水栓金具のお手入れ・お掃除方法

水栓金具に関する、定期的なお手入れ・お掃除方法を詳しくご紹介。

月1回水栓金具の水滴のあとをきれいにするには?

用意するもの

  • スポンジ

  • 乾いた
    やわらかい布

  • 台所用中性洗剤

  • 練り歯磨き

  • シリコーン系
    カーワックス

お手入れ方法

金属部分

1スポンジに練り歯磨きを付けて、こすります。

練り歯磨きは、粒子が細かいので、金属をあまりキズ付けずに汚れを取ることができます。

市販の洗剤の中には、一部適さないものがありますのでご注意ください。

新しいものに練り歯磨きを使用すると、研磨材が入っているためツヤがなくなることがあります。

2水ぶきをしてから、からぶきをします。
3シリコーン系カーワックスなどをしみ込ませた布で磨いておくと、サビの防止になります。

プラスチック部分

1スポンジに100倍程度に薄めた台所用中性洗剤を付けて、やさしくこすります。
2水で洗剤を洗い流します。
3からぶきをして仕上げます。

半年に1回吐水口やシャワーからの湯水の出が悪くなったら?

用意するもの

  • ゴム手袋

  • 歯ブラシ

  • マイナスドライバー

  • バケツ

お手入れ方法

整流口や泡沫ユニット、散水板のゴミ詰まりがないかを確かめて、整流網・散水板・ストレーナーの掃除をします。

吐水口の整流網

1手でキャップを回して、整流口を取り外し、整流網や泡沫ユニット・散水板を歯ブラシなどを使って水で掃除します。

整流口や泡沫ユニット・散水板のゴミ詰まりは、機能を低下させます。定期的に掃除してください。

2逆の手順で元のとおりに取り付けます。

シャワーヘッドの根元のストレーナー

1手でシャワーヘッドを回して、ストレーナーを取り外し、歯ブラシなどを使って水で掃除します。シャワーヘッドが外れない場合は、ゴム手袋などを使って外します。

「スイッチシャワー」は外せません。

ストレーナーがないタイプもありますので、取扱説明書でご確認ください。

2逆の手順で元のとおりに取り付けます。

シャワーヘッドのシャワー穴

1シャワーの穴を針などで刺して、目詰まりを取ります。

散水板の取外しが可能なタイプは、散水板を取り外した上で目詰まりを取ることをおすすめします。

脚部のストレーナー

1マイナスドライバーで湯側(左)と水側(右)の流量調節栓を右方向いっぱいに回し、栓を閉めます。水が出ないことを確認してください。
2シャワー・バス切替ハンドルを吐水口側(下)に回します。
3マイナスドライバーでストレーナーを取り外し、バケツなどに水をためてストレーナーの汚れを歯ブラシで掃除します。

製品によりストレーナーの位置が異なります。ないタイプもありますので、取扱説明書でご確認ください。

ストレーナーは、湯側と水側の両方に付いています。

4逆の手順でストレーナーを取り付け、流量調節栓を元の位置に戻します。水漏れがないことを確認してください。