玄関ドア | 複層ガラスのガラスとガラスの間に水滴がついて取れない

考えられる原因

複層ガラスの内部結露現象

解決方法

これは、複層ガラスの内部結露と言われる現象です。
複層ガラス(ペアガラス)は、2枚のガラスを中間に空気層を設けて張り合わせ周囲を封着剤(シール剤)で完全に密封した製品です。
発生原因を特定することは難しいのですが、発生のメカニズムは次の通りです。
空気層の中身は、乾燥空気もしくは、アルゴンガスが注入されています。通常の使用環境では空気層の中に水滴はつきません。水滴がつくのは、シールの劣化などで湿った空気の進入を許し、空気層の中が湿度の高い状態(飽和状態)になり、水滴として現れたものです。

内部結露は、ガラス交換でしか対応できません。そのままですと、断熱性能は低下します。
当社製品の場合、この内部結露に関しては 製造日から10年間の保証をしています (天窓に組込まれた複層ガラスなど、垂直に組込まれない複層ガラスについては 製造日から 6年間)。
まずは、工務店様にご連絡をお願いいたします。(免責条件あり)

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。