防災グッズの準備

非常用持ち出し袋

避難した際、当面必要となる最小限の品を納めた袋が非常用持ち出し袋です。非常用持ち出し袋の中身は、それぞれ自分にとって必要な物を考え、準備することが重要です。それらをリュックなどに入れ、玄関の近くや寝室、車の中、物置などに配置しておけば、家が倒壊しても持ち出すことができます。
防災グッズ・非常食を準備しておきましょう

非常持ち出し袋のリスト

  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • ヘルメット
  • 防災頭巾
  • 軍手
  • 毛布
  • 電池
  • ライター
  • ロウソク
  • 食品
  • インスタントラーメン
  • 缶切
  • ナイフ
  • 衣類
  • 哺乳瓶
  • 現金
  • 救急箱
  • 貯金通帳
  • 印鑑

※上記以外の持ち出し袋については 東京防災「今やろう防災アクション_備蓄 (PDF 1.1MB)」 で紹介されているので、こちらもご参照ください。

自宅での備蓄

ひとたび大規模な地震が起これば、ライフライン被害や物資供給の停滞が想定されます。日頃から、発災後も自宅にとどまって当面生活することが想定されます。自宅で生活する上で必要な物を備えておくことも重要です。以下のリストも併せてご参照ください。

ワンポイント:避難時に必要なものって?

  • 高齢者や乳幼児がいる家庭では、おむつや常備薬など、生活する上で必要不可欠な物は日頃から多めに備えましょう。病気の方、療養食が必要な方、アレルギー体質の方についても同様です。
  • 家族の人数によっても内容が異なりますので、避難時に必要なものを意識して準備しましょう。