玄関ドア | シリンダー(鍵穴)ががたつく・空回りする

考えられる原因

鍵ケースとシリンダーが密着していない

解決方法

●メイン錠の締め付け

  1. 室内側上部にあるサムターンのねじA2本を、プラスドライバーで締め付けてください。

●サブ錠の締め付け

  1. 室内側下部にあるサムターンのボタンを押して、サムターンキーを取り外してください。
  2. サムターン座の切欠きに、マイナスドライバーの 先を引っ掛けて、サムターン座を外してください。
  3. ねじB2本を、プラスドライバーで締め付けてください。
  4. お出かけサムターンの上から、サムターン座を被せてください。
    このとき、サムターン座の下端にあるツメをサムターン座切欠きにあわせて、セキュリティサムターンユニットにはめ込んでください。

※錠、またはサムターンの形状が図と異なることがありますが、取付け方法は変わりません。
解決方法

調整のポイント

錠に鍵を差込み、施錠・解錠ができることを確認してください。ねじAまたは、ねじBを強く締めすぎると、施錠・解錠が固くなることがあります。その場合は、ねじの締め付けを調整しながら確認してください。

【CAZASの場合】

上シリンダー、電動サムターンの取付け
  1. ドアから8cm以上ハーネスを引き出してください。
  2. 上側シリンダーをリクシルマークを上にして上錠ケースの丸穴に合わせて差し込み、保持します。
  3. ドアから引き出した「室内側」とタグのついたハーネスをあらかじめ電動サムターン取付板のパッキンスリット穴に通しておきます。
  4. 電動サムターン取付板の中心の穴を上錠ケースの中心に合わせて差し込み、保持します。
    ※この時シリンダーと電動サムターン取付板がしっかりと奥まで挿入され、斜めになっていないことを確認してください。
解決方法
  1. 扉エッジ面にあるプッシュボタンを外し、固定用ねじを時計方向に止まるまで回して固定します。(約8回転)固定したらプッシュボタンを元に戻します。
    ※このねじを回すことにより内部で固定ピンが移動し、シリンダーと取付板が固定されます。
  2. 電動サムターンにハーネスのコネクター1本を向きを合わせてしっかりと差し込み、サムターンツマミを縦に向け電動サムターン取付板にはめ込み、バインド小ねじ(2カ所)で取付けます。
    ※この時ゴムパッキンを向きに注意して電動サムターンに取付けておいてください。
  3. バインド小ねじの上にねじカバー(2カ所)を取付けます。

【簡易タッチ、タッチ/ノータッチの場合】

上シリンダー、電動サムターンの取付け
  1. ドアから8cm以上ハーネスを引き出してください。
  2. 上側シリンダーをリクシルマークを上にして上錠ケースの丸穴に合わせて差し込み、保持します。
  3. ドアから引き出した「室内側」とタグのついたハーネスをあらかじめ電動サムターン取付板のパッキンスリット穴に通しておきます。
  4. タッチ付電動サムターン取付板の中心の穴を上錠ケースの中心に合わせて差し込み、保持します。
    ※この時シリンダーとタッチ付電動サムターン取付板がしっかりと奥まで挿入され、斜めになっていないことを確認してください。
解決方法
  1. 扉エッジ面にあるプッシュボタンを外し、固定用ねじを時計方向に止まるまで回して固定します。(約8回転)固定したらプッシュボタンを元に戻します。
    ※このねじを回すことにより内部で固定ピンが移動し、シリンダーと取付板が固定されます。
  2. タッチ付電動サムターンにハーネスのコネクター2本を向きを合わせてしっかりと差し込み、サムターンツマミを縦に向け電動サムターン取付板にはめ込み、バインド小ねじ(2カ所)で取付けます。
    ※この時ゴムパッキンを向きに注意してあらかじめ電動サムターンに取付けておいてください。
  3. バインド小ねじの上にねじカバー(2カ所)を取付けます。

