大雪・凍結への備え

大雪は生活機能を混乱させる

雪が降る回数や量は減りつつあるものの、一度降れば大雪になる可能性があると気象庁は予測しています。雪が激しく降ると、公共交通機関が止まり、高速道路が閉鎖され、一般道も通れなくなる可能性があります。大雪が予想されたら早めに帰宅し、外出は控えます。

当社製品に関連するもので、大雪や凍結時の注意すべき点を幾つかご紹介します。

カーポートの補助柱の備え

カーポートの補助柱の備え

片流れタイプのカーポートの場合は、補助柱(サポート柱)をつけることで、耐雪・耐風強度を向上させることができます。補助柱はオプション品です。後から補助柱を取り付けたい場合は、お近くの当社製品の取り扱い店にご相談ください。

カーポートの補助柱の備え

カーポート・テラス屋根の雪下ろし

カーポート・テラス屋根の雪下ろし

カーポートやテラス屋根は各商品毎に耐積雪荷重が設定されています。設定されている積雪に達する前に、早めの雪下ろしを行ってください。除雪や雪下ろしは、非常に危険ですので、家族や近所の方など複数人で作業をし、また注意して作業を行ってください。

早めの雪下ろし

電動シャッターの注意点

電動シャッターの注意点

停電になると電動シャッターが閉まらなくなることがありますので、災害前には閉めておきましょう。
尚、停電時開閉機構があるシャッターもありますので、取扱説明書をご確認ください。

電動シャッターの注意点

トイレの凍結対策

トイレの凍結対策

シャワートイレの配管内の水が凍って破損する場合があります。主な対処方法は以下の通りですが、詳しくは 取扱説明書に記載されている凍結破損防止を行なってください。

  • 室内を0℃以下にならないよう暖房します。
  • ヒーター付便器の場合はヒーターの電源プラグをコンセントに差し込みます。また、節電機能は解除します。
  • 水抜栓がある場合はシャワートイレ・ロータンク・配管の水抜きをします。
トイレの凍結対策

水栓金具の凍結防止

水栓金具の凍結防止
  • 暖房などにより室温が0℃以下にならないようにします。(屋外設置の場合、保温材を巻くことも効果があります。)
  • 水栓から水を少量(毎分200ml:1分間に牛乳ビン1本程度)流しっ放しにします。
  • 配管・水栓金具内の水を抜きます。水抜き方法は機種により異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。
水栓金具の凍結防止

給湯器の凍結対策

給湯器の凍結対策

ヒーターで給湯器内部の配管をあたためて凍結を防止しますので、給湯器の電源は抜かない様にします。(給湯器内のヒーターですので、水道配管部分の凍結防止にはなりません)

給湯器の凍結対策

ワンポイント:製品の凍結について

門扉の錠や跳ね上げ門扉は、凍結により開閉が出来なくなる場合があります。無理に動かさず市販の霜取り剤を使用してください。また電動商品については、製品により使用温度範囲が設定されているものがあります。詳しくはお手元の取扱説明書をご確認ください。