キッチン | エラー表示が出て動かない

ここに掲載しているのは代表的な表示です。これ以外にも機種ごとのエラー表示もありますので、取扱説明書と合わせてご覧ください。

下記のエラー表示がでて動かなくなった場合は、それぞれの解決方法をご参照ください。

エラー表示 考えられる原因と解決方法

空焼き検知サインです。なべなどを空焼きしたり、予熱しすぎていたり、予熱機能を連続して使用していませんか。

手動で予熱をするときには 火力を少し落として行ってください。また、予熱機能を連続して使用しないでください。本体が冷えてから御使用願います。


本体内部温度上昇のサインです。内部の温度が異常に高くなっています。排気口がタオルなどでふさがれていませんか。

ふさいでいるものを取り除き、本体が冷えてから使ってください。

揚げ物ボタンを使用したときにはたらきます。なべ底に そりや変形があったり、専用のなべ以外の調理器具を御使用になっているか、トッププレートが熱いときに揚げ物調理をはじめたりする、など 油温度上昇が遅いときに表示されます。

揚げ物は、そりや変形のない専用天ぷらなべを使ってください。
また、トッププレートが冷めてから揚げ物調理をはじめてください。

揚げ物ボタンを使用したときにはたらきます。油の量が 200g未満で調理している、高温の油を加熱している、揚げ物ボタンを使用して炒め物や空焼きをしている、なべの中に調理かすがたまっている、など 油温度上昇が早いときに表示されます。

油の量は 200g以上とし、温度は常温から使用する、揚げ物ボタンを使用して揚げ物以外の調理をしない、調理かすはこまめに取り除いて調理をする、など 温度上昇が早いと感知する原因を排除してください。





本体内部に異常が起きた、または安全装置がはたらいた可能性があります。

本体の電源と専用ブレーカーを切り、本体が冷えてから専用ブレーカーと電源を入れ直してみてください。記号が表示されない場合は正常です。そのままお使いください。それでも再び記号が表示されるときは使用を中止し、必ず専用ブレーカーを切って、お買上げの販売店にご連絡ください。

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。