【CAZAS、簡易タッチ、タッチ/ノータッチ共通】

下シリンダー、セキュリティ電動サムターンの取付け
  1. 皿小ねじで下錠ケースを取付けます。
  2. ドアから8cm以上ハーネスを引き出してください。
  3. ドアから引き出した「室内側」とタグのついたハーネスをあらかじめ電動サムターン取付板のパッキンスリット穴に通しておきます。
  4. 下シリンダーを、下錠ケースの丸穴に合わせて保持します。
  5. 電動サムターン取付板の中心の穴を下錠ケースの中心に合わせ、皿小ねじで下シリンダーに取付けます。
解決方法
  1. セキュリティ電動サムターンにハーネスのコネクターを差込み、サムターンつまみを縦に向け電動サムターン取付板にはめ込み、バインド小ねじ(2カ所)で取付けます。
    ※この時ゴムパッキンを向きに注意して電動サムターンに取付けておいてください。
  2. バインド小ねじの上にねじカバー(2カ所)を取付けます。
■電動サムターンのポイント(クラッチ外れ現象について)
電動サムターンを使用していると、手動でサムターンを回したときに「カチ、カチ」という音と共に引っ掛かり、操作が重くなることがあります。これは動作中に負荷が発生し、保護用のクラッチが働き外れた為でサムターンの故障ではありません。負荷の原因を取除き再度サムターンを電動で動作させると元に戻ります。
解決方法
上部シリンダー、サムターンの取付け
  1. リクシルマーク付きシリンダーのリクシルマークを上に向けます。
  2. リクシルマーク付きシリンダーの出っ張り(4カ所)を、ダブル鎌デッド箱錠(上部箱錠)の角穴に合わせて差込みます。
  3. サムターンをトラス小ねじでリクシルマーク付きシリンダーに取付けます。
    ※防火戸シリーズの場合、上下共にセキュリティサムターンを取付けてください。
解決方法
下部シリンダー、サムターンの取付け
  1. 封印シール付きシリンダーの上面シールを上に向けます。
    ※上面シールがない場合は、シリンダーカバーの切欠きを下に向けてください。
  2. 封印シール付きシリンダーの出っ張り(4カ所)を鎌箱錠(下部箱錠)の角穴に合わせて差込みます。
  3. セキュリティサムターンのボタンを下に向け、トラス小ねじで封印シール付きシリンダーに取付けます。
  4. サムターン座の切欠きを、セキュリティサムターンのボタンの向きに合わせてはめ込みます。
  5. ボタンを上に押上げながら、サムターンキーを差込みます。(ボタンが戻るとサムターンキーは抜けなくなります。)
    ※電動サムターンの取付け方法は、エントリーセットに同梱の取付け説明書をご参照ください。
●サムターンは2個とも同じ部品で取付け方法も同じ
※ねじの締付けトルク(推奨):1.2N・m{12kgf・cm}

  1. コネクタを引出してからシリンダーと金具を皿小ねじで固定します。
解決方法
  1. コネクタを接続します。
解決方法
  1. サムターン本体を金具にはめ込みます。(解錠状態で取付けること)
解決方法
サムターンの軸をラベルの向きに合わせてください。間違えるとサムターンが回りません。合わせた後はジョイントリングを動かさないでください。軸の向きが連動して変わります。
解決方法
  1. サムターン本体をねじで固定します。
解決方法

【高防犯箱錠の場合】

高防犯箱錠は、ドア下部の切欠き部に取り付けます。 解決方法
  1. 高防犯箱錠を皿小ねじ(アルミドアのとき皿タッピンねじ)で取付けます。
  2. 高防犯シリンダーの上面シールを上に向けます。
  3. 高防犯シリンダーの出っ張り(2カ所)を高防犯箱錠の角穴に合わせて差込み、固定ピン(2本)で固定します。
  4. セキュリティサムターンを高防犯箱錠の角穴に合わせて差込み、固定ピン(2本)で固定します。
  5. サムターン座の切欠きを、セキュリティサムターンのボタンの向きに合わせてはめ込みます。
  6. ボタンを上に押しながら、サムターンキーを差込みます。(ボタンが戻るとサムターンキーは抜けなくなります。)
  7. 高防犯箱錠に皿小ねじでフロントを取付けます。
    ※ 固定ピンは頭がケース上面と同じになるまで差込んでください。
    ※ 固定ピンをスムーズに挿入できない場合は、ハンマー等で軽くたたき込んでください。その際、サッシ等を傷つけないように注意してください。

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。