エクステリア | 部品などが破損してしまった

解決方法

■ 柱が破損・曲がっている場合

柱の交換修理につきましては、工事が必要となりますので 施工業者へご相談下さい。

■ 扉本体の桟や扉を吊る部品が破損している場合

商品限定、破損状況の確認が必要となります。修理のご依頼は最寄の施工業者、あるいはお客さま相談センターへご連絡下さい。

尚、販売終了商品の場合、部品がご用意できず修理できない可能性もございます。予め 御承知おき下さい。

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。