネルを選ぶ

浴室の壁のパネルは、パネル単体のデザインや色だけでなく浴室全体のイメージも考えてパネル選びをしなければいけません。浴室の空間に合わないパネルのデザインを選んでしまうと、浴室の統一感がなくなり違和感を覚える空間に仕上がってしまう可能性があります。また浴室は毎日使用する場所であるので、防カビなど快適な空間を維持するための機能も大切だと言えます。

5. ユニットバス全体のリフォームを検討してみては?

浴室の種類・壁パネルの種類について06

浴室の壁パネルリフォームのDIYは、パネル費用は抑えられるもののすべてを自分で行わなければならず、思わぬ失敗をしてしまうリスクもあるため、避けたほうがよいでしょう。私たちにとって、浴室は日中の疲れを癒し日頃のストレスも軽減してくれるリラックスできる重要な空間です。もし浴室の壁のひび割れやカビなどの劣化でリフォームを考えているのであれば、壁だけでなく浴室全体のリフォームも検討してみてはいかがでしょうか。専門の業者に依頼すれば、浴室が理想の空間に生まれ変わることでしょう。

バスルームの商品情報ページはこちら

この記事の関連キーワード